HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

KDDI、夏モデルを発表

KDDIは夏モデルとして8機種を発表しました。
先に発表されたiidaブランドと法人向けの製品を含めて計13機種を夏モデルとするそうです。

ここではとりあえず速報的に特徴を押さえていくだけにとどめようと思います。
商品画像やスペック詳細はauのサイトやニュースサイトをご参照ください(手抜きだなぁ)


「biblio」は東芝製のWIN端末。
電子書籍コンテンツを楽しむというコンセプトの機種で、スマートフォンライクなスタイルであるもののプラットフォームはKCP+を採用。

「Sportio water beat」はシャープ製のWIN端末。
シャープ製のau端末では初の防水ケータイ。(結構意外)
テンキーを廃しタッチパネルのみとした操作スタイルだが、側面にはスティック状の方向キー「サイドカーソルキー」を搭載。

「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」は日立製のWIN端末。
1280×720ドット、最高30fpsのハイビジョン動画を撮影できる。
本体側面には小型のHDMI端子(HDMI Mini)が搭載されており、ハイビジョン機器やパソコンなどと接続が可能。

「SOLAR PHONE SH002」はシャープ製のWIN端末。
以前発表されていた防水+ソーラー充電ケータイ。
スペックとしてはソフトバンクの製品と同等か?

「T002」は東芝製のWIN端末。スリムなボディにGSM機能や防水性能を実現。
テンキー部分は凹凸のある模様が加工された梨地仕上げが特徴で、「プレミアムコーティング」のボディパネルやカラーバリエーションで女性向けのデザインを採用。I

「G'zOne CA002」はカシオ製のWIN端末。「G'zOne W62CA」をベースに改良。
電子コンパスを利用した総合センサーアプリ「G'z GEAR」は新たに現在地や任意の地点を登録可能になっており、対象までの方角や距離が分かる「CUSTOMIZED COMPASS」や、国内で訪れた場所を緯度経度、日時、温度で記録できる「TRIP MEMORY」が新たに追加されている。

「K002」は京セラ製のWIN端末。最薄部10.9mmとスリムなボディを実現。
液晶側ボディの背面にはステンレス素材のパネルが採用され、シンプルで上品なデザインに仕上げられる。

「簡単ケータイ K003」は京セラ製のWIN端末。
使いやすさや簡単な操作に注力した「簡単ケータイ」シリーズの最新モデル。


ざっと見た感じでは「小粒だけどピリリと辛くない」ラインナップだなぁと。
ピリリの部分はiida任せとも取れます。
パナソニックが夏モデルでの製品投入を見合わせているのも他社ラインナップより見劣りして見える原因でしょうか。
ソニー・エリクソンもiida G9しか出しませんし。
それに対して東芝がドコモ・au・ソフトバンクすべてに端末を投入してきたのが注目点でしょうか。


うーん、欲しい端末ないなぁ。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1545-97b2ae93

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。