HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

NTTドコモ、夏モデルを発表

NTTドコモは夏モデルとして18機種を発表しました。

ここではとりあえず速報的に特徴を押さえていくだけにとどめようと思います。
商品画像やスペック詳細はドコモのサイトやニュースサイトをご参照ください(手抜きだなぁ)


PRIMEシリーズ
「F-09A」はF906i以来となるヨコモーションに対応。有効810万画素のCMOSカメラを搭載。
「N-06A」はソフトバンクの931Nとほぼ同様のスペック。N-01Aの後継機。
Wi-Fiアクセスポイントになる機能がついているのが違いでしょうか。
「N-07A」は佐藤可士和氏がデザイン監修、スポーツに特化。
「P-07A」はWオープン+大型サブディスプレイ。ソフトバンクの931Pと同等?
「SH-06A」はAQUOS SHOTということで、ソフトバンクの933SHとほぼ同様のスペック。
「L-06A」は音声端末としては初のHSUPA対応。Googleのサービスにワンタッチでアクセスできる「Googleボタン」を搭載。


STYLEシリーズ
「F-08A」は折り畳み防水ケータイ。新たにIPX8にも準拠。
「N-08A」はN-02Aの後継。外観をカスタマイズできるサービスが提供される。
「P-08A」はP-02Aに引き続きスピードセレクター搭載のスライド式。いよいよ外観が三菱っぽく。
「P-10A」はWオープン+防水。
「SH-05A」は防水折り畳み。800万画素CCDカメラ搭載。太陽電池はなし。
「L-04A」はスライド型タッチパネルケータイ。タッチパネルは感圧式。


SMARTシリーズ
「N-09A」は810万画素のCMOSカメラ搭載の薄型。機能的にはN-08Aと同等。パネルの質感にこだわり。
「P-09A」はBluetoothやGPSなどを搭載する薄型。人間の耳では聞き取れない部分としてカットされた音声を補完し、自然な音声として聞こえるようにする「ナチュラルトーク」機能、また相手の声を聞こえやすくする「しっかりトーク」「ゆったりトーク」も搭載。


PROシリーズ
「SH-07A」はなぜPROシリーズ?PRIMEシリーズじゃないの?サイクロイド、ワンセグWチューナー、1000万画素カメラ、Blu-rayレコーダーとの連携機能。
「T-01A」は東芝TG01のドコモ仕様。WM6.1、CPUはSnapdragon1GHz、4.1インチワイドVGA液晶タッチパネル。
「HT-03A」はHTC Magicのドコモ仕様。国内初のAndroid端末。やはりiモード対応の噂はiモード.net対応というオチか?


コンセプトモデル
「SH-06A NERV」はヱヴァンゲリヲン新劇場版:破とのコラボレーションモデル。
劇中本当に登場するらしい。全国3万台限定販売、2万台を店頭予約、1万台を一般販売。


Android端末の投入をはじめPROシリーズのラインナップのほとんどの情報を事前に知っていたせいか、思っていたほどの目新しさを感じませんでした。
元三菱ユーザーということでやはりP-08Aに興味が引かれますが、SH-06A NERVを本気で買ってしまいそうな俺ガイルorz
いや、ここ最近国産ケータイ買ってないし、そろそろ最新の機種が欲しいなと思ってたんですよ(という言い訳)
でもAndroidも興味あるし……パケット次第か。
少し考える余裕がありそうなんで、よく検討してみようと思います。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1535-07991b3f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。