HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ドコモ、料金改定とソフトバンク追従

NTTドコモは料金サービスの見直しを行うことを発表しました。
内容は以下のとおり。

 ・「パケ・ホーダイ ダブル」「Biz・ホーダイ ダブル」の定額料金の下限を490円に値下げ
 ・「ファミリー割引」「オフィス割引」グループ内のiモードメール無料の対象を拡大
 ・「定額データプラン スタンダード」を提供

パケ・ホーダイ ダブルとBiz・ホーダイ ダブルの定額料金の下限はこれまで1029円でしたが、5月1日以降は490円に値下げされるそうです。
上限は変わらず、パケ・ホーダイ ダブルは4410円(フルブラウザ利用時は5985円)、Biz・ホーダイ ダブルは5985円。

個人的には最近あまりiモードを使っていないので、下限の値下げは嬉しいところです。

データ通信の新しいプランとして、月額2000円~9765円の「定額データプラン スタンダードバリュー」と、月額2735円~1万500円の「定額データプランスタンダード」を提供するとのこと。
2年間ドコモとの契約を約束することで、月額料金を割り引く「定額データプランスタンダード割」も提供するそうです。
この割引プランにより、月額1000円からデータ通信を利用できるようになります。
新しいプランの新規受付は、7月1日から開始するそうです。

ただ現行の定額データプラン HIGH-SPEEDを6月いっぱいで受付停止するそうで、定額データプラン スタンダードは前者よりも1パケットあたりの料金が値上がりするようです。
こういうのを見ると、実質的な値上げになる人もいるんじゃないかなぁと思いますし、料金見直し=値下げではないのだなと実感します。


で、ソフトバンクが久しぶりに対抗手段を講じるようです。
月額490円から利用できるパケット定額サービス「パケットし放題2(仮称)」を、2009年7月をめどに提供すると発表しました。

定額料の下限は、パケットし放題の1029円に対し、パケットし放題2(仮称)は490円となるとのこと。
上限の4410円(PCサイトブラウザ利用時は5985円)は変わらないそうです。
ソフトバンク同士のメール(SMSとS!メール)は、「ホワイトプラン」や「Wホワイト」を契約していれば無料となりますが、パケットし放題2(仮称)を契約すると送受信料が発生するとのこと。
「Webブラウザはほとんど利用しないが、メールは頻繁に利用する」というユーザーは、下限の490円を超える可能性が高い模様。
なんかわかりにくいな。

あわせて、「ホワイト家族24」や「ホワイト法人24」に加入している同一グループ内のメールは、最大1Mバイトの「大容量ファイル添付機能」を含めて無料となるそうです。


ソフトバンクの方はまだ7月スタートということで若干の微調整はあるかもしれませんが、上限額を下げるとかパケット単価を下げるって話でないと値下げとは言いにくいですね。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1522-80c32820

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。