HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>その他ケータイニュース

N700系車内の公衆無線LANサービス、3月14日開始

JR東海が3月14日のダイヤ改正から、東海道新幹線の東京-大阪間を走るN700系の車内で、無線LANによるインターネット接続サービスを開始すると発表しました。
また、すでにサービスを提供中の東京、品川、新横浜、名古屋、京都、新大阪の6駅に加えて、小田原、熱海、三島、新富士、静岡、掛川、浜松、豊橋、三河安城、岐阜羽島、米原の待合室も、3月中に公衆無線LANサービスを利用可能にするとのこと。
公衆無線LANサービスは、NTTコミュニケーションズの「ホットスポット」、NTTドコモの「Mzone」「mopera U(U『公衆無線LAN』コース)」、ソフトバンクテレコムの「BBモバイルポイント」、UQコミュニケーションズの「UQ Wi-Fi」に対応。
いずれかのサービスの利用契約をすれば、N700系車内でPCやスマートフォン、ポータブルゲーム機から無線LAN接続が利用できるようになります。

なお通信速度は新幹線1編成あたり最大約2Mbps程度となるそうです。
JR東海では「動画の視聴は難しいが、メールやインターネット等のビジネスユースには十分対応できる」としています。

輸送スピードではどうしても飛行機の方に分があるわけで、今回のサービス開始は時間があることを逆手に取ったサービス向上だと思います。
欲を言えば無料のスポットが設置されるとなお良いわけですが、そこまで望むのは贅沢なのかも知れません。
ただ1編成あたり2Mとのことなので、利用者が多い場合実際の速度が落ちてしまうのではないかという懸念はあるのですが。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1463-8dff6de2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。