HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ソフトバンク、ヤフオクへの出品禁止期間を延長

うーん、また改悪かいや!

ソフトバンクモバイルは、盗難や本人確認書類の偽造、虚偽の内容を記入した申込書などにより不正に取得された携帯電話機の利用制限について、対応策の強化を行い改めて周知を行ったとのこと。
Yahoo!オークションを運営するヤフーでは、ディズニー・モバイルを含むソフトバンクモバイル端末の出品禁止期間を、新品、中古品を問わず新機種発売の6カ月間から12カ月間に延長したそうです。
(オークションストアにおいては6カ月間)

ソフトバンクモバイルでは不正取得された端末の利用を確認した場合、通信サービスを停止する措置をとっており、通話やパケット通信が遮断されるそうです。
利用停止の対象には分割支払金が支払われていない電話機も含まれるとのこと。


不正取得対策ってのはわかるんだけどさ、結局ソフトバンクの本人確認がザルってのが問題なんでしょ。
ユーザーに不便を強いて、潜在的に存在している中古マーケットの発展を阻害するのはいかがなものか。

いっそのこと、ソフトバンクショップに持ち込んで正規端末であることを登録した端末のみヤフオクで売れるようにするとか(ヤフオクに登録番号の入力を必須にするとかさ)、端末の出品はIMEI(製造番号)登録を必須にして、そのデータをヤフーとSBMで共有して不正取得端末は弾くとか、それくらいしたらどうよ。
IMEI登録にしたら端末の発売日から一年なんていう曖昧な指標じゃなくて、端末の販売日と紐付けできるでしょうに。

規制はかけるにしても、もう少し頭使ったやり方をしてほしいもんです。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1460-b765e070

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。