HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

SBM、EM網を使うMVNOで「データ定額ボーナスパック」開始

ソフトバンクモバイルは、下り最大7.2MbpsのPC向けデータ通信が2段階定額料金にて利用できる「データ定額ボーナスパック」を3月6日に開始すると発表しました。
同時に、本サービス専用のUSB型データ端末「C01LC」(Longcheer Technology製)を全国で発売するとのこと。

データ定額ボーナスパックは、イー・モバイルのHSDPA網をMVNOとして利用する“データ定額プラン”(0.042円/パケット)と、ソフトバンクの自社HSDPA網を使った“データ従量プラン”(0.084円/パケット)をセットにしたもの。
それぞれのプラン用にSIMカードが2枚用意されており、データ通信を定額で利用する場合はデータ定額プラン用SIMを、イー・モバイルがサービスを提供していないエリアや海外で利用する場合にはデータ従量プラン用SIMをC01LCに装着するとのことです。

月額料金は、データ定額プランの700円~4679円と、データ従量プランの300円を合算した1000円~4980円。
データ従量プランを利用した場合は定額料金が適用されず、使った分だけパケット料金が加算されます。

SIMの2枚発行とデュアルバンドのSIMフリー端末でサービスを開始してきたわけですね。
将来的にはデュアルSIM端末でソフト的に切り替えて使えるようにして欲しいなと思うわけなんですけど。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1442-6001dd8c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。