HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>その他ケータイニュース

大手の回線借り抑制 総務省、携帯新規参入促す

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090222-00000045-san-ind

総務省がMVNOの参入資格の見直しを検討するらしいです。

新規参入を促すという理念はわかりますが、大手同士で回線を融通し合うことが悪であるとは思いません。
もちろん、自社インフラの整備増強を疎かにしないという条件での話ですけど。
むしろ日本通信がスターネットにドコモ回線を又貸ししてる事の方がどうなのかなと思わないではないのですが。
最終的にはユーザーの利益に叶うのであれば大手同士だろうが新規参入だろうが関係ないと思うんですけど。
新規参入だからといってユーザーにとって良いとは限らないと思うし。

ニフティのイー・モバイルMVNOはWebサービスとの連携を売りにするなどMVNOならではの特色を打ち出している一方、ディズニー・モバイルはソフトバンクとまったく同じサービスを提供しているだけで、ディズニーならではの特色を打ち出せずソフトバンクのいちラインナップに埋没してしまっているように思います。
日本通信が完全独自のサービスを提供しているという意味ではMVNOの優等生なのかもしれないですね。
市場開放したところで、大手キャリアのコピーブランドが乱立するだけでは意味がないと思うのは私だけでしょうか。

ディズニー・モバイルは長期契約者や毎月一定額以上を使用するユーザーにディズニーランドのワンデーパスを進呈するとか、ディズニー映画の特別試写会をディズニー・モバイルユーザー向けに開催するとか、そういう独自性を発揮して欲しいと思うのですが。
欲を言えば、端末もシャープのソフトバンク向け端末の化粧直しばかりではなく、もう少しバリエーションが広がって欲しいところ。
また今はデータ通信系のMVNOばかりですが、音声通話もフォローするMVNOが他にも出てきて欲しいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1435-16b06241

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。