HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>その他ケータイニュース

【MWC2009】Sony Ericsson、1210万画素カメラ付きタッチ携帯「Idou」を発表

今月に入ってから特別体制を二つ敷いていましたが、片方は今日、残りも今週には完結するので、そろそろ通常体制に戻すことにしましょう。

というわけで現地時間の16日から、スペイン・バルセロナでMobile World Congress 2009が開催されるわけですが、ここ数日はそれにあわせて事前に新製品発表が行われています。
現地時間の15日、Sony Ericssonはタッチパネル液晶画面を搭載した携帯電話の新製品「Idou」(アイドゥ)を開発中であることを発表しました。
Idouは現在のところ正式な商品名ではなく、コンセプトを表す名称なんだそうです。

3.5インチワイドのタッチパネル液晶を搭載。
「XPERIA X1」とは異なってキーパッドは搭載せず、タッチパネルですべての操作を行うタイプの製品となるそうです。
キセノンフラッシュ付き1,210万画素カメラを搭載するほか、無線LAN、GPSなど、同社のハイエンドモデルとして考えられるすべての機能を備えた機種となる見込み。

idou002l.jpg idou004l.jpg

コネクタはSony Ericssonの独自形式、従来のUIQ端末と共通の形状みたいです。
趣はUIQ端末に近い気がするけど。

idou005l.jpg

背面はサイバーショットみたいですね。

OSはSymbian Foundationの新プラットフォームを採用するとのことです。
コンテンツ配信サービス「PlayNow」に対応し、音楽、ムービー、ゲームなどをダウンロードできるほか、Symbian Foundation OSに対応するアプリケーションソフトをインストールして利用することが可能になるとのこと。

これはなかなか楽しみな機種です。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1406-95ac536c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。