HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

学校でのケータイ禁止についてひとこと(序章)

http://www.kbc.co.jp/tv/asadesu/

アサデス。公式サイトの放送予定が更新されていました。

2月16日 (月)

   * 最新ケータイ新機能&裏技&学校携帯の波紋におすぎが喝!

   * おすぎおすすめシネマ

   * 主婦の鷹

最新ケータイ新機能のところで放送されるのかな。

あくまで「予定」なので、諸般の事情で私は登場しない可能性も……(笑)

むしろ「学校携帯の波紋におすぎが喝!」に興味があります。

いい機会なので、この件についてもこのブログで触れようかな。
これまで触れなかったのは別に何か理由があるわけではなく、単に今まで機会を逸していただけなのですが。

ちょっと昔話をしましょう。

私の学生時代はまだ携帯電話は普及していませんでした。
中学の後半から高校の前半にかけてはポケベルが大流行していた頃です。
私はベル打ちがもの凄く苦手で、友人や後輩に公衆電話からメッセージを送るのにイライラしながらプッシュボタンをもたもたと押していたのを覚えています。
九州での事業者はNTTドコモ九州と九州テレメッセージ(QTM)でしたか。
私の周りではQTMのベルを使ってる人が多かったです。ドコモは契約が高かったのかな?

高校に入る前後にPHSがサービスを開始しましたが、本格的に学生に普及しだしたのは高校2年の頃と記憶しています。
当時、NTTパーソナル(後にドコモに事業譲渡)のPHSは利用料金が高かったので持ってる人は少数で、ほとんどがDDIポケットかアステルの契約でした。(DDIポケットの人が多かった)
当時PDC方式の携帯電話を持っているのはお金持ちの子くらいで、ごく珍しい代物でした。
(携帯電話って当時はある種のステータスアイテムだったなぁ……)
私はポケベルはどうにも性に合わなかったので持ちませんで、PHSを持つのも比較的遅かったです。
当時はポケベルにしろPHSにしろ、学校内で持っているのを見つかったら即没収されてましたね。
携帯電話を持てたのは専門学校に進学してからで、当時のデジタルツーカーが安価にサービスを開始してくれたのでようやく持つことが出来たという感じで、ドコモやセルラー(現在のau)なんてとてもじゃないですが学生の頃は持てませんでした。
初めてドコモの契約をしたのは社会人になってしばらくしてからでしたから。

私の学生時代って、ちょうど一般層に移動体通信が普及し始めた時代と一致します。
もちろんそれ以前から携帯電話や無線呼び出し(ポケベル)はありましたが、一般層が気軽に契約して持つようになったのがちょうどこの頃なんですよね。
まだ今ほど移動体通信が普及していない時代でしたから、今のように小学生が持っているなんて時代じゃありませんでした。

本題から大きく脱線してますが、つまり今のように安全がどうのという理由で子供に携帯電話(ポケベルやPHSも含めて)を持たせる親なんてどこにもいませんでした。
また公立や私立を問わず、学校では無用の代物とみなされていたわけです。
いつからなんでしょうね、携帯電話を持ち込むのが事実上容認されるようになったのは。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1392-7fad62fb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。