HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

総務省、3.9G用周波数を最大4事業者に割り当て

総務省は1月23日、LTE(Long Term Evolution)など、3.9Gと呼ばれるHSPAの次の世代の通信技術を導入するための、周波数割り当てや技術方式の方針「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針案等」を発表しました。
2月23日までの間、意見を募集しているそうです。

総務省が発表した指針案では、1.5GHz帯の1475.9MHz~1510.9MHzの35MHzと、1.7GHz帯の 1844.9MHz~1854.9MHzの10MHzを、新規参入・既存事業者を問わず最大4つの事業者に、10MHzまたは15MHzを割り当てることとなっています。
なお1.5GHz帯については基本10MHzずつ割り当てですが、1495.9MHz~1510.9MHzのみ15MHzの割り当てとなっている理由は、1503.35MHz~1510.9MHzを使用しているデジタルMCAの使用期限が2014年3月末までとなっており、東名阪地域など一部で使用できない地域があるためです。
4つの事業者に割り当てられることがほぼ確定したため、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルの4事業者への割り当てとなる可能性が高いと見られています。

このほか、アイピーモバイルが総務省に返上した2010MHzから2025MHzの2GHz帯の15MHz幅についても、TD-CDMAとTD-SCDMAに加え、モバイルWiMAX、 IEEE802.20 625k-MC、次世代PHS、UMB-TDD、LTE-TDDの5方式の無線局を対象として、新規参入・既存事業者を問わず1者に割り当てる方針を示しました。
ようやくアイピーモバイル跡地の取り扱いについて言及しましたか。
そういえば1.7GHz帯の割り当て分って、ひょっとしてBBモバイルが返上した跡地なのかな?
恐らく1.5/1.7GHz帯もアイピーモバイル跡地も既存事業者に割り当てられてしまうのでしょうが、ここに新規参入が来たら面白いと思いませんか?例えば中国移動とかT-Mobileとか3のような海外の事業者が参入するとか。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1343-424a945c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。