HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

ウィルコム、新製品および新サービス発表

ウィルコムは新製品2機種と、新料金プランを発表しました。

新機種はいずれもおさいふケータイ(ウィルコム ICサービス)に対応した「WX340K」と「BAUM」の2機種となります。
詳細をここに書くのはめんどくさいのでこちらこちらを参照下さい(笑)

うーん、ウィルコムはいつまで1台目需要を狙い続けるのでしょう。
2台目需要を狙うのであればおさいふケータイなんていらないと思うんだな。
あくまでウィルコムオンリーな人の要望に添ったということでしょうか。

また、W-SIMによるPHSのデータ通信機能と無線LANアクセスポイント機能を装備した「どこでもWi-Fi」を2月19日に発売するそうです。
WAN側にウィルコムのPHS網、LAN側にIEEE802.11g/bの無線LANを利用する小型のアクセスポイントで、W-SIMはアルテル製の「RX420AL」を利用するため、最大通信速度は約204kbpsとなります。
ちなみに電源は単3型eneloop4本というのがある意味ミソ。
ボタン1つで簡単にセキュアな無線LAN接続が構築できる設定システム「AOSS」を搭載しており、任天堂の「ニンテンドーDS」やソニー・コンピュータエンタテインメントの「PSP」のようなポータブルゲーム機などとの接続も容易に設定できるとのこと。
……AOSSってスマートフォンの接続には善し悪しなんだよなぁ。
製品の利用はウィルコムの契約とデータ定額プラン「新つなぎ放題」の加入が必要。価格はオープン。
実店舗や「ウィルコムストア」などでW-VALUE SELECTを利用して新規契約する場合、頭金4800円、実質月1980円となるとのこと(機種変更時などの価格は未定)。

むしろどこでもWi-Fiの方がウィルコムらしいというか、本来進むべき道なんだろうなと感じます。

新料金プランは「新ウィルコム定額プラン」「新トリプルプラン」の2つ。
月額基本料金2900円の新ウィルコム定額プランは、

 1. ウィルコムへの通話が24時間無料
 2. 他社携帯電話やPCを含むEメールの送受信無料
 3. 音声端末やスマートフォンからのサイト閲覧、PC接続によるデータ通信の上限が2800円

という料金プランになっています。
2回線目以降はファミリーパックが適用され、月額基本料金2200円で利用できるとのこと。

月額基本料金1900円の新トリプルプランは、

 1. 1時から21時の間、ウィルコムへの通話が無料
 2. 他社携帯電話やPCを含むEメールの送受信無料
 3. 音声端末やスマートフォンからのサイト閲覧、PC接続によるデータ通信の上限が2800円

という料金プランで、3回線以上で契約できます。

いずれも1年間の継続契約が必要となり、契約期間中に解約する場合は初年度4200円、2年目以降は2100円の解除手数料がかかるとのことです。

新ウィルコム定額プラン、新トリプルプラン向けには、月額1050円の専用オプションサービス「新通話パック」が用意され、他社携帯電話や一般加入電話への通話が多いユーザーをサポート。
月額利用料1050円には2100円分の無料通話分が含まれ、発信先が他社携帯電話の場合は最大80分、一般加入電話の場合は最大100分の通話を利用できるそうです。

十分予想できる内容でしたが、あまりワクワクする内容の発表ではありませんでした。
WILLCOM COREも秋になるそうで、まだまだ冬は続きそうです。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1333-57af92d3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。