HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

KDDI、構内PHSや無線LANに対応した端末を発表

最近KDDIはバラバラに端末を発表するようになったなぁ。

KDDIはIPX5/IPX7準拠の防水性能と指紋認証などの各種セキュリティ機能を備えたシャープ製法人向け携帯電話を発表しました。
対応カードによりPHSや無線LANを使った内線サービスに対応する「E05SH」と二次元バーコードスキャナを搭載しハンディターミナルとして使用できる「E06SH」の2機種で、2009年春以降に発売とのことです。

e05sh_01.jpg  e06sh_01.jpg

管理者PCからの端末ロックやメモリ削除に対応、遠隔制御でカメラや赤外線通信、Bluetooth通信、外部メモリ利用などを管理できる機能も用意、ナカチェンforビジネスによるメニュー画面カスタマイズも提供するそうです。
2機種ともメインディスプレイには、約2.6インチワイドQVGA(240×400ピクセル)のモバイルASV液晶を採用。視野角度を一時的に制限し、周囲からののぞき見を防止するカラーベールビューを備えています。
カメラはAF付き有効画素数203万画素で、名刺リーダー機能も搭載。外部メモリとしてmicroSDを利用するとのこと。
E05SHにはSDIOスロットが装備されており、2009年夏発売予定のネットインデックス製構内PHSカードやミツミ電機製の無線LANカードを装着することで、KDDIの内線ソリューション「OFFICE FREEDOM」に対応するとのことです。
公衆PHSにも対応したら面白い気がしますが、それやったらCDMAいらないか。
E06SHの裏面にはレーザーガイド付き一次元/二次元コードの読み取りに対応したバーコードスキャナを搭載。携帯電話としてだけでなく、専用アプリ(BREW)を利用してハンディターミナルとしても利用できるそうです。
また、外出先での長時間利用が可能な大容量バッテリー(1540mAh)を標準搭載したとのこと(E05SHでもオプション設定されているそうです)

このモデルが受け入れられるかは正直なところ微妙な気もします。
現在先代G'z oneを採用している某宅配業者がE06SHを採用して配送管理に応用することは考えられるとは思いますが。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1331-13f4175c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。