HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>通信事業者ネタ

NTTドコモ、秋冬モデル発表

ドコモの秋冬モデルがようやく発表されました。
五大キャリア(PHS含む)では最後の発表となりましたが、真打ち登場といくのでしょうか。

今回からドコモはラインナップを大幅に見直し、従来の90xiシリーズと70xiシリーズという二大ラインナップを撤廃し、PRIMEシリーズ、STYLEシリーズ、SMARTシリーズ、PROシリーズという棲み分けになっているようです。
それぞれのターゲットは以下の通り。

PRIMEシリーズ
携帯を意識せずに使いこなせる10代~20代、最新機能と最新スタイルやデザインを好むユーザー

STYLEシリーズ
流行に敏感な20代~30代の女性、所有するものは自分の好みで選びたいユーザー

SMARTシリーズ
仕事もプライベートも充実させたい30代~40代の男性

PROシリーズ
最新デジタル機器を好む20代~30代の男性、気になるものは自分で情報収集し、納得したものを購入するユーザー

これだけの見直しをした上で、22機種も投入してくるというのは何とも思い切ったものだなと思います。

ソフトバンクの秋冬モデルにもありましたが、全面タッチパネルの機種がドコモにもあるようです。
そのせいか、今回はスライド端末が多いですね。
やはりiPhoneのユーザーインターフェースはインパクトがあったのでしょうか。
また、HSDPA7.2MやBluetooth対応の機種が増えたのはよいことだと思います。

そういや、今回ソニー・エリクソンがドコモ向けには出してきませんでしたね。
やっぱりドコモ向けは撤退するのかな?


PRIMEシリーズ
N-01Aは横にも縦にも開く回転ヒンジスライド端末として出てきました。
横開きしたスタイルは、サムスンが韓国で出しているテレビ端末そっくりですが。
シャープはSH-01AとSH-03Aの両方に800万画素CCDカメラを搭載してきました。
またLG電子が初めてハイエンド機を投入してきました。
L-01Aは2.8インチQVGAタッチパネルを搭載、5.1MのAF・手ブレ補正・顔検出AF機能付きカメラ、毎秒120フレームの動画撮影機能などの機能も搭載してきています。
ただ、今回の新機能であるiコンシェルやiウィジェット、iモードオンライン、GPS、デコメアニメなどには対応してないそうです。

STYLEシリーズ
P-02AはドコモではP704i以来のスライド端末ですが、在りし日の三菱製端末に見えたのは私だけでしょうか。
三菱のスピードセレクター端末に慣れたユーザーを囲い込みたいのかな。
またパナソニックはPRIMEシリーズのP-01Aだけでなく、STYLEシリーズのP-03AもWオープンを採用してきました。

SMARTシリーズはあまり興味を引く端末がなかったので割愛。

PROシリーズ
HT-01AはTouch Pro、HT-02AはTouch Diamondです。
デザインはソフトバンクに投入される物と同様、海外SIMフリー版と共通のもののようです。
ハードウェアの仕様もソフトバンク版と変わらないようです。
さすがにiモードへの対応はしてきませんが、ドコモ回線でスマートフォンを使う弱点ってそこにあるんだよね。(iモードメールが読めない)
別にiモードのWebアクセスは出来なくていいんだけど、メールだけはどうにかならんもんなんですかね。
ソフトバンクではインターネットマシーンの後継機が出てこなくてガッカリしましたが、思いがけずドコモから出てきました。
シャープがまるでEM・ONEのようなデザインでSH-04Aを出してきました。
さすがにOSはWindows MobileではなくてMOAP(S)のようですが、おかげでiモードをはじめ各種サービスに対応してます。
PROシリーズとして出てきてますが、中身の機能構成はPRIMEシリーズやSTYLEシリーズと遜色ない程度にされているようです。

と、そこで予想外のNokia N71キター!
ドコモでもメーカーブランド販売でやるんですね。(NM-01Aじゃなかったか)
もちろんこいつもiモード非対応ですが……というか、対応してきたらある意味で狂喜しますけど(笑)
この端末を選ぶ人って、ドコモ回線に縛られててMail for Exchangeを使う人くらいかなぁ。
iモードメールをExchangeのメールに転送してくれるサービスを有料でいいから提供してくれれば(というかドコモがExchangeサービスをしてくれたら)、ドコモ回線でスマートフォンを持つ意義って出て来るんだけどな、個人的には。
iモードメールを使うからスマートフォンに乗り換えられないってドコモユーザーはいるような気がするんだけど。私が事実そうだし。
(しかしそういうユーザーはソフトバンクを別に持つ?^^;)
まぁ……ドコモがどんだけスマートフォンを本気でやるかはいまいち見えてこないけど、PROシリーズを敢えて作ったからには、今後しっかりやってくれると信じていいんだろうか。
ちなみに先に発表されているBlackBerry BoldもPROシリーズになるのかな。

NM705iから是が非でも買い換えたいと思わされる端末はありませんでしたが、KDDIに比べたら提案があるし、ソフトバンクに比べたら冒険をしてきたラインナップと言っていいのかなという感想を抱きました。
ソフトバンクの一般端末が意外に面白みに欠けるラインナップだったこともありますけど。(ソフトバンクの場合、OMNIAやスマートフォンに目が行きがちだし)
とはいえ、細分化しただけでこれまでのドコモのラインナップと大きくは変わらないなという印象はやや抱きましたが。
ユーザーは本当にこんな詰め込み型の端末を求めているのでしょうか。
もっとシンプルな端末を求めている声もあると思うのですが、どうでしょう。
あー、詰め込み型端末を使わせてサービスを利用させないと儲けが出ないって?

今回のラインナップでは、元三菱ユーザーとしてはP-02Aには興味がありますし、インターネットマシンの後継を期待して肩すかしを食った身としてはSH-04Aも興味をそそられます。
しかしとりあえず、来春モデルに期待……かなぁ。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1160-e79b4588

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。