HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

b-mobile 3Gを標準端末以外で使う方法

b-mobile 3GのAPN設定などはサービス開始と同時に興味を持っていましたが、ついにクリティカルな情報を発見。
おにくさんの電話にでんわにて情報が公開されていました。

結論から言うと、b-mobile 3Gは標準のZTE製端末以外でも運用できることがわかりました。
自分の好きな端末で運用できるとなると、夢が広がりますね。
端末と通信時間150時間込みで3万強は妥当といえば妥当ですが、他の端末で運用するのが目的でZTE端末が不要だったりするとちょっと高いかなとも感じます。
さすがにSIMだけでの契約は出来ないだろうし。(ちなみに同梱のSIMはFOMAカードだそうです)

APN設定などの纏めは追記にて

APN: dm.jplat.net
ID:bmobile@l3.jplat.net
PWD:bmobile

ノキア端末で使う場合、SIM を入れて起動すると、SIM が登録できないというエラーが出るとのことです。
これは音声通話に対応していないことが理由ではないかと推測されます。
メニュー→ Settngs → Phone Settings → Connection → Packet Data を開き、Access point に APN を正しく設定し、packet data connection を When needed から When available に変更することで電波をつかむようになるそうです。

なお、6220 classicとE71での成功事例は出ましたが、他方E90やE61で失敗しているという情報もあるようです。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1119-ceb43ed5

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。