HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>雑記

二段定額制の功罪

パケット定額の定額制は、ドコモのパケ・ホーダイを除いてほとんどが二段定額制を採用しています。
ソフトバンクのパケット定額フルも二段定額に改定されましたし。
二段定額ってのは個人的には善し悪しだと思うんですよね。

固定定額ならばいくら使おうが、まったく使うまいが同じ金額です。
だから無駄にはしたくないし、無駄遣いしたところで金額は変わりません。
それ故にあまり気兼ねせずに使いまくれるというメリットがあります。
実際、私はiモードでサイトチェックを頻繁にやっていますが、パケ・ホーダイが定額であるおかげで金額をまったく気にせずに使うことが出来ています。
コンテンツを利用していた頃は、二段定額では怖くて使えないと感じたものです。

二段定額制だと使わない月は支払額を抑えることが出来ます。
これはサブ回線にはありがたいのですが、意外とすぐに上限に達してしまうので、割と意味がなかったりします。
上限額の固定定額だと考えてしまえばいいのですが、私の場合は結構パケット数が気になってしまい気軽に使えなかったものです。
それが嫌で一時パケット定額を外したSBM回線がありましたが、外したのを忘れたままパケットを多用してしまったので、その後は改めてパケット定額に加入しています。
ちょっと実験を行うと、パケットはあっという間に上限までいってるんですよね。
auに加入していたときも同じで、かなり気を使いながらパケット接続してたけど、あっという間に上限に達していたように思います。

ソフトバンクのパケット定額フルは、Xシリーズを持つ人やiPhoneの購入を考えている人にとっては福音となるのは間違いないでしょう。
しかしWi-Fiを上手く活用してパケットを使わないように工夫しなければ、結局固定定額の頃(そんなもんあったのかとも言えるけど)と何も変わらないでしょうね。
無駄遣いの元凶であるケータイコンテンツを使わない分マシなのかもしれませんが、iPhoneなんかはヤフオクなどにも手軽にアクセスできるので、気を付けないとパケットをあっという間に消費してしまうでしょう。
イー・モバイルを持っている人はWMWiFiRouterやPHS300を活用することも考えた方がいいのかも知れないですね。
それ一台で賄う人はともかく、複数持ちの人は使い方に戦略が必要なのは変わらないのかなと。

この記事のトラックバックURL

http://mobilephonemania.blog32.fc2.com/tb.php/1107-bde89f91

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。