2014年04月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2014/04/27 モベル アメリカSIMを契約してみた。
  3. 2014/04/23 フリービットモバイル PandAのデュアルSIMをよく調べる
  4. 2014/04/22 フリービットモバイルを契約してみた(その2)
  5. 2014/04/22 フリービットモバイルを契約してみた(その1)
  6. 2014/04/19 SH-06Eのrootを取ろうとして思わぬ成果
  7. 2014/04/16 CardDAVで電話帳データを同期
  8. 2014/04/13 同じグループでも、キャリアまたぎは色々大変なようだ
  9. 2014/04/12 ついにiPhone 5cを購入することに
  10. 2014/04/07 ドコモHome Wi-Fiって結構有り難い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モベル アメリカSIMを契約してみた。

以前からモベルコミュニケーションズのサービスを利用しています。
前に契約したワールドSIMは、O2-UKのMVNOのようです。
使わない限りは維持費0円なので、使わないときは寝かせておいて、使用したらその分を支払うという利用スタイル。
日本国内のローミング運用も可能なので、動作試験などに結構重宝するSIMです。

モベルでは以前からアメリカ、ヨーロッパ、中国向けのサービスをしているのは把握していたのですが、それぞれ維持費がかかるため手を出してませんでした。
このたびアメリカSIMがキャンペーンで維持費0円になったため、契約してみることにしました。

手配していたSIMが今日到着したので、早速いろいろ調べてみます。

スポンサーサイト

フリービットモバイル PandAのデュアルSIMをよく調べる

フリービットモバイルが提供している端末「PandA」は、日本で技適を取っている端末としてはまだまだ少数派であるデュアルSIM端末です。
出自的に、中国とかインドあたりで出してるデュアルSIM機をベースにしてるんで、SIMスロットが2つついた状態でリリースされてるのかな?と思わないではないですが。

さて、公式に出ているスペック表を見ると、デュアルSIMスロットとは書いてありますが、それ以外のスペックが判然としません。
両スロットW-CDMA対応なのか、それとも片側はGSMオンリーなのか、などなど。

Gpadさんの記事によると、インドのメーカーの端末をベースに開発されているとのことで、片方しかW-CDMAに対応してないから日本でのメリットなしとの解説があります。

わかんねーことは自分で検証しましょう。せっかく実機があるんだし。


※以下の実施内容は筆者所有の端末で検証した結果です。すべてのPandAで同じ結果が出ることを保証するものではありません。
頻繁なSIMの入れ替えはSIMカードおよびSIMスロット破損に繋がる恐れがありますので、取り扱いには十分注意しましょう。
いかなる結果になっても、筆者ならびにフリービットモバイル様は一切関知するものではありません。
すべて自己責任で実施されますようお願いします。
(てかこのブログを読んでるような人はそれくらいわかりますよね?)


フリービットモバイルを契約してみた(その2)

フリービットモバイルの回線契約を行い、同社が出しているスマートフォン「PandA」をゲットしたわけですが、実はこの端末を入手した最大の目的が「デュアルSIM端末の運用ノウハウ獲得」だったりします。
これまでデュアルSIM端末に興味はあったんですが、いまいち買うタイミングを逃し続けてたわけで。
PandAのほかにはコヴィア・ネットワークスの「FleaPhone CP-F03a」もありますが、どちらもおおっぴらに国内で使える「そこそこのスペックのデュアルSIMスマートフォン」です。

コヴィアの製品はビックカメラでBIC SIMとのセット販売もあるようですが、BIC SIMはもう契約してるんで、今回はフリービットモバイルかな、という考えはなくはないですが。

さて、ソフトを見ていくと色々と気付くことが。

フリービットモバイルを契約してみた(その1)

界隈であまり話題になってる感じがしないフリービットモバイル。
まあ通信速度も速いわけじゃないし、他のMVNOのサービスが充実してるんで、見劣りしちゃうのは事実だと思いますが、個人的にはちょっと興味深いサービスのひとつ。

なぜか福岡を拠点にして、福岡に(後に北九州にも)アトリエと称するショールームをオープンしたというのも興味を引いたポイントですが、それ以上に気になったのが端末。
一度触ってみたいなと思いつつ、なかなかアトリエに行くことが出来ませんでした。

しかし今回どうしても物が見たい(というかもう半分以上契約する気だった)ということで、無理くり時間を作って行ってみました。

店頭で応対してくださった方は結構しっかりと説明をされる方で(技術畑の人なのかもしれない)良い意味で裏切られました。
ぶっちゃけかなりポップな感じの店構えなので、結構適当に言いくるめられちゃうのかなという不安もあったので。
また懸念していた3G環境下でのVoIPの音質を試させてもらったりも。

また説明の中で気になる話が。最近になって、端末がマイナーチェンジしたというのです。
え?そんなん発表ありましたっけ??

SH-06Eのrootを取ろうとして思わぬ成果

昨年メイン端末をSH-06Eに更新したものの、バッテリーもち以外の点でいろいろと不満を募らせ、結局運用から外してしまっていました。
その後予備端末として時々使うことはあったものの、ほとんど寝かせてるような状況。
SH-06Eを見る度に、あのときARROWS NXにしとけばよかったと思うわけで。

とりあえず使い道が見当たらない状況ですし、かといって売ろうにも割賦がまだ残ってる状態だし(そもそも売るつもりはないし)ってことで、いろいろ調べてrootでも取ろうかなと思い至りました。
どうせもうすぐ1年経つし、保証サービスもかけてないし。

しかしさすがはシャープ製、root潰しは念入りで、ほかの端末のように割と簡単にrootをとってカスタムROM……とはいかない模様。

CardDAVで電話帳データを同期

iPhone 5cの電話帳データの移行は、Android端末に入っている電話帳を電話帳移行ツールを使って移行したのですが、これではデータの変更が発生するたびに手入力で修正しなければいけません。

iPhoneはGoogleの連絡先と同期できないのが不満だとこぼしたところ、「CardDAVじゃダメなの?」という指摘を頂きました。
……すいません。すっかり忘れていました。
そういえば、今Googleって、CardDAVでのデータ同期に対応してるんでしたね。

参照ページ

早速iPhoneでのCardDAV設定方法を調べて(上記ページを参照)同期をかけてみたのですが、一部の電話帳データしか移行されませんでした。
やっぱりダメだなあと思ってそこで一度作業終了。


電話帳データの移行で困っているのはBlackBerry Q5でも同様でして、ふと「こっちもCardDAVで同期とれるんじゃね?」と思い、早速設定してみました。

参考にしたページ

参照したページではiCloudとの同期になっていますが、そこはGmailに読み替えて作業。
確かにこの方法でデータの同期は取れそうです。しかしやはりiPhone同様、一部の電話帳データしか反映されない。
Android端末では問題なく同期されるので、何が悪いのかと思ってましたが、これは端末側の問題というよりは、Google連絡先で何かやってないのではないかと思い、早速調べました。

同じグループでも、キャリアまたぎは色々大変なようだ

昨日、iPhone 5c契約の際に、Wi-Fiセット割でソフトバンクの契約回線を割引適用にしましたが、よく調べてみるとイー・モバイルのスマートフォンも適用可能とありました。

うちはNexus 5とSTREAM Xの契約もありますから、こっちも適用できるなと思い、今日手続きを行うことにしました。

イー・モバイル端末の手続きはソフトバンクショップではなく、イー・モバイルの取扱店でやるようにとのことだったので、最寄りの取扱店といえば、STREAM X契約の際に利用した近所のウィルコムプラザしかありません。
遠出したらイー・モバイルスポットもあるのはありますが……

ついにiPhone 5cを購入することに

前々から、購入の必要に迫られたり、何かしらの好条件が揃うなりするのであれば、iPhoneを購入することもあるかも知れないと思ってはいました。
しかし意外とそういう機会は訪れないもので、MNPなどの変更タイミングを考える際に一応考えてはみるものの、結局購入を見送るという事を続けてました。

しかし、今月ドコモのファミリー割引が更新月となっている回線が1つあったので、どこかにMNPするか解約するかの検討を迫られていた状況。
いろんな理由でiPhoneを買った方がいいかなと思っていたところだったので、今回は思い切って購入することにしました。

FB_IMG_13973023678504987.jpg

ついでにこんなものがなぜか……

DSC_0017.jpg

ドコモHome Wi-Fiって結構有り難い

以前、自宅ルータの更新に合わせて、ドコモHome Wi-Fiで無線LANルータをレンタルしました。
現在もそのルータは順調に稼働しています。

ドコモHome Wi-Fiは月額300円のレンタルですが、2年経過したらそのまま貰えるというサービスです。
更にドコモが指定するパケット定額サービス(パケ・ホーダイ フラット、Xiパケ・ホーダイ フラット、Xiパケ・ホーダイ ライト、Xiデータプラン フラット にねん、Xiデータプラン フラット、Xiデータプラン ライト にねん、Xiデータプラン ライト、定額データプラン フラット、定額データプラン フラット バリュー、らくらくパケ・ホーダイ、Xiらくらくパケ・ホーダイ、Xiパケ・ホーダイ for iPhone、Xiパケ・ホーダイ for ジュニア、Xiパケ・ホーダイ for ビジネス)に契約していると、レンタル料金が無料になりますので、2年間タダで借りてそのまま貰えるということが出来てしまいます。
レンタル期間中に故障した場合は、代替品と交換してくれるといいますから、結構破格のサービスだと思います。

(一度解約したら再契約不可とか、いくつかちゃんと考えて借りないと勿体ないポイントはありますが)

ドコモのメイン回線はXiパケ・ホーダイ ライトに加入しているので、前述のルータは当然無料レンタルです。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。