2013年06月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2013/06/20 ついにXperiaとお別れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにXperiaとお別れ

SO-01B以来、ドコモのメイン端末は常にXperiaシリーズを使い続けてきたのですが、そろそろ別メーカーの端末をメインに据えてもいいかなと思っていたのと、一時期のソニー・モバイルコミュニケーションズの姿勢に疑問を覚えたこともあり、次の機種変ではXperiaを候補から外すことを決めていました。

しばらくXperia acro HDを最後のソニエリ機ということでメインにしてきましたが、そろそろXiに移行しようということで機種変更を行うことにして、2013年夏モデルから選定することにしました。

所謂ツートップ、Xperia Aは選外ですしGalaxyはもともとあまり考慮してません。
ツートップ外から選ぶとなると、自ずと選択肢が絞られてしまいます。

最後まで候補として残ったのがAQUOS PHONE ZETA SH-06EとARROWS NX F-06E。
SH-06EはIGZO液晶搭載機ということで、今回の機種変更ではバッテリーもちの良さを重視していることから、かなり有力。
シャープ端末自体、IS01以来なので選択する意義の大きさもポイント

F-06Eはドコモとしては初めてARROWSシリーズに手を出すことになるので、それだけでも意義は大きいんですが、大容量バッテリー搭載かつTegra系ではなくSnapdragon系のプロセッサを採用しているというのがかなり注目点でした。
これまでいくつかARROWSシリーズは試用してきましたが、どうもTegraは癖が強いという印象を強める結果となりました。
対してSnapdragon系のARROWSは非常に行儀がよいことは現在auのメイン回線で使ってるARROWS ef(FJL21)で運用実証済み。

かなり迷ったのですが、実機を触ってみたところF-06Eは想定以上に手に余る感覚がありました。
手のサイズを考えたら、5インチオーバーのスマートフォンはちと辛いかなと。

そんなわけで今回はSH-06Eを選びました。



色はこれまでブルー系が続いたので、敢えてレッドで。
スポンサーサイト

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。