2009年12月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2009/12/31 今年を軽く振り返ってみる。
  3. 2009/12/29 私、iPhoneやめました。でもAndroidと出会って幸せです。
  4. 2009/12/28 鎖国ケータイを悪し様に批判はしないけど……
  5. 2009/12/27 そろそろ総括をする時期のようなので……
  6. 2009/12/24 「い い 加 減 に し ろ !!」SBM、また緊急地震速報を延期
  7. 2009/12/24 ゆうパックでの荷物発送が面倒になってしまった件
  8. 2009/12/23 Androidで使いやすいTwitterクライアントは?
  9. 2009/12/22 現状の回線運用体制と今後の運用計画(2009.12.22改訂版)
  10. 2009/12/21 ソフトバンク黒SIMを他の端末で使う
  11. 2009/12/20 へんてこな集まりのようすを取材されてるらすぃ
  12. 2009/12/19 ちょっと見てきた。
  13. 2009/12/19 iモード.netについて(追記あり)
  14. 2009/12/19 Sony Ericsson XPERIA X10の新しい動画
  15. 2009/12/19 Google「Nexus One」の登場と今後のAndroid展開に関する考察と願望
  16. 2009/12/17 UQ WiMAX、二段階定額プランを発表
  17. 2009/12/17 ウィルコム、HYBRID W-ZERO3の発売日及び料金を発表
  18. 2009/12/17 HT-03AからFOMA端末に電話帳をコピーする方法
  19. 2009/12/15 Samsung PC Studio 7がNokia PC Suiteと共存可能に
  20. 2009/12/15 Skype for Symbian Beta版を試してみた
  21. 2009/12/15 現状の回線運用体制と今後の運用計画(2009.12.15改訂版)
  22. 2009/12/14 NTTドコモP-03A購入しました
  23. 2009/12/14 久しぶりにNokia E90の環境整備
  24. 2009/12/13 Googleが独自Android携帯「Nexus One」を2010年に発売?
  25. 2009/12/08 HTCがハイエンドAndroidスマートフォンを発表する見通し?
  26. 2009/12/06 現状の回線運用体制と今後の運用計画
  27. 2009/12/05 【S.D.T.Q.】臨時オフ会実施します
  28. 2009/12/02 日本通信、IP電話ソフトを同梱した「もしもし Doccica」を発売
  29. 2009/12/01 ソフトバンク、iPhone 3GSの値下げ
  30. 2009/12/01 NTTドコモ、パケ・ホーダイ128k通信の提供開始

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年を軽く振り返ってみる。

さて、今年も残るところ1時間となりました。
一年を振り返るというのはあまりガラではないのですが、軽く振り返ってみようかと思います。

端末購入について
今年は昨年までの計画性のない無駄遣いが祟ってしまい、あまり資金面に余裕がなくなってしまいました。
そのため支出面を切りつめなければならなくなりましたが、昨年Nokia E90を購入したためか選定条件がシビアになったこともあり、そもそも欲しいと思う端末が少なかったように思います。
年初にiPhone 3Gを購入しましたが、年明けを待たずに運用から外すという結論を下してしまったあたりから、ちょっと勿体ない買い物をしてしまいました。(そこに至る経緯は長々と前エントリーに書いてますが)
10月にHT-03Aを購入、12月にP-03Aとドコモ端末を購入していますが、HT-03Aの満足度は当初予想していた以上でした。
不足がないわけではないのですが、それを求めてしまうのも少し酷かなと思う面もあるので、とりあえずそこは敢えて突っ込まないことにしました。
P-03Aについては回線乗り換えのための副産物的な面はあり、金銭負担はあまりないのですが、ここ最近普通の携帯電話は買っていなかったというのもあり、いろいろと新鮮でした。
来年はいろいろと検証したいことがあるので、そちらの検証用として使うことがあるかも知れません。

諸活動について
まずは年初からスマートデバイス トーキング九州(S.D.T.Q.)の活動を開始し、あまり回数は稼げませんでしたが開催できたのがよかったと思っています。
順風満帆というわけではありませんが、開催初期から遠方からもご参加を頂き、非常に嬉しかったです。
また、様々な立場の方と貴重かつ有益なお話が出来てよかったです。
来年は2月から再びオフ会実施を検討していますが、その際は一周年ということで何か企画できたらと考えているところです。
前半はポッドキャストへの進出はしたものの、いろいろと思うところがあり現在休止状態となっています。
こちらについては今後の展開について非常に消極的になっているというのが正直なところですが、来年一年でじっくりと検討し、どのように処して行くかを考えていくつもりです。
後半はK-MAXへの参加をはじめとして身の処し方が大きく変わって来つつあり、これまで通りのスタンスではいられない、あるいはいてはならないということを実感しています。
こちらについてもいろいろと考える事が多くなりそうです。


今年もたくさんの方にお世話になり、またたくさんの方にご迷惑をおかけしました。
心からのお礼と、心からのお詫びを申し上げます。
ネット上では必ずしも意図が正しく伝わらず、苦々しい思いをしたことが少なからずありましたが、限られた条件下であっても意図を伝えていけるように精進していく所存です。

また来年は本分に立ち返り、やりたいことを自分のやりたいように、周囲の雑音に振り回されずやることを心がける所存です。
他方、様々な取り組み方については多々改めるべき点があるとも考えており、それについては熟慮の上改めたいとも考えています。


間もなく年が明けますが、どなた様もよいお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

私、iPhoneやめました。でもAndroidと出会って幸せです。

「iPhoneが嫌いなのではない。優れたところがあるということも認めている。しかしながら、私には合わなかったらしい」

長らく迷っていましたが、ついに「iPhone 3G」からSIMカードを抜くことにしました。
携帯電話として運用することをやめ、今後は割賦が満了するまでiPod Touchとして使っていくつもりです。
現在、普段使いのスマートフォンとしては「HT-03A」である程度満足しており、iPhoneは今後HT-03Aが使えないときの補助的な運用に留まるのではないかと思っています。

ちょうどそんな折、Business Media 誠に「iPhoneやめました」なる記事が載り、後にITmedia +D モバイルにも転載されました。
この記事に対して賛否両論巻き起こりました。私も理解する内容がある反面、全面的に共感を抱くかといえばそうでもありません。
また、これに付随する内容のブログ記事やそこに書き込まれたコメントを読むに至り、この記事を書くことを決めました。

別にiPhoneをこき下ろそうとも、Androidを過度に賛美しようとも思ってはいません。
あくまで私が思ったことについて、率直に書いてみようと考えています。
ちょうど購入から一年を間近にしたタイミングであるため、私がiPhoneを購入することにした経緯、そして徐々に萎えていった経緯を思い返してみることにしました。


この記事を読む前に是非一読頂きたい関連文書:

『iPhoneやめました』
 Business Media 誠
 http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0912/24/news101.html
 ITmedia +D mobile
 http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0912/24/news101.html

ITmediaオルタナティブ・ブログ:CloseBox and OpenPod
『「iPhoneやめました」でちょっと考えた』
 http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2009/12/iphone-65b7.html



鎖国ケータイを悪し様に批判はしないけど……

※本稿ではガラパゴスケータイ(ガラケー)を私が普段から呼称している
 「鎖国ケータイ」と表現させていただきますことをあらかじめご了承下さい。



私はここ最近はスマートフォンのみを使用しており、鎖国ケータイを利用することが大いに減っています。
なぜそうなってしまったのかは追々書いていくことにしますが、近頃やや気になる論調を目にすることが増えているのです。
それは、「日本のケータイを批判する人は日本のケータイについてよく知らずに物を言っている」とか「SamsungやLGが日本市場にすり寄っている意味をもっと考えろ」とか、「海外ケータイは使いにくい」とか何とか。
……ぶっちゃけ、どっかで見たような構図なのですが。

“日本のケータイについてよく知らずに物を言っている”というのは、確かにそういう面があることは否めないでしょう。
しかしながら俯瞰して見ていると「逆もまた然り」であるということをもう少し省みていただきたいのです。

そもそも日本の携帯電話ビジネスと海外の携帯電話ビジネスでは、ビジネスモデルの根本が違うように思うので、比較することがある意味でナンセンスなことなのではないかと感じています。
また、鎖国ケータイの進化はあくまで日本という閉鎖市場に特化した形で進化したものであり、海外で同様のものが生まれない、あるいは必要とされないのは、単純に文化の違いなのではないかと思うのです。
その“文化の違い”を考慮することをすっ飛ばして「海外ケータイは○○○がないから劣っている。使いにくい」と批判するのもどうなのかと思われてなりません。
大体から優劣で論じる話ではないのではないかと思いますが、もう少し日本人は外に目を向けた上で自らの環境が“特異点”にあるということを理解してもよいのではないでしょうか。

さて、個人的には鎖国ケータイに対してあまり興味を持てなくなってきていますが、なぜそうなってしまったのか、どのように変われば鎖国ケータイに興味を持てるのかを改めて考えてみることにしました。


そろそろ総括をする時期のようなので……

え?もう今日27日ですか。早いなぁ。

というわけで、そろそろ年を総括するような話題も振っていかないといけないかと。

ちょうど先程、K-MAXでメンバーが選ぶ2009年モデルということで、K-MAXメンバーそれぞれが選ぶ端末が公開されました。
実はこのアンケートに答え忘れてまして、別途ブログエントリーという形で掲載させて貰いました。

http://kmax.jugem.jp/?eid=713


とりあえず、今年の端末の総括はこれで代えさせていただきたいと思います。

「い い 加 減 に し ろ !!」SBM、また緊急地震速報を延期

ソフトバンクモバイルから、とんでもないクリスマスプレゼントです。

同社の携帯電話向けに提供する「緊急地震速報」について、サービス開始時期を“再度”延期し、2010年夏以降にすることを発表しました。

当初2009年秋に提供すると発表。その後、第1弾の対応機種「831N」を9月18日に発売した際には「11月下旬より緊急地震速報を提供する」としていましたが、11月下旬~12月末の間に開始されるのは長崎、熊本、宮崎、鹿児島の4県のみで、そのほかの都道府県は来年2月初旬~5月末に開始と延期していました。(参考記事
ところが今回、提供開始エリアについても白紙に戻り再度告知という有様。

「い い 加 減 に し ろ !!」

出来もしないことを偉そうにやろうとするからkonozamaこのザマだと言われても仕方ないでしょう。
SMAPをCMキャラクターに起用してニューヨークで収録、今日もやるらしいCMジャック、S-1バトルでは芸人に賞金バラマキ……広告宣伝費に何億使っているんでしょうか。
その何割かをインフラ整備やシステム開発に回せばどれだけ品質向上できるだろう……


浮ついたことをやる前に、やるべき事は山積してると思いますが。
やるべき事にちゃんと手当をしていないが故の結果と思わざるを得ません。

ゆうパックでの荷物発送が面倒になってしまった件

我が家は荷物の発送にゆうパックを利用することが多いです。
(ヤマト運輸や佐川急便の営業店がちょっと離れてるため)
ところが最近、郵便局の窓口で荷物の確認に関しての確認が突然厳しくなりました。
航空法令の改正で航空搭載貨物の規制が厳しくなったのは薄々知っていましたが、まさか小包にも影響するとは思っていなかったというのが正直なところで。
いつも利用している窓口では11月上旬頃までは何も言われなかったのですが、今月に入って突然ごちゃごちゃ言われることが増えてしまいました。
先日化粧品を発送した際も、品目に「化粧品」と書いただけでは難色を示され、わざわざ中身を再確認しなければなりませんでしたし、つい先程Nokia E61を某氏のもとへ嫁がせる際にもリチウム電池云々で難色を示されました。
結局のところどちらも陸送してもらうことで解決しましたが。(そもそも前者は陸送範囲だ)

あれ?つい先日東京・福岡間を行ったり来たりしていたノートPCは別会社で何も言われなかったんだが……
がっつり「ノートPC一式」って書いて出してるのに。

陸送の場合は時間がかかるというのを容認できれば関係ないようですが、航空便で発送する場合は「リチウム電池取扱ラベル」なるものを自分で用意して貼り付けなければならんそうで。
昨今、ノートPCや携帯電話はもちろんですが、携帯ゲーム機や携帯音楽プレイヤーなど、バッテリー搭載の電子機器はリチウム系の電池搭載が増えてきているだけに非常に面倒な話です。

 説明:http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2009/0406_01.html

0406_01_05.gif
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2009/0406_01_c01.html

『包装基準欄:PI965、966、967、968、969、970のうち、該当するものをすべて記入』 ……そんなん言われてわかるかボケッヽ(`Д´)ノ
しかも最低寸法でかっ!おまけに折り曲げ不可とかどんだけ!?
福岡からの発送だと中四国以外は全部航空搭載になるようなので、今後携帯電話を調達したり売り飛ばしたりする場合ちょっと面倒なことになる予感です。
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2009/0406_01_c02.html


うーん、少々遠くてもクロネコか佐川を利用するようにした方がいいのかなぁ。

Androidで使いやすいTwitterクライアントは?

先日から順次iPhone 3GからHT-03Aに主力を移しつつありますが、その際に問題となるのがTwitterクライアント。
速報的な情報の入手手段として非常に使い勝手のいい媒体として利用しています。

Androidにも複数のTwitterクライアントがあります。
かなり使い勝手の良いクライアントから、単にブラウザにリダイレクトしてるだけのようなアレなものまで玉石混淆といった感じですが。
全てのクライアントを試したわけではないですが、いくつか使い勝手の良いクライアントを見つけました。


Twidroid
Twitterクライアントといえばこれ、という具合に利用者の多いクライアント。
機能も多く確かに使い勝手がよいと思います。
ただ個人的には、ちょっと動作が重いように感じるのと、以前HT-03Aでは動作が怪しいことがあった(現行バージョンではあまり不具合は見あたりません)のでメインのクライアントからは外れてます。(現在はS.D.T.Q.アカウントの確認用に利用中)

Swift
結構動作が軽かったり、URL短縮サービスの元URLを表示してくれたりなど、結構使い勝手のいいクライアントです。
気に入って使っていたんですが、Replyを読み逃してしまいやすかったり、in reply toの確認のやり方がわからないなど、ちょっとだけ不満がありました。
Seesmicを見つけたことで、サブクライアントに降格。

Seesmic
ふとしたことで見つけたクライアント。
自分のコメントやReplyは色を変えてくれる、in reply toもちゃんと確認できるなど、個人的には非常に使い勝手の良いクライアントです。動作も軽いように思います。
【12/26追記】ウィルコムの「どこでもWi-Fi」経由で通信すると、タイムラインを取得できないという問題を発見しました。私以外でもウィルコムの低速回線だと取得しにくいという話があるので、やりとりしてるデータが重いのかも。そのためSeesmicの単独運用をとりやめ、Swiftとの併用にしました。


他にもいろいろクライアントがありますので、自分の使いやすいクライアントを探されるといいと思います。
これぞと思うクライアントがあったら教えていただけると嬉しいです。

現状の回線運用体制と今後の運用計画(2009.12.22改訂版)

回線の入れ替え、端末運用体制の見直しなどで再度入れ替えを実施のため備忘記録。
(割賦期間はドコモ及びイー・モバイルは24カ月、ウィルコムは25カ月、ソフトバンク及びディズニー・モバイルは26カ月で計算)


NTTドコモ
 第1回線 HT-03A
  契約端末:同上(割賦終了:2011年10月)
  iモード、iモード.net、Biz・ホーダイ ダブル、mopera U ライトプラン

 第2回線 Samsung SGH-i550W
  契約端末:P-03A(割賦なし ファミ割MAX50次回満了:2012年1月)
  iモード、パケ・ホーダイ シンプル、mopera Uライトプラン

 予備運用端末:P-03A・他


ソフトバンクモバイル
 第1回線 Nokia N82
  契約端末:同上(割賦終了:2011年1月)
  S!ベーシックパック、パケット定額フル

 第2回線 Nokia E90
  契約端末:iPhone 3G 8GB(割賦終了:2012年3月)
  S!ベーシックパック、パケット定額フル(i)

 予備運用端末:iPhone 3G 8GB・他


ディズニー・モバイル
 第1回線 Nokia 6120 classic
  契約端末:DM001SH(割賦終了:2010年5月)
  Disneyベーシックパック、パケットし放題S(D)

 予備運用端末:DM001SH


イー・モバイル
 第1回線 EMONSTER(S11HT)  (割賦終了:2010年6月)


ウィルコム
 第1回線 どこでもWi-Fi (割賦終了:2011年12月)



ソフトバンク黒SIMを他の端末で使う

iPhone専用SIMである、いわゆる黒SIM。
SIMフリー端末に刺すと通話とSMSは問題なく使用できるのはかなり早期から発見されています。

しかしながらWeb接続や、iPhone OS 3.0以後対応したMMSについては、もう既に確認はされているのですがこれまで検証してませんでした。
そんなわけで、今回試してみることにしました。

いや、実はiPhoneの運用を縮小しようと思ってまして……(その件はまた後日)


へんてこな集まりのようすを取材されてるらすぃ

去る12月12日、私も参加させていただいているK-MAXで集まりがありました。
私はS.D.T.Q.がありましたので出席は叶わなかったのですが、実はこの集まり、某国営放送の取材が入っていました。

http://kmax.jugem.jp/?eid=703

写真を見ているとちょっと切なくなりました。
がっつり水に浸かってしまっているF-01B、防水ケータイなのですがこの後結露でお亡くなりになってしまったらしく(^^;

年明けにその模様が放送されてしまうそうな。大丈夫か、いろんな意味で!?
(詳細は上記参照下さい)
K-MAXメンバーのキモい勇姿、私も楽しみに拝見しようと思います(^^;;;

ちょっと見てきた。

本日所用のため外出したついでに、ヨドバシカメラで各種端末類を見てきました。

x02t001.jpg

まずはソフトバンクのX02T(T-01AのROMアップデート版じゃないよ?)
あまりじっくりとは触ってませんが、これまでのWindows Mobileとは違うと言うことはわかります。
アイコンの並び方がちょっと好きではないですが、スタイラスを使わず指で操作することを前提にしたUI設計は使いやすいですね。
もう少しじっくりと触ってみたいところです。

x01sc001.jpg

X01SCはホットモックがなかったのが残念。
思っていた以上に小さいですね。Windows Mobile最小ってのはなるほどと思いました。
キーボードも小さいので、押し間違いそうな感じです。
マイクロソフトの越川さんがTwitter上で仰ってましたが、X01SCは従来のWindows Mobile Standardと比較するとレジストリ編集やアプリ追加の自由度が上がっている(従来のようなアンロック作業が不要)とのことで非常に興味深いのですが、もう一回り大きいか、6.5 Standardのテンキー端末が欲しいなと思ったりもします。
近いうちに実機をじっくり触ってみたいところ。

他にもいくつか端末を見てきましたが、とりあえずWindows Mobileは以上って事で。

iモード.netについて(追記あり)

現在私はNTTドコモ回線を2本契約しています。
片方はつい先日ソフトバンクからMNPしたばかりですが、元々持っていた方(現在HT-03Aで使用中)はもう10年近く(movaの頃から)契約してるうちのモバイル回線では最古参。

そんなわけで、HT-03Aに機種変更するずっと前からiモードを使ってます。
iモードメールで連絡を取り合う相手がいたことが、ドコモ回線でスマートフォンを使用する上で大きなネックになっていました。
しかし最近そういった相手の大半をソフトバンクのメールアドレスやPCのメールアドレスに誘導できたため、iモードメールの使用頻度が落ちたことからようやく機種変更できるようになりました。
しかしながら完全に移行できているわけでもないので、HT-03Aへの機種変更の際もiモード契約は残すことにしました。

機種変更からしばらく、ほとんどiモードメールのチェックはしていなかったのですが、どうやら数件連絡漏れが発生しているらしいことから、少し前にiモード.netを契約しました。
Biz・ホーダイ ダブルの契約でiモード通信を行うと定額上限が変わってしまいますので……


結構巷を見ていると、2回線ないと使えないという話があるようなので、念のためその辺について書いておこうかなと。


Sony Ericsson XPERIA X10の新しい動画

先日Wi-Fi AllianceにSO-01B/X10aという機種が認定されたことがニュースとして流れたSony EricssonのXPERIA X10。
発表会での超もっさり動作を撮影されたengadgetの動画で評判を下げてしまった感もありますが、別の動画であれとは比べ物にならないサクサク動作が披露されてました。



やばい、これはマジでやばい。

なんかいろんなところを辿っていると、XPERIA X10で日本語表示されている試作機のレビュー記事を発見してしまい仰天しました。

http://itsa.blog.so-net.ne.jp/2009-11-14

バッテリーはXPERIA X1と共用、裏蓋は最近のNokia端末でも増えてきているメキメキッと剥がすタイプのようです。
これまで買うなら白かなぁと思いましたが、黒もなかなかよさげ。


SO-01B、これは期待して良さそうです。
いや、これはマジで欲しいんですが。

Google「Nexus One」の登場と今後のAndroid展開に関する考察と願望

先日、Googleから「Nexus One」が登場するというニュースがWSJで報じられました。(関連記事
製造がHTCとのことで、先日書き込んだブログ記事には『何となく、HTCが来年出す端末のうちの一つとハードウェアが共通で、ソフトウェア的にGoogleオリジナルになりそうな予感。』と書いていたのですが、どうやら本当にそのようで。

また、米連邦通信委員会(FCC)に提出・承認された資料から北米GSM帯域(850MHz&1900MHz)とT-Mobile USAの3G周波数(1700/2100MHz)に対応しているということが明らかになりました。
ということは、Nexus OneはT-Mobile USAから発売ってことですか?(まぁT-Mobile USAとはG1の時の縁もありますからね)

あくまでこれは北米向けということで、Nexus Oneを世界展開していくとなると3Gも2100MHz帯に対応するものが必要になりますし、GSMもクアッドバンドになると思われます。
とりあえずまずは北米向けからスタートして、順次世界展開していくのかなと思ったりしますが。
(なんでも北米向けは早ければ年明け早々には正式発表されるなんて話も出てきてますが)


さて、この展開を受けてちょっと思うことがあります。
それはAndroidの今後の展開について。
これは今後の予想と言うよりはある種の願望かもしれませんが。


UQ WiMAX、二段階定額プランを発表

UQコミュニケーションズは、モバイルWiMAXサービス「UQ WiMAX」の新料金プランとして、2段階定額制の「UQ Step」を導入すると発表しました。12月18日から提供を開始します。

月額料金は下限が380円、9050パケット(約1.1MB)以上11万8575パケット(約14MB)未満は1パケットあたり0.042円、11万8575パケット以上が4,980円となります。
うーん、1.1MBなんて接続後1分以内に使い切りそうな予感(^^;;;
上限まで使うのが確実な人は従来よりかえって割高になりますが、使用頻度が不安定な人は従来より安く抑えることが出来るかもしれませんね。

料金プランの変更手数料はかかりません。変更受付をした翌月1日から適用されるとのこと。


うちも自宅がエリアに入れば契約考えるんですけどね……orz

ウィルコム、HYBRID W-ZERO3の発売日及び料金を発表

ウィルコムは、Windows Mobile 6.5搭載のスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」の発売日を2010年1月28日(予約開始日:2010年1月14日)と発表しました。

W-VALUE SELECTを利用した場合、24回払いでは支払額が2,910円×24ヵ月(69,840円)、「W-VALUE」割引が1,430円×24ヵ月(34,320円)となり、実質支払は1,480円×24ヵ月となるそうです。

また発売と同時に新料金プラン「新ウィルコム定額プランG」のサービスを開始します。
月額料金は1,450円、下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbpsの3Gデータ通信は0円~5,250円(パケット単価は0.105円/パケット)、音声通話はウィルコム同士は無料、他社携帯電話や固定電話へは21円/30秒となります。
新ウィルコム定額プランGは年間契約となり、1年ごとに更新となります。
契約期間中に回線の解約や年間契約の解除、または年間契約対象外の料金コースへ変更の場合、年間契約解除手数料として初年度4,200円、2年目以降は2,100円がかかるとのこと。
また、契約から3年の間に回線の解約、または新ウィルコム定額プランS以外の料金コースへ変更の場合、年間契約解除手数料以外に「新ウィルコム定額プランG」解除料として、5,775円がかかるとの記載もあります。
ん?これは実質3年縛りってこと!?

PHSでデータ通信を行った場合、Eメールは無料(メールアドレス@willcom.comなどを利用の場合)、web利用料は0.105円/パケット(上限2,800円)となり、PHSおよび3Gそれぞれのパケットデータ通信を利用した場合、上限金額は合算の8,050円(税込)になるそうです。


思っていたよりは安いように感じましたが、おそらく大量に発生するであろうアーリーアダプターの反応を見ながら、導入するか否かを考えてみたいと思っています。

HT-03AからFOMA端末に電話帳をコピーする方法

HT-03Aの電話帳を管理する場合、Gmailの連絡先を同期してしまうのが一番早いと思います。
私がHT-03Aを購入した際は、もともとNokia端末やiPhoneで電話帳を同期する目的で連絡先のデータを使っていたため、そのままのデータを同期させています。
しかしこれまでGoogleのクラウドサービスを利用していない人は最初が大変という話を結構聞くので、備忘ついでに記事を起こしたいと思います。

FOMA端末とHT-03Aの間で電話帳をやりとりするのは、ドコモショップの店頭にあるDOCOPYを使って移すということができません。
FOMA端末からHT-03Aに電話帳を移行する場合、まずFOMA端末側でMicroSDカードに電話帳をエクスポートし、HT-03Aの連絡先からインポートすればいいそうです。
FOMA端末からであればLifeKit→microSD→バックアップ/復元でvCard形式でバックアップできます。
他社の端末でもvCard形式で書き出せれば問題ありません。
ネットで検索してたら、YouTubeに解説動画が掲載されてました。



しかし逆にHT-03AからFOMA端末にデータを移したい場合の情報が意外と載っていないようだったので、ちょっと試してみました。

HT-03Aの連絡先でmenuキーを押すと、右下にSDカードにエクスポートというメニューがありますが(上記動画参照)これを押下するとmicroSDカードのルートディレクトリ(ルートフォルダ)にvCard形式でデータが作成されます。
しかしこのままの状態でmicroSDカードをFOMA端末に移しても、データを見つけることが出来ません。
調べてみると、SD_PIMというディレクトリ(フォルダ)内にデータがないと見つけることが出来ないようです。
HT-03A上でファイル管理アプリを使ってデータを移動させるか、一度PCで読み込んでデータを移動させた上でFOMA端末にデータを置く必要があります。

FOMA端末にmicroSDカードを刺して、LifeKit→microSD→microSDデータ参照から電話帳をFOMA端末にコピーすることが出来ます。
うちは先日購入したP-03AにHT-03Aのデータをコピーしてみましたが、フリガナが入っていないなどの理由からちょっとデータを書き換える必要があったので、ドコモケータイdatalinkで編集しています。
(USBケーブルはM1000付属の接続ケーブルを使用しています。こんな時だけはM1000持っててよかったと思う)


電話帳の移行についてはHT-03Aに限らずAndroid端末では共通になると思うので、この方法で電話帳の相互運用が出来ると思います。

Samsung PC Studio 7がNokia PC Suiteと共存可能に

随分前、SamsungのSGH-i550Wを入手した頃に、PCの管理ツール「Samsung PC Studio 7」の検証を行いました。
パッケージ同梱のCD-ROMに入っていたバージョンでチェックしましたが、画面デザインがあまりにもNokia PC Suiteそっくり(というよりそのもの?)で、Nokia PC SuiteがインストールされているPCにはインストールすることができませんでした。
そんなわけでそのまま放置していましたが、先程何となく調べてみると、all about symbian.comのフォーラムに7.1.40.8というバージョンが昨年リリースされているらしいという情報を見つけました。
ダウンロードのリンクがあったので、ダウンロードしてインストールを試みると、Nokia PC Suiteがインストールされているにも関わらずちゃんとインストールすることが出来、i550Wのドライバも組み込むことが出来ました。
操作性は日本向けSamsung端末にも供給されているPC Studio 3とNokia PC Suiteを折衷したような感じ。

pcstudio7_001.jpg pcstudio7_002.jpg

初代OMNIAなどの一部機種はPC Studio II、最近のWindows MobileやAndroidの端末はNew PC Studioという管理ソフトを使うようです。
(OMNIA POP以降の日本向け端末もNew PC Studioを使うようですね)

これまで共存できないという理由で管理が困難でしたが、これでi550Wの運用も支障がなくなりました。

Skype for Symbian Beta版を試してみた

先日Skype for Symbianのベータバージョンがリリースされました。

http://share.skype.com/sites/garage/2009/12/skype_for_symbian_beta_release.html

これまで試していませんでしたが、本日試してみることにしました。

Nokia E90とN82にインストールしてみましたが、どうも上手くいかない。
ソフトウェアからの音声が上手く出力されていないようなのです。
(テストをお手伝い頂いた方曰く、こちらの声は届いているらしい)
改めて上記のページを見てみると、最後の方に「Install it to the phone memory (needs 6mb of free space)」って書いてあるじゃないですか(^^;;;
いつもの癖でメモリーカード側にインストールしてしまいましたよ。
そんなわけでインストールやり直し。

やり直した結果、ちゃんと音が聞こえるようになりました。
Wi-Fiでのテストを行った後、3G接続でもテストを行いましたが、遅延も気になるほどはなく、携帯電話回線の通話と遜色ない程度の音質だったように思います。
回線のスピードや状態によっても大きく変動するとは思うのですが。
以前テストしたSkype for iPhoneよりも音質は良かったように感じました。

今後活用したいと思いますが、最近Skypeで話すよりはTwitterでやりとりすることの方が多いなぁ。

現状の回線運用体制と今後の運用計画(2009.12.15改訂版)

先日回線一覧と今後の運用体制についての書き込みをしたばかりですが、当初の予定よりも早く運用体制の見直しを開始したので、改めて現時点の回線運用状態の記載と今後の見直し計画について備忘を残しておきます。
(割賦期間はドコモ及びイー・モバイルは24カ月、ウィルコムは25カ月、ソフトバンク及びディズニー・モバイルは26カ月で計算)

NTTドコモ
 第1回線 HT-03A (割賦終了:2011年10月)
  iモード、iモード.net、Biz・ホーダイ ダブル、mopera U ライトプラン

 第2回線 Nokia E90/P-03A スイッチ運用 (割賦なし ファミ割MAX50次回満了:2012年1月)
  iモード、パケ・ホーダイ シンプル、mopera Uライトプラン

ソフトバンクモバイル
 第1回線 Nokia N82 (割賦終了:2011年1月)
  S!ベーシックパック、パケット定額フル

 第2回線 iPhone 3G 8GB (割賦終了:2012年3月)
  S!ベーシックパック、パケット定額フル(i)

ディズニー・モバイル
 第1回線 Nokia E60→Samsung SGH-i550W:契約 DM001SH (割賦終了:2010年5月)
  Disneyベーシックパック、パケットし放題S(D)

イー・モバイル
 第1回線 EMONSTER(S11HT)  (割賦終了:2010年6月)

ウィルコム
 第1回線 どこでもWi-Fi (割賦終了:2011年12月)

SBM第3回線をドコモにMNPしました。これに伴い、ディスニー・モバイル回線をXPERIA X10発売時にドコモにMNPする回線として保持する形になりそうです。
イー・モバイル回線はしばらく様子見、各端末での通信は極力どこでもWi-Fiに集約する方向でコストダウンを図りたいところです。


NTTドコモP-03A購入しました

先の記事に書いたNokia E90の運用見直しにあたり、早速ソフトバンク回線をドコモ回線にMNPすることにしました。

現在NTTドコモは新規加入を対象とした「デビュー割」と、他者からMNPでドコモ回線を契約するユーザーを対象とした「チェンジ割」を実施しています。
この2つは併用できるのですが、デビュー割が今月いっぱいなので、間もなく最大限の割引が得られなくなりそうです。
2008年秋冬~2009年春モデルがほとんど対象(言い換えれば旧モデル在庫処分のための施策?)なので今夏モデル以降のモデル、特に最新モデルが欲しい場合などはまったく旨味のない施策ではありますが、今回の私のようにとにかく安く契約したいユーザーにはうってつけといえます。

まずは出かけたついでに某家電量販店とドコモショップで見てきました。
量販店では割引併用で端末負担が0円となる端末の種類は多いのですが、オプション契約が必須とのこと。
2in1の契約もしくは複数(大量)の有料オプションの追加が必要だったので、すぐにお断り。
ドコモショップに行ったのですが、あまり安い端末の種類がなかったので一度帰宅。
所用を済ませた後、自宅近所にある別のドコモショップに行くことにしました。
このショップは10月にHT-03Aを購入したショップです。

しばらく迷いましたが、STYLEシリーズのP-03Aにすることにしました。
防水ワンセグもちょっと欲しかったんですが、価格とかいろいろ考えると、P-03Aが一番いい感じだったので。
登場は昨年秋冬モデルですが、今回選んだシルバーは今年の10月に追加で発売されたモデルなので、まだまだ最新機種と言えなくもないでしょう(^^;;;
こちらもオプション加入を求められましたが、ファミ割MAX50とiチャネルとケータイ補償お届けサービスだったので、気にせず了解しました。(iチャネルは後で外せばいいし)
……あれ、デビュー割しか適用されてなくね?まぁいいか、端末代タダになってるし。

契約内容としては、タイプシンプル バリュー、パケ・ホーダイ シンプル、mopera Uライトプランという組み合わせ。
パケ・ホーダイの128k接続を利用することを目的にmopera Uライトプランを契約してます。


久しぶりにNokia E90の環境整備

iPhone 3GやHT-03Aの導入で次第に活躍の機会が減りつつあったNokia E90。
一時は主力端末として運用することも考えましたが、その大きさと重さがネックとなり、どうしても二戦級に甘んじてました。
とはいえ、回線契約済みのSIMは常に入ってますし、いつでも利用できるように環境整備はしていたのですが。
しかし来年実施予定の回線契約再編でいよいよソフトバンク回線の縮小が決定的になるのもあり、今後の運用を見直さなければならないかなと。

また、つい最近までGravity以外まともなアプリがないと感じていたTwitterクライアントですが、最近はJ1CKやDabrなど優秀なクライアントアプリ(DabrはWebクライアント)が使えるようになったのも受けて、E90をCommunicatorの本分であるメッセージング端末として活用する方向性を考えています。
やはり物理キーボードがあるのは非常に使いやすいので。

そんなわけで、SBM回線で運用することを前提に行っていたAllfile化なども不要になりますし、いい加減ファームウェアもアップしなければということで、早速環境を再構築することにしました。


先日PCのリカバリをして以来、Nokia PC Suiteを入れていなかったのですが、ノキア・ジャパンのサイトからダウンロードした物だとPC Suiteのアップデートが上手く走らないようなので、香港のサイトから英語版をダウンロードしてきました。
セットアップ後、E90のファームウェアを更新。ついでにmicro SDカードを初期化して環境をすべて入れ替えることに(どうせ一部のアプリは再導入に失敗するだろうから)

いらないアプリは入れない方向で、まず+J for S60 Ver1.21をダウンロードして導入。
初期バージョンのフォントは(特にアルファベットの)デザインが好きになれずに別のフォントに入れ替えてましたが、現在配布されているフォントは違和感なく利用出来ます。
またY-Browserの最新版をダウンロードしましたが、なんかインストール方法が変わっちゃってますね。
Download!を早速Ovi Storeに差し替え。Oviアカウントは以前N82用に取得したものをE90と共用していると不具合が生じたので、E90用に新たに取得。
Ovi StoreからMail for ExchangeをダウンロードしてGoogle Syncを設定。
J1CKのサイトからバイナリをダウンロードしてインストール。
他は無線LANのアクセスポイントの設定を行ったのと、SoftBank Access Internetを削除(これを残しておくのはさすがに怖い)したくらいで、あまりいじくってません。

回線契約についてはいっときソフトバンクのままにしとこうと思いますが、ドコモへのMNP実施含みで検討しようと思っています。
その場合、Bizホーダイ契約にすると接続できないと思うので、パケ・ホーダイにして128k接続で利用することを考えたいと思います。
Twitterとメールの送受信くらいなら128kで十分ですし。
パケット使用については、他の端末同様にどこでもWi-Fiへ接続を集約してパケ代抑制を行うとして。


具体的運用法についてはまだ検討の余地が残っていますが、ソフトバンクに依存しない運用体制になるのは間違いなさそうです。

Googleが独自Android携帯「Nexus One」を2010年に発売?

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/12/13/003/index.html

Wall Street Journal (オンライン版)で、Googleが自らデザインしたAndroid携帯を、キャリアとの提携なしに来年2010年にも発売する計画であると報じたそうです。
製品名は「Nexus One」、製造は台湾HTCが請け負うとのこと。

Nexus Oneは、搭載するアプリから個々の画面のルック&フィールまで、同社が一貫して設計した点が特徴であるとのこと。
既にGoogle社員に配布してテストをしているそうです。


ここまで情報が出てくると、噂は噂でなくなりましたね。
HTC製というのは予測の範疇ではありましたが、あまりにも予測をはみ出さな過ぎてちょっと残念。
何となく、HTCが来年出す端末のうちの一つとハードウェアが共通で、ソフトウェア的にGoogleオリジナルになりそうな予感。


おそらく販売はオンライン販売となるんでしょうが、日本で販売する場合は技適を取る必要があります。
その辺はどうするつもりなのかなと思いつつ、GDD Phoneという前例もあるので問題はないのかなとも思ったり。
あとはどうやらSIMロックフリーのようなので、日本の携帯キャリアとの折り合いの問題など、ちょっと気になるところではありますが……

こんな事言ってると日本基準で見てると云々と誰かに言われそうですが、まぁ私は日本在住の日本人なので(笑)

HTCがハイエンドAndroidスマートフォンを発表する見通し?

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091208_htc_espresso/

HTCがAndroidの最新バージョンとなる「Android 2.0」を採用したスマートフォンを来年初頭に発表する見通しなんだそうです。
『1GHzで動作するQualcommのSnapdragonプロセッサや3.5インチ有機ELマルチタッチディスプレイ、QWERTYキーボードなどを搭載したスマートフォンを2010年2月にバルセロナで行われる「Mobile World Congress (MWC) 2010」で発表する見通し』とのことですが、なんか見覚えのあるスペックですね?

http://japanese.engadget.com/2009/11/10/android-softbank/

ソフトバンクの冬春モデル発表の際に孫社長が口にした、Android端末のスペックに似てませんか?
画面サイズが0.2インチ違ってますが、有機EL液晶とSnapdragon 1GHzってあたり。
ソフトバンク初のAndroidは「日本初のAndroid 2.0搭載」という触れ込みで発売することも考えられます。

ということは、ソフトバンクのAndroidはHTCの端末ってこと?

現状の回線運用体制と今後の運用計画

しばらく整理していなかったので、現時点の回線運用状態を記録しておきます。
(割賦期間はドコモ及びイー・モバイルは24カ月、ウィルコムは25カ月、ソフトバンク及びディズニー・モバイルは26カ月で計算)

NTTドコモ
 第1回線 HT-03A (割賦終了:2011年10月)
  iモード、iモード.net、Biz・ホーダイ ダブル、mopera U ライトプラン

ソフトバンクモバイル
 第1回線 Nokia N82 (割賦終了:2011年1月)
  S!ベーシックパック、パケット定額フル

 第2回線 iPhone 3G 8GB (割賦終了:2012年3月)
  S!ベーシックパック、パケット定額フル(i)

 第3回線 Nokia E90:契約 705NK (割賦なし:契約期間2年超)
  S!ベーシックパック、パケットし放題S

ディズニー・モバイル
 第1回線 Nokia E60:契約 DM001SH (割賦終了:2010年5月)
  Disneyベーシックパック、パケットし放題S(D)

イー・モバイル
 第1回線 EMONSTER(S11HT)  (割賦終了:2010年6月)

ウィルコム
 第1回線 どこでもWi-Fi (割賦終了:2011年12月)


来年の春から初夏にかけて割賦が終了する回線があります。
そのため、一部の回線について機種変更を含む契約の見直し、もしくは廃止を考えています。

対象回線:SBM03、DM01、EM01

SBM03→XPERIA X10発売時にドコモにMNP?
DM01→解約?
EM01→HSUPA対応の音声端末発売の場合は機種変更、データ通信契約への変更も検討


春から夏の新機種展開状況なども踏まえながら最終的に決定するつもりです。

【S.D.T.Q.】臨時オフ会実施します

12月12日 18:00~ S.D.T.Q.臨時オフ会を開催します。
今回は「スマートフォン&PDA祭」と銘打ち、PalmをはじめとするPDAについても話をしたいと思っています。

日時:2009年12月12日(土) 18:00~
場所:福岡県福岡市中央区天神

 集合場所は天神地下街北広場イベントコーナー前とします。
 http://www.tenchika.com/flash/index.html
会費:飲食代を各自精算

開催告知の詳細はこちらのブログ記事をご確認ください。
http://sdtqinfo.dtiblog.com/blog-entry-10.html

集合場所、その後の移動についてはこちらにも書いてます。
http://sdtqinfo.dtiblog.com/blog-entry-11.html


事前の参加表明は特に必要ありませんが、18時に集合場所で参加者集合後移動しますので、行き違いが生じる可能性があります。
そのため、出来れば前日までにご連絡をいただければ非常に助かります。
当日集合に間に合わない場合は直接お店にお越し頂くことになりますが、当初予定している場所が混雑している場合やその後移動する場合などもあると思いますので、Twitterにて最新の場所情報をご確認ください。
詳細については、上記ブログ記事をご確認くださいますようお願いします。


以上よろしくお願いします。

日本通信、IP電話ソフトを同梱した「もしもし Doccica」を発売

日本通信は、050番号を使うIP電話ソフトを同梱した3Gデータ通信端末「もしもしDoccica」を12月10日に発売すると発表しました。
価格はオープンとしていますが、想定実売価格は1万9800円。

もしもし Doccicaは、従来のDoccicaで供給されているUSB端末に加え、IP電話機能が利用できるPC用ソフトウェア「bアクセス」、PC用のマイク付きイヤフォン、8000円分の通話・通信利用権を1パッケージにした商品となります。
専用のIP電話サービスが利用できるのが特徴で、料金はデータ通信サービスと一緒に支払えるとのこと。

IP電話の通話料金は、データ通信と同様に利用権(チャージ)から減算される方式。
残額が減ってきたらクレジットカードを登録して、1000円単位でチャージ可能。
付属ソフトを使ってIP電話をかけた場合の通話料金は国内固定電話/IP電話あてが10円/120秒、携帯電話/PHSあてが10円/40秒。
米国の携帯電話や固定電話にかけた場合の通話料は、10分で150円程度(通話料が10円/120秒、3G 通信が10円/60秒)。
またIP電話は3Gネットワークだけでなく、公衆無線LANや自宅のブロードバンド回線でも利用できます。
この場合は3G通信の利用料がかからず、10円/120秒の通話料のみで通話ができます。
050番号が割り当てられるので、もしもし Doccicaで電話を受けることも可能。その際には3Gの通信料がかかるそうです。

かつて日本通信のイベントでVoIP関連の展示があった際に台湾のCamangi社が関わっていたようですが、今回のシステム開発もひょっとするとCamangiが関わってたのかなと。
Windows Mobileには既に移植済みってあたりからも、同社製品であるCamangi Talkとの整合性を感じますし。
間もなく発売されるWebStationにAndroid版のVoIPアプリを搭載なんてシナリオはあるのかも知れないですね。

ソフトバンク、iPhone 3GSの値下げ

ソフトバンクモバイルは、iPhone 3G/3GSの割引キャンペーン「iPhone for everybodyキャンペーン」において、12月4日からiPhone 3GS 16GB版の実質負担額を0円とする値下げを発表しました。

いつまでやるんだという感じのiPhone for everybodyキャンペーンですが、今回の値下げで以下のように価格が変更となります。

iPhone 3GS 16GB 実質負担額480円×24回 → 実質0円
iPhone 3GS 32GB 実質負担額960円×24回 → 実質480円×24回

相変わらずの実質負担マジックですが、月月割は割賦金が割り引かれるわけではないということに注意が必要。
パケットや各種サービスで月月割の分を賄わないと(しかも今は基本料は対象外)損をするということに注意しなければなりません。

これまでの負担額より軽くなるのには違いありませんが、それはそれとして、これはソフトバンクはそこまでして“iPhoneを売らなきゃいけない”事態に陥ってるという証左なのでしょうね。

NTTドコモ、パケ・ホーダイ128k通信の提供開始

以前この記事でも紹介していましたが、NTTドコモは本日からパケ・ホーダイ ダブル及びパケ・ホーダイ シンプルにおいて、mopera Uなどの対応プロバイダと契約して特定アクセスポイントに接続することで128kの定額通信が行えるサービスを開始しました。

http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/foma/measured_rate/for_phone/128k/index.html

スピードを128kに制限することで、パケ・ホーダイでパソコンなどの外部機器を接続した通信を行っても上限額が5,985円となります。(特定AP以外の接続は従来通り13,650円です)
ただし、接続するためにはmopera Uの契約が必要となります。

アクセスポイントの設定は以下の通り。

  APN:mpr.ex-pkt.net(ID及びパスワードはなし)

なんでも、SIMフリーのスマートフォンに上記APを設定して接続が行えるらしいです。
うちは現在パケ・ホーダイ契約のドコモ回線がないので検証できませんが……
どうせなら、同等の条件でBiz・ホーダイ ダブルやBiz・ホーダイ シンプルにも適用してもらえないものでしょうか?

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。