2009年05月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2009/05/30 ICレコーダーを購入しました。
  3. 2009/05/27 ソフトバンク、通話品質確保で速度規制テスト導入
  4. 2009/05/27 iPhone for everybodyキャンペーンが延長
  5. 2009/05/25 モバイルぎょーかい放談 第25回配信
  6. 2009/05/25 KDDI、夏モデルを発表
  7. 2009/05/23 モバイルぎょーかい放談 第24回配信
  8. 2009/05/22 NTTドコモ「N-06A」「N-08A」、不具合で販売停止
  9. 2009/05/21 NTTドコモ、BlackBerry Bold向けに公衆無線LANオプションを提供
  10. 2009/05/20 Palm Pre、Sprintから6月6日に発売。
  11. 2009/05/20 東芝が携帯の生産体制見直し、海外企業に製造を委託
  12. 2009/05/20 KDDI、CDMA 1xの新規受付終了を発表
  13. 2009/05/20 ポッドキャストについて、お知らせとお願いと小言
  14. 2009/05/19 モバイルぎょーかい放談 第23回配信
  15. 2009/05/19 NTTドコモ、夏モデルを発表
  16. 2009/05/19 ソフトバンク、夏モデルを発表
  17. 2009/05/18 モバイルぎょーかい放談 第22回配信
  18. 2009/05/18 ディズニー・モバイル、DM004SHを発表
  19. 2009/05/17 携帯ブラウザ「Fennec」のWindows Mobile版登場
  20. 2009/05/15 もうすぐドコモ夏モデル発表。
  21. 2009/05/15 ドコモ、HT-03AはHTC Magic?
  22. 2009/05/12 モバイルぎょーかい放談 第21回配信
  23. 2009/05/12 ソフトバンク、周波数を切り替える屋外中継装置を開発
  24. 2009/05/12 基本料は割引サービス「月々割」から除外……SBM、沖縄で試験導入
  25. 2009/05/10 最近更新滞ってすいません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICレコーダーを購入しました。

このたびICレコーダーを購入しました。
以前から購入を考えていましたが、これまではポッドキャストのためだけに購入するのも気が引けてこれまで購入を控えてきました。
最近いろいろと使うことが増えるであろう状況が増えてきたのと、ポッドキャスト収録の負荷軽減を兼ねて思い切って導入することにしました。

最初はポッドキャスターの間でも評判がいいZOOM H2も考えてみたのですが、やや高額なのとサイズが気になったので、とりあえず現物を見に行きました。

ヨドバシカメラに現物がありましたが、思っていたよりも更にでかい。
性能は折り紙付きなんですが、打ち合わせの録音に使うには大げさすぎるし、持ち運びに不便しそう。
そこで性能は犠牲にしても、もう少し安くて小さいものを探すことに。

譲れない仕様はSDカードを使用すること。
USB接続出来るICレコーダーは多いですが、USBケーブルを持っていないときに接続できないのは不便かなと。
SDカードならカードリーダーがついているPCであれば(私が使うPC環境のほとんどにはリーダーがついてる)データを移すことが可能なので、SDカードが使える機種を選ぶことにしました。
SDカードであることが望ましいけど、microSDでも可。
もちろん標準搭載のマイク性能が良い方がいいのですが、外部マイクが使えるほうが望ましい。
できれば1万円以下で購入できること。

そういう条件で探してみたところ、三洋電機のICR-S003Mを見つけました。
記録はSDカード、外部マイク対応。駆動は乾電池。かなり理想に近い仕様。
PCM録音は出来ませんが、MP3(44.1kHz 192kbps)で録音できるということで、打ち合わせやセミナーの録音はもちろん、ポッドキャストの素材収録にはうってつけ。

s003m_l2.jpg

まぁ音楽の録音に使うには性能不足かもしれませんが、そっちでの利用は想定してないのでまぁいいかな。

試験録音してみたところ、思っていた以上の音質で録音できるようで、素材収録に十分使えそうです。
公私ともに活用していきたいと思います。
スポンサーサイト

ソフトバンク、通話品質確保で速度規制テスト導入

ソフトバンクモバイルは、通信品質とネットワーク利用の公平性確保を目的として、パケット通信定額サービスの一部ユーザーを対象にした通信速度規制を試験的に導入すると発表しました。
対象エリアは全国で、実施期間は6月1日~10月31日。

今回の通信速度規制は、パケット通信定額サービスを契約する「一定期間に大量の通信を利用する一部ユーザー」を対象にしたもの。
通信品質やネットワーク利用の公平性を確保する目的で行われるとのことです。
iPhone 3Gを含め、全てのソフトバンク3G端末のうち、パケット通信定額サービス対象のパケット通信を大量に行うと規制対象となるそうです。(データ通信端末は従量制なので対象外?)
イー・モバイル網を定額で利用する「C01LC」は対象外。
試験が行われるエリアや時間帯は限定されておらず、全国でのテストとなります。

規制対象となると通信速度が制御されますが、通信は切断されないとのこと。
試験を通じて、ユーザーへの影響や規制の効果を検証し、11月を目処に正式運用を開始する考えなのだとか。


いろいろ意見はあると思いますが、どうせならOpenの設定を公開してくれると有り難いんですけどね。
なんか現状では接続手段も帯域制御も握られててユーザーの自由が縛られているように感じることがあるんで。

iPhone for everybodyキャンペーンが延長

ソフトバンクモバイルは、現在展開中のiPhone 3G向けキャンペーン「iPhone for everybodyキャンペーン」を9月30日まで延長する(当初予定は5月31日まで)と発表しました。

「iPhone for everybodyキャンペーン」は、2年契約を条件に、端末価格の割引などを盛り込んだキャンペーン。
iPhone 3Gを分割で購入した際にかかる毎月の端末負担額を、8GBモデル0円、16GBモデル月額480円で提供。
さらに、月額5980円のパケット定額サービスが月額4410円となります。


この発表で「想定以上にiPhone 3Gは売れ残っているのではないか?」とか、「これは新型iPhoneにもサービス適用の布石か」とか、いろいろと憶測が飛び交っていますが、実際どうなのやら。

私はとりあえずプラス2年縛られたくないので、加入せず現状維持で。

モバイルぎょーかい放談 第25回配信

Podcast「モバイルぎょーかい放談」の第25回をSeesaaブログにアップしました。
iTunes Storeに反映されるのは少し遅いようですが、そのうち反映されますのでお待ち下さい。

内容
・KDDI、夏モデル発表
・Apple製品が教育機関に導入されてるが(その2)
・他


当番組に対してのご意見やご感想など、言いたいことがあったらハッシュタグで発言頂けたらと思います。
ハッシュタグは#MOBGHです。
ブログコメント、メールフォームからのご意見ご感想などの送信も歓迎します。

6月20日(土)18:30~開催予定のオフ会参加者を募集しています。
詳細はこちらをご確認ください。


http://mobilegh.seesaa.net/

iTunes Storeにも掲載されています。
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=306597673

KDDI、夏モデルを発表

KDDIは夏モデルとして8機種を発表しました。
先に発表されたiidaブランドと法人向けの製品を含めて計13機種を夏モデルとするそうです。

ここではとりあえず速報的に特徴を押さえていくだけにとどめようと思います。
商品画像やスペック詳細はauのサイトやニュースサイトをご参照ください(手抜きだなぁ)


「biblio」は東芝製のWIN端末。
電子書籍コンテンツを楽しむというコンセプトの機種で、スマートフォンライクなスタイルであるもののプラットフォームはKCP+を採用。

「Sportio water beat」はシャープ製のWIN端末。
シャープ製のau端末では初の防水ケータイ。(結構意外)
テンキーを廃しタッチパネルのみとした操作スタイルだが、側面にはスティック状の方向キー「サイドカーソルキー」を搭載。

「Mobile Hi-Vision CAM Wooo」は日立製のWIN端末。
1280×720ドット、最高30fpsのハイビジョン動画を撮影できる。
本体側面には小型のHDMI端子(HDMI Mini)が搭載されており、ハイビジョン機器やパソコンなどと接続が可能。

「SOLAR PHONE SH002」はシャープ製のWIN端末。
以前発表されていた防水+ソーラー充電ケータイ。
スペックとしてはソフトバンクの製品と同等か?

「T002」は東芝製のWIN端末。スリムなボディにGSM機能や防水性能を実現。
テンキー部分は凹凸のある模様が加工された梨地仕上げが特徴で、「プレミアムコーティング」のボディパネルやカラーバリエーションで女性向けのデザインを採用。I

「G'zOne CA002」はカシオ製のWIN端末。「G'zOne W62CA」をベースに改良。
電子コンパスを利用した総合センサーアプリ「G'z GEAR」は新たに現在地や任意の地点を登録可能になっており、対象までの方角や距離が分かる「CUSTOMIZED COMPASS」や、国内で訪れた場所を緯度経度、日時、温度で記録できる「TRIP MEMORY」が新たに追加されている。

「K002」は京セラ製のWIN端末。最薄部10.9mmとスリムなボディを実現。
液晶側ボディの背面にはステンレス素材のパネルが採用され、シンプルで上品なデザインに仕上げられる。

「簡単ケータイ K003」は京セラ製のWIN端末。
使いやすさや簡単な操作に注力した「簡単ケータイ」シリーズの最新モデル。


ざっと見た感じでは「小粒だけどピリリと辛くない」ラインナップだなぁと。
ピリリの部分はiida任せとも取れます。
パナソニックが夏モデルでの製品投入を見合わせているのも他社ラインナップより見劣りして見える原因でしょうか。
ソニー・エリクソンもiida G9しか出しませんし。
それに対して東芝がドコモ・au・ソフトバンクすべてに端末を投入してきたのが注目点でしょうか。


うーん、欲しい端末ないなぁ。

モバイルぎょーかい放談 第24回配信

Podcast「モバイルぎょーかい放談」の第24回をSeesaaブログにアップしました。
iTunes Storeに反映されるのは少し遅いようですが、そのうち反映されますのでお待ち下さい。


内容
・東芝、携帯電話の生産体制を見直し
・NTTドコモ、N-06Aの発売停止、N-08Aの発売延期
・NTTドコモ、BlackBerry Bold向けに公衆無線LANオプション提供
・PalmとSprint、Palm Preを6月6日に発売
・福岡ユビキタス特区でマルチメディア放送のモニター実験を開始
・KDDI、CDMA 1xの新規受付を終了
・他


当番組に対してのご意見やご感想など、言いたいことがあったらハッシュタグで発言頂けたらと思います。
ハッシュタグは#MOBGHです。
ブログコメント、メールフォームからのご意見ご感想などの送信も歓迎します。

6月20日(土)18:30~開催予定のオフ会参加者を募集しています。
詳細はこちらをご確認ください。


http://mobilegh.seesaa.net/

iTunes Storeにも掲載されています。
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=306597673

NTTドコモ「N-06A」「N-08A」、不具合で販売停止

NTTドコモは、22日に販売が開始されたNEC製のFOMA端末「N-06A」について、端末の不具合により販売を一時停止したことを明らかにしました。
なお、28日に発売予定の「N-08A」についても発売が延期されるとのこと。

確認された事象は、iモードのサイト接続時にサイト側との連携が正常に行われず、正しく動作しないというもの。
原因は、ソフトウェアの不具合によるもので、詳細は現在調査中としています。
なお、「N-06A」の22日初日の販売台数は約1500台。当該事象によるユーザーからの申告は0件とのこと。
既に購入してしまったユーザーへの対応は、現在検討中で別途通知されるそうです。


最近キャリアを問わずソフトウェアの不具合がかなり増えてきているように思います。
搭載する機能が増えすぎてソフト開発がかなり複雑になっているにも関わらず、製品の投入ペースが従来とさほど変わらないということで、開発に負荷がかかっているのかなと感じていますけど。
製品の投入ペースを落としてでもソフトの完成度を上げることも必要なのかもと思うのですが、実際のところどうなんでしょうかね。

NTTドコモ、BlackBerry Bold向けに公衆無線LANオプションを提供

NTTドコモは、BlackBerry Bold向けのオプションサービスとして、公衆無線LANオプションを6月1日より提供することを発表しました。利用料は月額315円。
BlackBerry Boldユーザーのうち、ブラックベリーインターネットサービス、ブラックベリーエンタープライズサービス、ブラックベリーデュアルサービスのユーザーが利用できるとのこと。

これまでも公衆無線LANサービスを個別に契約して利用することもできたのですが、公衆無線LANサービス「Mzone」の利用料は月額1525円/ 日額525円で、ドコモのインターネット接続サービス「mopera U」での公衆無線LANサービスは、最も安いプランでUスタンダードプランの月額525円+U「公衆無線LAN」コースの月額315円、計840円となっていました。

利用できるエリアは、Mzoneなどと同じで、国内ローミングとしてBBモバイルポイントなど、海外ローミングとしてiPassなども利用できるとのこと。
ただし、ローミング利用時の料金は別途かかるそうです。


BlackBerryの専用プランとするのであれば、思い切って無料で提供するとか出来ないもんなんでしょうかね?

Palm Pre、Sprintから6月6日に発売。

Sprint NextelとPalmは米国時間5月19日、「Palm webOS」を搭載するスマートフォン「Palm Pre」の正式なリリース日と価格を発表しました。

全米で6月6日に発売される予定。
100ドルのメールインリベートを引いた価格は199.99ドルで、Sprintが提供する「Everything Data」プランまたは「Business Essentials with Messaging and Data」プランへの2年契約が条件。
Palm Preは、Sprint直営店のほか、オンラインショップや、Best Buy、RadioShack、一部のWal-Mart店舗でも販売される予定。

また、Palm Pre向けのアクセサリも6月6日に発売されるそうです。
専用充電ドック「Touchstone Charging Dock」は49.99ドル、専用バックカバー「Touchstone Back Cover」は19.99ドルで、このドックとバックカバーがセットになった「Touchstone Charging Kit」は69.99ドル(販売パッケージには通常の充電器が含まれる)。


Appleが実施するWWDCの2日前に発売とは、いかにもな戦略ですね。
CDMA方式なのでしばらく日本のユーザーには縁が薄いかもしれませんが、遠からずW-CDMA方式に対応したものも出てくると思われるので、そのときどのような動きが起こるかが楽しみです。

東芝が携帯の生産体制見直し、海外企業に製造を委託

昨日新機種を発表したばかりの東芝ですが、携帯電話を生産体制の見直しを図り、2009年10月より、海外の製造業務を専門に請け負う企業(EMS:Electronics Manufacturing Service)に委託すると発表しました。

日野工場で行われている携帯電話の製造業務は海外EMS企業に委託、日野工場はグローバル生産ヘッドクォーターという位置付けになるとのこと。
生産管理業務や製造委託先での新機種生産の立ち上げ支援のほか、修理・サービス業務を行う拠点となるそうです。
なお、端末の開発・設計については、引き続き日野工場で行われるそうです。
また、東芝情報機器杭州社で生産しているスマートフォンについては、国内および海外向けともに引き続き杭州社で生産されるとのこと。


ネット上では「東芝が撤退」という論調で書いている人が少なからずいるようですが、撤退とはちょっと違うと思いますけどね。
外注するのは製造部門だけで設計などは引き続き国内でやるわけですし。
ただ売り上げが伸び悩んでさらに見直しが進んで本当に撤退なんて話にはなって欲しくないわけですが。

KDDI、CDMA 1xの新規受付終了を発表

KDDIは8月9日をもって、CDMA 1Xの新規受付とWINからの機種変更を終了すると発表しました。
1X専用の料金プランとして提供しているサポートプランと、専用割引サービス「ガク割」の新規受付も合わせて終了するそうです。

KDDIでは新規受付の終了に伴い、6月1日からCDMA 1Xサービスの契約者がWINに機種変更する際の手数料2100円を無料とするとのこと。
なお、サポートプランとガク割に相当する料金プランや割引サービスの今後の提供について、KDDIは未定としています。


とうとう終わりですか。いつかは終わると思ってましたが。
しかし、CDMAぷりペイドは1xを使ってますが、これはどうなるんでしょうか。

ポッドキャストについて、お知らせとお願いと小言

ポッドキャスト「モバイルぎょーかい放談」をお聞きくださっている皆様、毎度ありがとうございます。
お聞き苦しくて恐縮です。

最近問題やら連絡事項やらありますので、まとめてお知らせしたいと思います。


1.RSSの取得について
モバイルぎょーかい放談はSeesaaブログを使って配信しています。
iTunesをはじめ様々なポータルサービスに登録し、いくつかの方法でRSSを取得できるようにしていますが、そのうちPodfeedでのRSS取得がいつの間にかおかしくなってしまったようです。
貼り付けタグを取得し直しても正常にRSSが流れてこないという問題が発生しております。
現状様子見をしているところですが、近々外すことになるかもしれません。

iTunesでの取得が確実ですが、それ以外の媒体で取得されている場合はブログ左側メニューの一番下にある「RSS 2.0」のリンクからRSSをされることをお勧めいたします。


2.メッセージの送付について
これまであくまで“常識の範疇”であろうと思い敢えて触れないようにしていましたが、最近メールフォームから送付される内容の一部があまりに酷いので、申し上げておこうと思います。
私は命令すればそれを忠実に実行する機械ではありません。一人の人間です。
また大半の方は私の友人ではないはずです。ほとんどの方が面識すらないのではないでしょうか。
近頃、赤の他人にコンタクトを取るにあたって大変非常識な内容のメールが多いです。
(そういうメールを送ってくる人は普段からそういうメールを他人に出しているのかと呆れています)
メッセージをくださる方の大半はそういった常識をわきまえてらっしゃる方ばかりですが、一部に心得違いをしている方がいらっしゃるようです。
既にメールフォームに一文追加していますが、今後そうした非常識なメールに対してはこちらからの返答を差し控えることといたします。
その旨あらかじめご了承いただきますようお願いします。


3.頂いたメッセージやコメントについて
メールフォームより頂いたメッセージやブログでのコメントは内容によっては番組中で紹介させていただくことがあります。
採用する際はこちらでも内容を精査の上、そのまま読むとまずそうな部分は一部端折るなどの対応をしておりますが、番組内で一部もしくは全部を読まれたくない場合はその旨お書き添えいただけますと幸いです。


次回の収録の際に上記三点は改めて告知しようと思っています。
これをご覧になった皆様は、上記についてお含み置き頂きますと幸いです。

モバイルぎょーかい放談 第23回配信

Podcast「モバイルぎょーかい放談」の第23回をSeesaaブログにアップしました。
iTunes Storeに反映されるのは少し遅いようですが、そのうち反映されますのでお待ち下さい。


内容
・NTTドコモ及びソフトバンクモバイル 夏モデル発表会特集

今回は一度に37機種を紹介する関係から、それ以外の内容を入れる余裕がありませんでした。
(くたびれました。今日はもう勘弁してください……)

当番組に対してのご意見やご感想など、言いたいことがあったらハッシュタグで発言頂けたらと思います。
ハッシュタグは#MOBGHです。
ブログコメント、メールフォームからのご意見ご感想などの送信も歓迎します。


http://mobilegh.seesaa.net/

iTunes Storeにも掲載されています。
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=306597673

NTTドコモ、夏モデルを発表

NTTドコモは夏モデルとして18機種を発表しました。

ここではとりあえず速報的に特徴を押さえていくだけにとどめようと思います。
商品画像やスペック詳細はドコモのサイトやニュースサイトをご参照ください(手抜きだなぁ)


PRIMEシリーズ
「F-09A」はF906i以来となるヨコモーションに対応。有効810万画素のCMOSカメラを搭載。
「N-06A」はソフトバンクの931Nとほぼ同様のスペック。N-01Aの後継機。
Wi-Fiアクセスポイントになる機能がついているのが違いでしょうか。
「N-07A」は佐藤可士和氏がデザイン監修、スポーツに特化。
「P-07A」はWオープン+大型サブディスプレイ。ソフトバンクの931Pと同等?
「SH-06A」はAQUOS SHOTということで、ソフトバンクの933SHとほぼ同様のスペック。
「L-06A」は音声端末としては初のHSUPA対応。Googleのサービスにワンタッチでアクセスできる「Googleボタン」を搭載。


STYLEシリーズ
「F-08A」は折り畳み防水ケータイ。新たにIPX8にも準拠。
「N-08A」はN-02Aの後継。外観をカスタマイズできるサービスが提供される。
「P-08A」はP-02Aに引き続きスピードセレクター搭載のスライド式。いよいよ外観が三菱っぽく。
「P-10A」はWオープン+防水。
「SH-05A」は防水折り畳み。800万画素CCDカメラ搭載。太陽電池はなし。
「L-04A」はスライド型タッチパネルケータイ。タッチパネルは感圧式。


SMARTシリーズ
「N-09A」は810万画素のCMOSカメラ搭載の薄型。機能的にはN-08Aと同等。パネルの質感にこだわり。
「P-09A」はBluetoothやGPSなどを搭載する薄型。人間の耳では聞き取れない部分としてカットされた音声を補完し、自然な音声として聞こえるようにする「ナチュラルトーク」機能、また相手の声を聞こえやすくする「しっかりトーク」「ゆったりトーク」も搭載。


PROシリーズ
「SH-07A」はなぜPROシリーズ?PRIMEシリーズじゃないの?サイクロイド、ワンセグWチューナー、1000万画素カメラ、Blu-rayレコーダーとの連携機能。
「T-01A」は東芝TG01のドコモ仕様。WM6.1、CPUはSnapdragon1GHz、4.1インチワイドVGA液晶タッチパネル。
「HT-03A」はHTC Magicのドコモ仕様。国内初のAndroid端末。やはりiモード対応の噂はiモード.net対応というオチか?


コンセプトモデル
「SH-06A NERV」はヱヴァンゲリヲン新劇場版:破とのコラボレーションモデル。
劇中本当に登場するらしい。全国3万台限定販売、2万台を店頭予約、1万台を一般販売。


Android端末の投入をはじめPROシリーズのラインナップのほとんどの情報を事前に知っていたせいか、思っていたほどの目新しさを感じませんでした。
元三菱ユーザーということでやはりP-08Aに興味が引かれますが、SH-06A NERVを本気で買ってしまいそうな俺ガイルorz
いや、ここ最近国産ケータイ買ってないし、そろそろ最新の機種が欲しいなと思ってたんですよ(という言い訳)
でもAndroidも興味あるし……パケット次第か。
少し考える余裕がありそうなんで、よく検討してみようと思います。

ソフトバンク、夏モデルを発表

ソフトバンクモバイルは夏モデルとして音声端末16機種(ディズニー・モバイル含む)、その他3機種の計19機種を発表しました。

ここではとりあえず速報的に特徴を押さえていくだけにとどめようと思います。
商品画像やスペック詳細はソフトバンクのサイトやニュースサイトをご参照ください(手抜きだなぁ)


シャープから10Mピクセルのデジカメを搭載した「AQUOS SHOT 933SH」を発表。
10Mピクセル自体はかつてSamsungが発表していたので世界初ではありませんが、ついに10Mピクセルのカメラが携帯電話に載ってしまう時代がきたのですね。
タッチパネルにも対応しているとのことです。
ドコモにも同等スペックの機種が出るかな。
「mirumo 934SH」は3インチの大型サブディスプレイを搭載、800万画素CCDカメラと防水性能を備えています。
このサブディスプレイは、シャープが新たに開発した「メモリ液晶」を採用したものだそうです。
「THE PREMIUM WATERPROOF 935SH」はTHE PREMIUM WATERPROOF 824SHの後継にあたると思われますが、防水高級志向ケータイという位置づけになるようです。
「SOLAR HYBRID 936SH」は、太陽電池搭載の防水ケータイ。
以前KDDIからリリースすることが発表されましたが、商品発表はソフトバンクが先になっちゃいましたね。
やはり案の定、auだけではなく他キャリアからも同様のスペックの機種が出てしまいました。
「832SH」は831SHをベースにワンセグやおさいふケータイを非対応にした廉価モデル。
「GENT 831SH s」はGENTシリーズの最新モデル。ベースは831SHになりました。

「931N」はドコモのN-01Aライクなデザインですが、無線LANを搭載しているとのこと。
ドコモの夏モデル発表でも同様のスペックの機種が出るかな?
「930N」は約13.9ミリのボディに、約810万画素のCMOSカメラやワンセグ、ウィジェット、GPS、おサイフケータイ、国際ローミングなど、充実の機能を詰め込んだ“スリム&ハイスペック”な端末。
「831N」は連続760時間の長持ちバッテリー、1.6インチサブディスプレイ搭載、全体的にシニア向け的な操作のしやすさを前面に打ち出しているようです。
また初めて緊急地震速報に対応したそうですが、サービスの開始は11月以降になるそうで。

「931P」はWオープン+大型サブディスプレイ、811万画素CMOSカメラ搭載など。
「832P」はソフトバンク最薄の厚さ約10ミリ、ボディにステンレス素材を使用。

「OMNIA POP 931SC」は930SCの後継と思われますが、女性向けとのことでポップさを全面に出しています。
OMNIAの名称はWindows Mobile以外にはもう使わないらしいことをSamsungは言っていたような気がしますが(そのためS60 5th搭載のOMNIA HDは名称が変わるとか)この機種はOMNIAなんですね。
OSは930SC同様独自OSのようですが……
「830SC」はEmporio Armaniとのコラボレーションモデル。スペックとしては非常にシンプル。
「740SC」はシンプルな折り畳み型。ひょっとして次期プリモバイル向け?

「832T」は物議をかもして先日ドコモとの和解に至った「かんたん携帯 821T」の後継機種。

以上が音声端末。スマートフォンがなかったのが残念。


「Photo Vision HW001」は通信機能を内蔵したデジタルフォトフレーム。Huawei製。
携帯やPCからデジタルフォトフレームのメールアドレス宛に写真を送信すると、7インチの画面に自動で表示。
ソフトバンクモバイルのユーザーなら、フォトフレームの電話番号宛てに写真付きメールを送るだけで、フォトフレームに表示する写真を送信可能。
利用料金は月額980円の専用定額プランが用意され、2010年の1月12日までに加入すると、月額490円で利用できるデビューキャンペーンを実施するとのこと。
HW001はハローキティ仕様も用意されるそうです。

イー・モバイルがNetbookとデータ通信端末をセット販売したり、ドコモがEee PCにWWANモジュールを搭載したりという動きがありますが、ソフトバンクもここに追従するようです。
LenovoのIdeaPad S10eをベースに通信モジュールを搭載した「IdeaPad S10(通信モジュール搭載モデル)」をラインナップ。
データ通信料は定額ではなく、従量制のデータバリューパックが適用されるようです。
新規契約のみの販売となり、Webサイトのみでの数量限定販売となるとのこと。
うーん、新スーパーボーナスや定額制適用で安く買えるのであれば購入を考えたのですが、従量制のデータ通信契約となるとちょっと魅力的ではないかな。


個人的にはあまり強烈に興味を引かれる端末がなかったように思います。
デジタルフォトフレームは発想としては面白いですね。

それでは既に発表が始まってるドコモの新モデルをチェックすることにします。

モバイルぎょーかい放談 第22回配信

Podcast「モバイルぎょーかい放談」の第22回をSeesaaブログにアップしました。
iTunes Storeに反映されるのは少し遅いようですが、そのうち反映されますのでお待ち下さい。


内容
・青山学院大学 社会情報学部の学生と教職員にiPhoneを配布
・Mozilla、ブラウザ「Fennec」のWindows Mobile版(アルファリリース)を公開
・ドコモとソフトバンクが夏モデルを明日発表
・ディズニー・モバイルがDM004SHを発表
・他


当番組に対してのご意見やご感想など、言いたいことがあったらハッシュタグで発言頂けたらと思います。
ハッシュタグは#MOBGHです。
ブログコメント、メールフォームからのご意見ご感想などの送信も歓迎します。



http://mobilegh.seesaa.net/


iTunes Storeにも掲載されています。
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=306597673

ディズニー・モバイル、DM004SHを発表

ディズニー・モバイルは、大人向けのデザインを採用したシャープ製の折りたたみ型3G端末「DM004SH」を7月中旬に発売することを発表しました。

dm_white01.jpg

ディズニー・モバイル端末として初めてモバイルウィジェットに対応し、ディズニーの人気キャラクターであるスティッチを題材にした「スティッチといっしょ」などが搭載されるとのこと。
また、ディズニー関連情報をチェックできる「Disney情報ウィジェット」や「Disney世界時計」といったウィジェットもプリセットされるそうです。
端末には、オリジナルフォント「Disneyフォント」や「Disneyデコフォント」も搭載されるとのこと。

これまでのディズニー・モバイルの端末からベースモデルを変更したことでスペックアップしたようです。
細部のデザインから、ソフトバンクの831SHがベースになったものと思われます。
そのためスペックは831SHに準じたものになるようです。

スライド式が出てこないですねぇ。

携帯ブラウザ「Fennec」のWindows Mobile版登場

Mozillaは同社が開発している携帯用ブラウザ「Fennec」(コードネーム)のWindows Mobile用プレアルファ版が公開されたと発表しました。

Fennecはこれまで、Linuxベースのプラットフォームで動作しているNokia N810インターネットタブレット端末用にアルファ版が公開されていました。
今回Windows Mobile向けに発表されたのはプレアルファ版であるため、多くの機能がまだ実装されておらず、多数のバグも含まれているとのこと。
それでも公開されたのは、動作するバージョンをアーリーアダプター層に提供し、フィードバックとバグレポートを得るためだそうです。

現在対応しているのはHTC Touch Proのみだそうです。
それ以外の機種にインストールをしている人もいるようですが、一部の機能が正常に動作しない可能性があります。

既にインストールした人のレポートを見てみると、インストールされるソフトウェアのサイズが大きい、動作が非常に重いなどが共通して報告されています。
また日本語の表示にも現状ではやや難がある模様。
これらがフィードバックされて、次期バージョンで改善されるといいですね。

私はとりあえず現状でのインストールは見送ります。

もうすぐドコモ夏モデル発表。

すでにあちこちで19日発表されるドコモ夏モデルの流出画像や情報が飛び交っているようです。

一部見ましたが、前のモデルの後継に位置づけられる機種も多いみたいですね。
いくつかどう改善されているか非常に注目したい機種があります。

あと最近流行のコラボレーションモデルもあるようです。
なんでも某人気アニメ映画とのコラボレーションだそうですが、ちょっと興味あるかも。

初のAndroid端末であるHT-03Aや、東芝TG01のドコモ版T-01Aなど、スマートフォン的にも注目できそうです。


ちょうど前の割賦が終わっているので、何か刺さる機種があったら機種変してもいいかなと思っていたりします。

ドコモ、HT-03AはHTC Magic?

19日にドコモの夏モデル発表会が行われますが、それに先だったニュースが流れてきています。

以前、ドコモHT-03Aが米連邦通信委員会(FCC)の認定を受けたというニュースが流れていましたが、その際にAndroid搭載のHTC Magicであるということが明らかになっていました。

国内の新聞でもその話が出てきているようですが、日経ソースなので話半分ですがiモードメールが利用可能と。
でもiモードメールが利用できるといっても、どうせiモード.netの動作確認済み機種に入るってだけの予感。

20090503_nttdocomoht03a_01.jpg

日本初のAndroid端末、日本語が正式サポートされるという意味で非常に興味深い端末です。
個人的にデザインもそんなに嫌いじゃない。(キーボードがないのは引っかかるところとしても)

ただドコモから出るとなると、パケット定額次第なんですよね。
Biz・ホーダイ ダブルでいけるならまだしも、mopera Uが必要とかだと激萎えだし。

とりあえず来週を楽しみにしておきます。

モバイルぎょーかい放談 第21回配信

Podcast「モバイルぎょーかい放談」の第21回をSeesaaブログにアップしました。
iTunes Storeに反映されるのは少し遅いようですが、そのうち反映されますのでお待ち下さい。


内容
・MNPの際のメール転送や事業者間SMSの導入を事業者が検討中
・NTTドコモ、プッシュトークを終了
・NTTドコモ、個人の回線契約数を制限
・次期iPhoneには電子コンパス搭載?
・他


当番組に対してのご意見やご感想など、言いたいことがあったらハッシュタグで発言頂けたらと思います。
ハッシュタグは#MOBGHです。
ブログコメント、メールフォームからのご意見ご感想などの送信も歓迎します。


http://mobilegh.seesaa.net/

iTunes Storeにも掲載されています。
http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=306597673

ソフトバンク、周波数を切り替える屋外中継装置を開発

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/45237.html


ソフトバンクモバイルは、山間部で展開する屋外中継装置として、基地局からは通常と異なる電波を受信し、通常周波数に変換するという「周波数変換型の屋外中継装置」を開発したとのこと。
今後、導入に向けて検討する予定だそうです。

従来使用している中継局(レピータ)は基地局対中継局の周波数と中継局対移動局(端末)の周波数が同じだったわけですが、今回開発した装置では基地局対中継局の周波数を別の帯域にして、中継局で周波数を変換することができるのだそうです。


多分私のようにそっち方面の仕事をしてる人間にしたら「そういうことね」と思うようなニュースなのでしょうが、一般の普通に携帯電話を使ってるだけのユーザーにとっては「何のこっちゃ?」というニュースなんだろうな(笑)

個人的にはレピータ頼りの現在のSBMの戦略はあまり感心しないですね。
どうしても伝送路を張るのが物理的・経済的に困難な場所とかで使う分にはしょうがないのかなと思わないではないものの、長期的に品質を考えると基地局と伝送路の増強は避けて通れないと思うのですが。

あまりブログなどに書くには適さない話もたくさんあるのでそれは避けますが、小手先の手段でお茶を濁そうとすると後でしっぺ返しを食うようなことになりはしないかと思わずにはいられません。

基本料は割引サービス「月々割」から除外……SBM、沖縄で試験導入

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20392937,00.htm

ソフトバンクモバイルは5月11日より、沖縄県の一部の店舗において、契約者の利用料金の一部を割り引くサービス「月々割」の対象から月額基本料を除くテストマーケティングを開始したとのことです。

ソフトバンクモバイルによれば、「仕様変更した場合の顧客の反応を見るため」に導入したとのこと。
マーケティング期間は5月24日までで、全国に適用するかは未定としています。


いちユーザーとして言わせていただくと、「ま た 改 悪 か !」と言わせてもらいます。
顧客の反応を見るも何も、従来より高くなる施策にいい顔するユーザーなんているわけないじゃないか。

これ全国展開するとして、ユーザーが心から納得するような説明はあるんでしょうかね?

最近更新滞ってすいません。

先月末から更新が滞ってしまってすいません。

休みの間にPCをいろいろといじくっていたら、いじりすぎて調子が悪くなってしまいました(苦笑)
パーティションがおかしくなってしまったので、結局一度HDDの中身を全部消してOSをインストールし直さなければならなくなってしまいました。
そんな中で、実はいくつか草稿や掲載予定の画像を誤って消してしまいました。

今のところ取り急ぎの環境再構築は終わったので、近日中に通常体制に戻せると思います。
ポッドキャストも連休が重なったのもあって更新が滞っていますが、あわせて近日中に更新を行いたいと思ってます。

すいませんが、今しばらくお待ちくださいませ。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。