2009年01月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2009/01/31 端末コストの低減がこれからの課題か?
  3. 2009/01/30 ソフトバンクはやはり追従せず
  4. 2009/01/30 ドコモ、movaサービス終了を発表
  5. 2009/01/30 Nokia E71に新色登場
  6. 2009/01/30 ソフトバンク、2年契約の新規向け新販売方式「スマート一括」
  7. 2009/01/29 金の使いどころを間違えていると思う
  8. 2009/01/29 ソフトバンク、春モデルを発表
  9. 2009/01/29 KDDI、春モデルを発表
  10. 2009/01/28 ふと見つけたこんなサービス
  11. 2009/01/28 iPhone及びiPod touch向け新ファームウェア「2.2.1」を公開
  12. 2009/01/28 イー・モバイル、月780円の「ケータイ定額プラン」導入
  13. 2009/01/28 ソフトバンク、2Gプリペイドの契約変更にプリモバイルを選択可能に
  14. 2009/01/28 ドコモ、水濡れ携帯のデータ復旧サービス開始
  15. 2009/01/27 Apple、「iPhone」のマルチタッチインターフェースに関する特許を取得--米報道
  16. 2009/01/27 イー・モバイルの2009年戦略
  17. 2009/01/27 ワイヤレスWAN対応VAIO type Pは2月14日発売
  18. 2009/01/27 ドコモの「パケ・ホーダイ ダブル」、PCデータ通信も定額対象に
  19. 2009/01/27 ドコモ、端末開発費を支援?
  20. 2009/01/27 AndroidでW-SIMを動かす
  21. 2009/01/27 スマート一括?
  22. 2009/01/27 mixiのトップページを見ていたら……
  23. 2009/01/26 ノキアジャパン、社長交代
  24. 2009/01/26 総務省、3.9G用周波数を最大4事業者に割り当て
  25. 2009/01/25 50,000アクセス突破の御礼
  26. 2009/01/24 【S.D.T.Q.】プレオフ会実施レポート
  27. 2009/01/24 【S.D.T.Q.】プレオフ会最終案内
  28. 2009/01/24 【S.D.T.Q.】1月プレオフ会開催のお知らせ
  29. 2009/01/23 オバマ大統領、BlackBerryを死守する
  30. 2009/01/23 HTC、新型のTouch Cruiseを発表
  31. 2009/01/23 Touch Diamondに多少興味が……
PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端末コストの低減がこれからの課題か?

最近携帯電話関係の情報収集をしていてよく目にするのが「国産端末は調達コストが高い」ということ。
日本のケータイは高解像度のディスプレイ、高画素数のカメラ、ワンセグ、非接触IC、などなど高性能になっているのに加えて小型化や薄型化が進んでいます。
しかもそれがほぼ日本国内専用の仕様となっているため、どうしてもコストが跳ね上がってしまう。
日本の場合はメーカーが直接携帯電話を販売するのではなく、携帯電話キャリアが一度買い上げてユーザーに販売するという形態になっているため、端末コストの上昇はキャリアの負担にもなってきているというのです。
開発の時点で数十万程度の台数をコミットしているので、キャリアとしてもそれを買い上げないわけにはいかないし、メーカーとしても買い上げてもらえないのであれば作れないという状態にあるのでしょう。
今後これ以上コストの高騰が続くようであれば、キャリアは国産端末の調達を減らして海外製端末のコミットを増やすのではないかという見方をする識者もいるようです。
実際はドコモが主要メーカーに開発費の補助をする方針であるようですし、いきなり国産メーカーとの関係を切って海外メーカーに頼るなんてことはしないでしょうが、選択と集中を行う可能性は大いにあると思います。
ドコモの4シリーズ化なんてのは売れるモデルと売れないモデルの選別をやりやすくするための方法なのではないかと思う節もあるので。

メーカーも既に他社との共同開発や設計の流用などでコスト削減を始めているようです。
先日のソフトバンクの発表会で気が付いたのですが、これからはキャリアを跨いで設計を大幅に流用していく動きが本格化していきそうです。
これまでも基本設計を流用するというのはやっていたと思いますが、もっと露骨に流用していくことが想定されます。
特に同じW-CDMA方式で2GHz帯を使用しているドコモとソフトバンクでは相互流用が増えるのではないでしょうか。
ソフトバンクの830NとドコモのN-04Aなんかは見比べたら明らかに共通部位が多いことに気が付くと思います。

個人的にはOEM供給をやるなら堂々とやればいいと思うし、キャリアを跨いで設計を流用するのも構わないと思います。
何だったらソフトウェアとロゴ以外はまったく一緒の端末が出てもいいと思う。
その分コストが下がって販売価格が落ちるならやっていいことだと思います。
ただ、代わり映えのしない端末ばかりになっていいのかというとそれはまた別で、そこはメリハリの問題だと思いますけど。
もっとも、根本的なところでキャリアやメーカーの体質改善が必要なのではないかと考えますけど……

スポンサーサイト

ソフトバンクはやはり追従せず

イー・モバイルの月額780円プランにも、ドコモのPC定額にもソフトバンクは追従しませんでした。
まぁ正直やらねえだろうなと思っていましたが、案の定です。
最初の24時間以内追従宣言は既に事実上反故にされているので、もはや期待できずだと思っています。

長くなりそうなので続きは追記で。

ドコモ、movaサービス終了を発表

NTTドコモは、第2世代通信方式(PDC)の携帯電話サービス「mova(ムーバ)」と通信サービス「DoPa」を2012年3月31日に終了すると発表しました。
movaの新規受付は2008年11月30日で終了しており、2008年12月末時点での契約数は666万600件となっているそうです。
一方、DoPaも2008年9月30日に新規受付を終了しています。

movaとDoPaの終了により、デュアルネットワークサービスやショートメールなども同日に終了することになります。
なお、DoPa位置情報サービスや三者通話サービス、デュアルネットワークサービスなどは2009年3月31日をもって新規受付を終了するとのことです。

ソフトバンクが2Gサービスを2010年3月末に終了することを発表しているので、これでとうとうPDC方式のサービスが終了することになります。

2G回線を持っている人たちの間で「最期を見届ける」オフ会とかがありそうな予感。
ドコモPHSの時もそうでしたが、回線を残しておけばよかったなぁと思います。

Nokia E71に新色登場

以前から噂にはなっていましたが、Nokia E71に新色が追加になったようです。

http://europe.nokia.com/e71

nokiae71new001.jpg  nokiae71new002.jpg

黒と赤ですが、赤の方は以前にもこんなカラーリングの端末ありましたね。何だったっけ。
個人的には黒はちょっと欲しいかも。

ソフトバンク、2年契約の新規向け新販売方式「スマート一括」

先日この記事でスマート一括について触れましたが、今日から全国一斉に始めるそうです。
先日見たポスターはテストマーケティングだったようです。あそこも直営店だったしね。

「スマート一括」は、端末価格のうち1万5750円をソフトバンクが補助するという制度なんだそうです。
指定機種を新規契約で購入する際に2年単位での継続利用を条件とする「2年契約」を同時に申し込む場合で、対応料金プランはホワイトプランのみ。既存契約の回線では利用できないとのこと。
現在の対象機種は830Pのみとなるそうで、端末代金のうち3150円は加入から3カ月後に請求されるのですが、クレジットカード払いであれば「クレジット割引」が適用され3150円が無料になるとのこと。

契約から25カ月目には申し出がない限り2年契約は自動更新されるとのこと。
契約更新月以外の解約や、2年契約の解除を行ったり、ホワイトプラン以外のプランに変更したりすると、契約解除料9975円が発生するそうです。

似たような購入方法にスパボ一括もありますが、どっちが得なんでしょうね?
スマート一括で選択できる端末が増えてくると選択肢も広がると思うんですけど。

金の使いどころを間違えていると思う

賞金総額2億2000万円のお笑いイベント「S-1バトル」

正直、新製品発表会に芸人がウロチョロしてるのも鬱陶しく感じたのですが、お笑いイベント創設ってなんだよ。

そんな無駄金を使うくらいなら、これ以上サービスを改悪しなくてもいいようにするとか、ただでさえ脆弱といわれているインフラの補強に使うとか、まだまだ十分とは言えない基地局の増強に回すとか、やることはたくさんあると思うんだけど。

孫さんって時々変なところに金を撒きますよね。

ソフトバンク、春モデルを発表

ソフトバンクが春モデルを発表しました。
少しだけ中継を見ていましたが、芸人いらんだろ。

今回はスマートフォンの投入がないので、モバイラー的には興味が薄いかも知れませんが、ケータイ好き的には注目ポイントもあるラインナップです。
(このブログは海外ケータイやスマートフォンのブログだと勘違いされる向きがあるが、携帯電話全般の話題を取り扱うブログなのです)

AQUOSケータイ 932SHはドコモのAQUOSケータイを見たら8MCCDを搭載してくるというのは十分想定の範囲内だったけど、二軸ヒンジの機種が出なかったのは残念。
しかしこの機種、携帯電話初のワンセグダブルチューナー搭載機。
930Pはドコモでも採用された2WAYキーが搭載されましたが、あれって仕組みを知ると結構ショボいんですよね(笑)
830Nは昨年夏以来のNEC製ですが、アークスライドが特徴。ドコモのamadanaケータイ(N-04A)の影響を感じないではないですが。
831SHはシンプルにまとめてあります。ハローキティ仕様もあるそうで。

注目なのはEXILIMケータイがソフトバンクに投入されたこと。
930CAはEXILIM史上初のスライドケータイ。
カシオ製は830CAがNECのOEMだったと知ったときはガッカリしましたが、さすがに今回は自社開発かな?
まだ何となくまたNECのOEMなんじゃないかって疑っている自分がいるけど(笑)
まぁ、これでEXILIMケータイのためにauの契約をする必要がなくなったわけです。

またサムスンからは731SCが投入されます。
私は2009年、サムスンはハイエンドモデルよりもローエンドモデルに注力するのではないかと考えていましたが、今年一発目の発表は案の定ローエンドモデルを出してきました。
プリモバイル専用の730SCをベースに開発されたようです。
HSDPA3.6Mに対応、フルブラウザを搭載しているそうです。
実はこのモデルが一番出来が良かったりするのではなかろうか。


インターネットケータイの後継機が今回も出てこなかったのが残念なのと、タッチパネルケータイが出てこなかったのがやや意外だったのですが、今回は総じておとなしめだったなと。
今回のハイエンドは秋冬モデルの補完的な意味合いが強いようですし、秋冬モデルのハイエンドを夏まで引っ張るつもりのようで、そこはそれで残念に感じる面ではありますが、開発の手間を考えるとそうなるのは仕方ないかなと。
心躍る端末がなかったという意味ではKDDIと同じですが、EXILIMケータイをW-CDMAにも投入したという驚きを用意していた分KDDIよりはマシだと思います。
あれ、そういえば今回東芝は投入ゼロですか。そういえば最近一時期の勢いがないもんなぁ。

KDDI、春モデルを発表

あまりauに期待をしていないせいでしょうか、春モデルの発表会が今日というのを知ったのが昼になってからでした。
慌てて情報収集を開始。

春モデルから型番の命名規則が変更になり、メーカー記号+通し番号という形になりました。
なんかかえってわかりにくくなった気がする。
しかも名前を変えたところで、既存のラインナップと何が変わったのか全然見えない。
ドコモの時は多少なりとも何か変えていこうという意気込みが見えたのですけどね。

正直に言って、全然面白いと感じる端末がないですね。終わってます。
Cyber-Shotケータイが8Mに対応してくるのはEXILIMケータイの追従ということで十分考えられることでしたし、シャープが8MCCDの端末を投入してくるのも他キャリアでの動向から十分想像出来る範囲。
京セラがメーカー記号を2つ(NSとK)を持っている理由がよくわかりませんが、NS記号の方はちょっとデザイナーズの匂いを感じる展開。NS記号の方は数字が二桁というのも理由がよくわかりません。
しかし2機種を見てみても、デザイナーの独り善がり感しか感じないんですが。
NS01の背面についたベルト、邪魔なだけじゃないのか。

l_sa_nsk03.jpg

こういうのは使い方を合わせて提案しないと、受け入れられないんじゃなかろうか。
提案がないままだと、これ買ってもベルトを外す人が出てくる気がする。

うーん……KDDIがどこに行きたいのかが全然見えない。


E30HTは発表会で試作機が展示されていたそうです。
Touch FLOは3Dではなくそれ以前のものを搭載しているそうですが、これは正しい選択だと思います。
また、ICSが搭載されているらしい。製品版で省かれないかと思いますが……


あー、いつものことだけどガッカリ。KDDIにはもう何も期待できないな。

既にソフトバンクの新製品の情報も入ってきてて、特に面白いモデルがなさそうな予感がしてきましたが、詳報が入るまで評価は保留しよう。

ふと見つけたこんなサービス

今日は近所の病院に行って来ました。
私がどこか悪いんじゃなくて(頭は悪いけど^^;)、家族が風邪をこじらせてるので連れてきました。
ふと公衆電話のあたりを見たら、こんなのを発見。

20090128027.jpg

タクシー会社が配車用にPHSを置いているようです。
端末はかなり古い(DDIポケットのH゛時代のもの)ストレート型のPHSでした。
ウィルコムの公衆PHS回線なのか、病院の構内PHSなのかはわかりませんでしたが、タクシー会社が設置している感じなので前者かな。
多分PHS同士の無料通話を活用したサービスなんでしょうが、うまいことやったなぁと思いました。
PHSなら病院内でも使えるってメリットを上手く行かしているのではないでしょうか。

iPhone及びiPod touch向け新ファームウェア「2.2.1」を公開

AppleはiPhone及びiPod touch向けの新ファームウェア2.2.1を公開したとのこと。
今回はマイナーバージョンアップで新機能の追加はないようで、主にバグフィックスなどのようです。

Safari利用時における全般的な安定性が向上。
また、メールから保存した画像の一部について、iPhoneの「カメラロール」、iPod touchの「保存された写真」で正しく表示されない問題が修正されるとのこと。

iPod touchでは加えて、Apple Lossless形式の一部楽曲が再生中にスキップされてしまう問題が解消されるとのこと。

まだアップデートした際のデメリットが明らかになっていないので、数日はアップデートしないつもりです。
未確認情報では、Safariの安定性は確かに増したが全体的な動作が重くなったという話もあり、どうなのかなぁと思ってます。


アップデート発表のたびに思いますが、脱獄してる人ってうっかりアップデートしないように気を使うし気軽にアップデートできないのだそうで、なんか逆に気の毒です。

イー・モバイル、月780円の「ケータイ定額プラン」導入

イー・モバイルは、基本利用料を月額780円、イー・モバイル同士24時間通話無料とする新プラン「がっちりコース ケータイ定額プラン」を発表。2月7日に開始するとのこと。
同プランは、主に音声通話中心のユーザーを対象にした月額基本料を抑えたもの。詳細は以下のとおり。

* 「にねん」あるいは「ベーシック+年とく割」の契約を条件に、基本使用料を月額780円にする
* イー・モバイル加入者同士の音声通話とSMS送受信が24時間無料
* 「通話割引オプション」(月額315円)の加入で他社への通話も安価に
* 「データ定額オプション」の利用で、データ通信料を月額1000円~4980円に

なんかイー・モバイルもプランやオプションが増えすぎて何が何やらわからなくなってきましたね。
どの条件で何が適用されてるのかわからなくなってきました。

ソフトバンク、2Gプリペイドの契約変更にプリモバイルを選択可能に

ソフトバンクモバイルは、PDC方式(第2世代携帯電話/2G)のプリペイドサービスにおいて、3Gのプリペイドサービス「プリモバイル」への契約変更を2月2日より受け付けるとのこと。
全国のソフトバンクショップで対応します。

2Gプリペイドから3Gのポストペイド契約への機種変更は従前から受け付けていましたが、このたびプリモバイルを選択できるようになりました。
プリモバイルへの機種変更にあたっては、電話番号とメールアドレスが引き継がれるほか、契約事務定数料1995円が無料になるそうです。なお、プリペイド端末の残高は引き継がれないとのこと。

ドコモ、水濡れ携帯のデータ復旧サービス開始

NTTドコモは、水没などで携帯電話が濡れてしまった場合に、端末内のデータを復旧させるサービス「水濡れケータイ データ復旧サービス」を2月1日より開始するとのこと。
全国のドコモショップなど故障受付窓口で対応するそうです。

「水濡れケータイデータ復旧サービス」は、ドコモ側が水濡れにより電源が入らなくなったと判断したFOMA端末から、電話帳やメール、画像などの携帯電話内に保存されたデータを復旧し、CD-ROMに記録して提供するサービス。
CD-ROM内のデータは、ドコモショップなどに設置されたメモリコピーツール「DOCOPY」で携帯電話に転送できるとのこと。
復旧可能なデータは電話帳、ブックマーク、メール、写真、テキストメモなど。機種によって復旧できるデータは異なり、著作権保護されたダウンロードデータなどは対象外。
つまり着うた関連はダメってことね。

一部対象外のモデルを除いてFOMA端末で利用可能。
サービスが利用できるのは、ユーザー本人の端末でFOMA契約の継続意思があり、端末の廃棄処分に了承するユーザーとなるそうです。
データ復旧には2週間程度かかるとのこと。
対象外の機種にNokia製やスマートフォンが含まれている気がしましたが、案の定です。
【対象外機種】
HT-02A、HT-01A、F905iBiz、F903iBSC、NM706i、NM705i、D880SS、NM850iG、F1100、HT1100、M1000

サービスの利用料は、データ復旧に成功した場合のみ5250円、ドコモショップなどの店頭で支払うことになります。
実はこのサービスって九州では先行展開されてたサービスなんですが、とうとう全国展開されるのね。
一部のソフトバンクショップでも独自に同様のサービスを提供しています。
福岡の場合、糸島の方にデータ復旧サービスをやってる業者があるんですよ。

まぁ、濡らさないことに越したことはないんですけどね。


詳細 http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/090128_02.html

Apple、「iPhone」のマルチタッチインターフェースに関する特許を取得--米報道

http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20387123,00.htm

AppleはiPhoneのマルチタッチインターフェースに関する特許を取得したとの報道です。
詳細はここでは拾いませんが、内容が思いっきりPalm Web OSのタッチオペレーションを狙い撃ってますね。

元Appleの関係者がPalm Preの開発を主導していることに対して根に持っているという見方もあるとちらっと聞きましたが、知財に厳しいのは向こうでは当たり前なので、個人的な思いはあるにせよ企業としてはあくまで「知財保護」の観点からの措置であると思います。

Palmもパイロットコーポレーションとの商標問題以来、知財に関しての取り組みはやっていると思われますので、一悶着あるような気がします。

余談ですが、私はPalmとの商標問題を理由にパイロットの筆記具は意識的には使わないと決めています。
ボールペンを自腹で買うときは絶対にパイロットを避けます。
支給品とか借り物でたまーにうっかり使ってしまうんで、絶対に使わないとまでは言い切れないんですが(笑)
安ボールペンは結構見落としますね。

イー・モバイルの2009年戦略

イー・モバイルは今年も頑張ってくれそうです。
ASCII.jpに面白い記事が載っていました。

http://ascii.jp/elem/000/000/207/207331/index-3.html


阿部副社長のインタビュー記事です。
スマートフォン関連の記事だけ抜き出し。

Windows Mobileに固執するつもりはないが、新しいOSの端末を新たに開発し、イー・モバイル用のものを細かなところまで作り込んでいくのは同社の規模では難しいという発言は、真を突いているし正しい分析だと思います。
イー・モバイルの規模では確かに独自開発してペイできるほどのコミッションはできないでしょうね。
「グローバルメーカーの戦略端末」を日本市場にいち早く導入するというアプローチは今後も続いていきそうです。

WMWifiRouterのようなソフトを好意的に受け入れているという点では感心します。
某キャリアはこういうのを凄く嫌がりますもんね。
まぁあそこはパケットの使用量が増えるよりもケータイコンテンツが売れる方がオイシイからなんでしょうが。
阿部副社長は「スマートフォン」という言葉があまり好きではないそうです。
あくまでスマートフォン携帯電話の延長線にあるものであって特別な存在ではないというのを目指しているのだと思いますが、個人的にはWindows Mobileに依存しているとその道は険しいように思うのです。
S60端末(Nokiaに限らずSamsungでもLGでも)だとその垣根はむしろ低くて、理想に近い展開は出来るんじゃないかなと個人的には考えますが、なかなか難しいのかな。
スマートフォンとケータイの間で出来ることと出来ないことの垣根がもう少し低くならないと、今の日本では難しいのかも知れません。
垣根を自力で越えられるユーザーってまだまだ少数ですからね。

インフラ投資にも力を入れていくそうです。
今年の一番の課題は東京の地下鉄だそうですが、トンネル協会関係で何かと大変でしょうね。
トンネルは設備打つの大変だからなぁ……
これまでも新規参入キャリアとしては随分頑張っていて、ルーラルエリアでも繋がるところが意外にあると思いますが、更に頑張って欲しいところです。
個人的には行動エリアがまだ100%カバーされてないので……(笑)
ルーラルエリアでは無理にHSDPA7.2MとかHSUPAに対応せず、3.6Mでもいいんじゃね?とりあえず繋がることが大事だと思うけど。

今年もイー・モバイルのスマートフォン戦略には注目したいと思いますが、要のHTCに不安要素があるのでどうなるやら。

ワイヤレスWAN対応VAIO type Pは2月14日発売

数々のモバイラーを虜にしているVAIO type P。
実は私、全然魅力を感じていなかったりします。
スタイルはいいと思いますが、実用性に疑問を感じるからです。なんかいかにもキーボード使いにくそうやん。
もともとVAIOのコンセプトとは相容れない事が多い私なので、今回も例に漏れず琴線に触れなかったようです。

そんなtype Pですが、FOMAハイスピード対応のワイヤレスWANを搭載したモデルが2月14日に発売されるそうです。
無線LANやBluetoothは利用できますが、ワイヤレスWANとGPSが内蔵されるためワンセグチューナーは搭載されないそうです。

なおソニースタイルにおいてワイヤレスWAN内蔵の指定モデルを購入したユーザーを対象に、キャッシュバックキャンペーンを展開するとのこと。
1月27日13時~5月 1日15時の期間に、「type P」や「type T」、「type Z」のワイヤレスWAN搭載のVAIOオーナーメードモデルを購入し、2年の継続利用を条件にドコモの「定額データプラン HIGH-SPEED」を新規契約すると3万円がキャッシュバックされるそうです。

ドコモの「パケ・ホーダイ ダブル」、PCデータ通信も定額対象に

NTTドコモはパケット定額サービス「パケ・ホーダイ ダブル」について、料金改定を発表しました。
これまで定額対象外となっていたPC接続時のデータ通信も、4月1日から定額の対象とするそうです。
PC接続した場合の上限額は、月額1万3650円になります。

パケ・ホーダイダブルは、iモードのみ利用した場合の上限を4410円、フルブラウザも含めて利用した場合の上限額は5985円。
従来のPC接続時のデータ通信は、5985円(7万1250パケット)までは1パケットあたり0.084円、それ以降は1パケットあたり0.021円で従量課金され、上限額のない青天井になっていました。
4月以降は、iモードのみ、フルブラウザについては現行通り、PCデータ通信は5985円を超える利用は0.021円で課金され、上限は1万3650円になります。
上限額が利用方法によって3段階に変更されるわけですね。

データ端末向けの「定額データプランHIGH-SPEED」(月額1万500円)では利用できるサービスに制限がありましたが、パケ・ホーダイ ダブルではメール送受信やWebブラウジングはもちろん、ストリーミングやインスタントメッセージャー、FTPなどの利用も行えるとのこと。

またドコモは、パケ・ホーダイダブルの料金改定に合わせて、パケット通信の利用が多いユーザーに対し、通信速度の制限を行うとのこと。
直近のパケット利用状況(一定期間内の通信量)と、通信エリアの混雑具合を見て通信速度を調整するとのことで、どの程度通信速度が落ちるのかは「エリアの込み具合にもよるため、一概に言えない」(ドコモ広報)ということです。
てか、今までも帯域制限はそれとなくかけてたんちゃうん?

うーん、これってauも同じような定額発表してたんで、後追いですよね。
実用的にはまだ高いような気もしますが、定額対象になるだけマシってことでしょうかね。
スマートフォンの通信にも適用されたらいいんですが、さすがにそれは無理かなぁ。


【追記】
げっ!パケットパックとうとう全廃じゃん(泣)

ドコモ、端末開発費を支援?

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK022262720090124?feedType=RSS&feedName=marketsNews&rpc=155

ドコモは今年の夏モデルの開発について、端末メーカーの開発費を一部支援する方向で検討しているとロイターが伝えました。
NEC、パナソニック、シャープ、富士通がその対象になると見られています。
過去にドコモはFOMA端末の普及を図るため、メーカーに開発費を支援したという経緯があります。

開発費を支援した見返りにドコモの支配力がなお一層強くなるなんてことにならなきゃいいんですが。

AndroidでW-SIMを動かす

うーん、そろそろAndroidカテゴリ作るかなぁ。

http://www.android-group.jp/index.php?%CA%D9%B6%AF%B2%F1%2F2009%C7%AF1%B7%EE%A4%CE%A5%A4%A5%D9%A5%F3%A5%C8

日本Androidの会で実施された勉強会でAndroidでW-SIMを動かすという試みがなされたようです。
同会は個人レベルのファンコミュニティというよりはプロ(企業や本職の開発者)の開発互助団体的なものだと感じていますが、文字通り勉強会での発表は研究発表の性格が強いと思います。
当該項目の発表者は株式会社アックスの方。
この会社は組み込みLinuxの開発会社ですが、一部のザウルスマニアにはzxLinuxに関係ある会社として覚えられているかも知れません。

ざっと資料を見た感じでは、実装自体はそんなに困難を伴うということもないのかなと。
シャープあたりが本気を出したらAndroid搭載のウィルコム端末が簡単に出てきそうな感じがします。

スマート一括?

最近スマート一括という購入方法の話を聞きますが、実態がよくわかっていなかったりします。
スパボ一括と何が違うねん?

今日、定例の打ち合わせから帰る途中に某ソフトバンクショップの店頭にポスターが掲示されているのを見つけました。

20090127026.jpg

こういうポスターがあるということは、恐らく店舗が独自に展開している施策ではなくソフトバンクモバイルとしてやっている施策ですよね、多分。
ポスターの文言だと型落ちの機種を本体0円にして通信料とユニバーサルサービス料だけかかるって事なのだろうか。
時間がなかったので店員さんに確認はしてませんが、なんか細かい縛りがいろいろありそうだなぁ。

mixiのトップページを見ていたら……

ふと気が付くと、mixiのトップページが動いているので見ていたのですが……

mixi001.jpg

こうきて……

mixi002.jpg

こうきたら……

持っている棒でめった打ちという危ない展開を思い浮かべてしまいました(爆)
もちろんそんな危ない内容をトップページに載せるわけはないのですが。
(持っているのは棒じゃなくてメイク道具らしい)

……いかんなぁ、荒んでるなぁ(笑)

ノキアジャパン、社長交代

ノキア・ジャパンは、同社代表取締役社長に2008年12月31日付けでマウリ・ウコンマーンアホ(Mauri Ukonmaanaho)氏が就任したと発表しました。
ウコンマーンアホ氏は2008年より東京R&Dセンターのディレクターを担当しており、社長とディレクターを兼務することになるそうです。

人の名前を笑うのは良くないことだとはわかっていますが、凄いファミリーネームですねぇ。

総務省、3.9G用周波数を最大4事業者に割り当て

総務省は1月23日、LTE(Long Term Evolution)など、3.9Gと呼ばれるHSPAの次の世代の通信技術を導入するための、周波数割り当てや技術方式の方針「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針案等」を発表しました。
2月23日までの間、意見を募集しているそうです。

総務省が発表した指針案では、1.5GHz帯の1475.9MHz~1510.9MHzの35MHzと、1.7GHz帯の 1844.9MHz~1854.9MHzの10MHzを、新規参入・既存事業者を問わず最大4つの事業者に、10MHzまたは15MHzを割り当てることとなっています。
なお1.5GHz帯については基本10MHzずつ割り当てですが、1495.9MHz~1510.9MHzのみ15MHzの割り当てとなっている理由は、1503.35MHz~1510.9MHzを使用しているデジタルMCAの使用期限が2014年3月末までとなっており、東名阪地域など一部で使用できない地域があるためです。
4つの事業者に割り当てられることがほぼ確定したため、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルの4事業者への割り当てとなる可能性が高いと見られています。

このほか、アイピーモバイルが総務省に返上した2010MHzから2025MHzの2GHz帯の15MHz幅についても、TD-CDMAとTD-SCDMAに加え、モバイルWiMAX、 IEEE802.20 625k-MC、次世代PHS、UMB-TDD、LTE-TDDの5方式の無線局を対象として、新規参入・既存事業者を問わず1者に割り当てる方針を示しました。
ようやくアイピーモバイル跡地の取り扱いについて言及しましたか。
そういえば1.7GHz帯の割り当て分って、ひょっとしてBBモバイルが返上した跡地なのかな?
恐らく1.5/1.7GHz帯もアイピーモバイル跡地も既存事業者に割り当てられてしまうのでしょうが、ここに新規参入が来たら面白いと思いませんか?例えば中国移動とかT-Mobileとか3のような海外の事業者が参入するとか。

50,000アクセス突破の御礼

先ほど気が付いたら、カウンターの50,000アクセスを突破していることに気が付きました。
アメブロ時代がありますんで実質的には少し前に達成していたと思いますが、数多くの方に閲覧いただきましたおかげで達成できた数字だと思います。
本当にありがとうございます。

現在ユニークアクセスで平均300弱、トータルアクセスで平均500というところなので、これをもう少し伸ばしていきたいところです。
100,000アクセス達成のお礼が出来るのはまた2年くらいかかるかな。

兎にも角にも今後ともよろしくお願いします。

【S.D.T.Q.】プレオフ会実施レポート

今日はスマートデバイストーキング九州(S.D.T.Q.)のプレオフ会でした。

昨夜からの雪で道が混んでいて、危うく遅刻するところでした。
集合時間前に事前に遅れる旨連絡を頂いていた方は集まり、飛び入り参加の方はいらっしゃらないようでしたので早速移動(すいません、凄く寒かったのでゆっくり待つ余裕がありませんでした)
当初予定していたお店ではなく、手近なところで新天町内の喫茶店に行くことにしました。

席に落ち着いたら端末並べ。
いつものごとく私が大量に持っていくので、人数よりも異常に多い数の端末がテーブルの上に並びます。
今回はSony Ericsson P1iが初めてオフ会に登場。
UIQ3の端末を持って参加される方は初めてだったので、これまでひとりだけUIQを持って行っていた私としては非常に嬉しかったです。

DSCF0103.jpg

この光景を見て、たまたま隣の席にいた某テレビ局の方が興味を持って声をかけて下さいました。
何かご縁がありましたときはよろしくお願いします。

いつものように端末についての他、サービスについて、その他様々なことについて幅広く話をすることが出来ました。
2月に第1回オフ会をやりますが、時々こういうお茶会をやるのもいいですね。

参加された皆様、非常に寒い中お疲れさまでした。
またご都合が合いますときはどうぞよろしくお願いします。

【S.D.T.Q.】プレオフ会最終案内

スマートデバイストーキング九州(S.D.T.Q.)プレオフ会について最終案内です。
事前の参加表明については締め切りました。
本日14時、事前に告知しております集合場所にてお待ちしております。
飛び入り参加の方は集合時間に遅れないようにお願いします。

GmailをMail for Exchangeに転送しますので、緊急連絡はGmail宛にお願いします。
携帯電話のメールアドレスで連絡を取られる方は、Gmailまたはmail2web.comのメールアドレスを受信できるよう設定をお願いします。

それでは、参加される皆さんどうぞよろしくお願いします。

【S.D.T.Q.】1月プレオフ会開催のお知らせ

福岡で2月からオフ会(飲み会)を企画しますが、それに先立ち1月24日の昼に天神でお茶会ミニオフをやります。

参加できる方はできれば22日までにブログ右側のメールフォームより参加表明をお願いいたします。
ギリギリまで予定が確定しない方もいらっしゃるかと思いますので、当日飛び入りも歓迎します。

詳細は長くなるので追記にて。

【追記】当日集合場所を掲載しました。

オバマ大統領、BlackBerryを死守する

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/23/news050.html
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090123/amr0901230952009-n1.htm

オバマ大統領のスマートフォン問題はとりあえず解決した模様です。
どうやら大統領専用にセキュリティを強化したBlackBerryを使用しつつ、利用を制限するという方向で使えるようになったみたい。
大統領専用BlackBerry=Barack Berry……バラックベリー!?

HTC、新型のTouch Cruiseを発表

HTCが新型のTouch Cruiseを発表したそうです。

touchcruise.jpg

Key HTC Touch Cruise Specifications

Size: 102 x 53.5 x 14.5mm

Weight: 103 grams

Connectivity: WCDMA/HSPA: 900/2100MHz. HSDPA 7.2 Mbps

Operating system: Windows Mobile® 6.1 Professional

Display: 2.8-inch TFT-LCD touch-sensitive screen with QVGA resolution

Control panel: HTC TouchFLO™, 4-Way navigation wheel with Enter and HTC Footprints™ buttons

Camera: 3.2 MP, with fixed focus

Internal memory: 512 MB flash ROM, 256 MB RAM

Expansion Slot: microSD™ memory card (SD 2.0 compatible)

Bluetooth: 2.0 with EDR

Wireless: Wi-Fi 802.11b/g

GPS: GPS/A-GPS

Interface: HTC ExtUSB (mini-USB 2.0 and audio jack in one)

Battery: 1100 mAh

Talk time: GSM: up to 400 minutes

Standby time: GSM: up to two weeks

Chipset: Qualcomm® MSM7225™, 528 MHz


デザインはO2 XDA Orbit IIの発展型っぽいですね。
サイズ的にはTouch Diamondとあまり変わらないくらいでしょうか。

ちょっと興味をそそる端末です。

Touch Diamondに多少興味が……

最近Touch Diamondに少し興味があったりします。
X04HTをショップの店頭で何度か触ったのですが、Touch FLO 3Dの操作性の悪さはムカつくのですが、サイズはちょうどいい感じ。
Touch FLO 3Dはあんな小さな画面ではなくて、せめてX01HTくらいの画面サイズはないと実用上は辛い気がします。
Touch FLO 3Dをオフにしたらちょっと魅力的ですね。
無問題で売ってる赤とか青のバッテリーカバーに交換して使ってみたいです。

さすがにソフトバンクは機種変連発したばかりなのでもうしばらくは買いませんが、ちょっとだけドコモのHT-02Aに機種変する事は考えてしまいました。
iモードが使えなくなるとか、mopera Uにしたらコストアップになるとか、そういうことを考えたら一気に萎えましたが。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。