2008年01月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2008/01/31 NM705i発表会
  3. 2008/01/31 充電用変換アダプタ・ノキア用(RBJADN2)
  4. 2008/01/31 トンネル協会
  5. 2008/01/30 X02NK?N95?N95 8GB?
  6. 2008/01/29 ドコモの端末開発はグローバルにシフト?
  7. 2008/01/29 ドコモ新販売方式は一年未満も機種変できる
  8. 2008/01/29 画面広いなぁ
  9. 2008/01/28 Softbank X02NK/Nokia N95キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
  10. 2008/01/28 ソフトバンク、春商戦向け端末を発表!
  11. 2008/01/28 au、春商戦向け端末を発表
  12. 2008/01/28 M-FEPって……
  13. 2008/01/25 705NK 1号機の謎
  14. 2008/01/25 自爆!!
  15. 2008/01/25 そろそろ次回の告知を
  16. 2008/01/25 E90でのMMS受信で悪あがき
  17. 2008/01/24 Googleサービスがiモード対応?
  18. 2008/01/24 ソフトバンク、3Gプリペイドサービスを2月4日開始
  19. 2008/01/24 最近携行する端末
  20. 2008/01/23 NM705iの紹介記事
  21. 2008/01/23 日本通信、FOMA端末で「.mac」が使えるサービス
  22. 2008/01/23 ソフトバンクの不感エリア
  23. 2008/01/22 恐怖のサブプライムショック
  24. 2008/01/22 ディズニー・モバイル、3月1日サービス開始(追記あり)
  25. 2008/01/21 ウィルコム、春商戦向け端末を発表
  26. 2008/01/20 イー・モバイルの音声端末は?
  27. 2008/01/20 やけどしたー!
  28. 2008/01/18 E90でのMMS受信再検証とYaPN
  29. 2008/01/18 E90での日本語表示およびMMS送受信成功?(追記あり)
  30. 2008/01/17 ソフトバンクとJTBがレンタル用携帯電話を開発
  31. 2008/01/16 ついにNokia E90キター!!!
PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NM705i発表会

NM705iの発表会が2月6日に東京ミッドタウンで行われるそうです。

てか平日かよ。行けねえよ。


お近くの方は楽しんできて下さい。


スポンサーサイト

充電用変換アダプタ・ノキア用(RBJADN2)

山根さんのブログま~さんのブログ に載っているんですが、FOMAやソフトバンク3Gの充電コネクタをノキアの充電プラグに変換するアダプタがあるのだそうです。

なんせ海外製の端末を使っていて困るのがACアダプタの確保。

今でこそ複数の端末を買ったせいでACアダプタを余らせていますが、1つしか持ってないときは本当に困りました。

今では自宅以外に会社の引き出しの中と車の小物入れの中にノキアのACアダプタを入れています。

ちなみに会社にはソニエリのアダプタも置いてあります(笑)

以前は鞄の中にも1コ入れてましたが、仕事の時と寄合の時しか鞄を持ち歩くことはないので最近は入れてません。


このアダプタがあれば緊急時に乾電池充電器に使えるんで、1コ欲しいなぁ。

ヨドバシ博多で売ってるかな?


トンネル協会

知ってる人は知っている、知らない人は知らない話。

高速道路や地下鉄や地下道といった、いわゆるトンネル内の通信環境の整備などを目的とした社団法人があります。

俗にトンネル協会と呼んでいましたが、正式には社団法人道路トンネル情報通信基盤整備協会というのだとか。

しかも更に正式には昨年名前が変わったらしく、社団法人移動通信基盤整備協会になったそうです。

協会の役員はすべて通信事業者や通建業界の偉いさん。

イー・モバイルの偉いさんが役員になってるのは知らなかった。

アイピーモバイルが会員になっていたのにはかなりビックリした。(さすがにもう退会してるだろうが)


ちなみにこの協会の所在地はドコモ中央本社(山王パークタワー)のすぐ近所。

現会長はドコモ中央のネットワーク企画部長、現役員のうち通建業界出身の役員はドコモ事業部の事業部長というのが面白い。

これを見るだけドコモがどれだけ力を持っているかってのがわかりますねぇ。


地下鉄の天井についてるアンテナモジュールを見ると、たまに「トンネル協会」と書いてあるテプラがはってありますよ。


X02NK?N95?N95 8GB?

多分これからN95を買おうとする人はこの3機種で迷うことになるでしょう。


X02NKは正規の日本語版ですから、ソフトバンクのメールが支障なく使えること、メニューが日本語化されていること、日本語入力ができることというメリットがあります。

デメリットとしてはSIMロックがかかっていること、値段が結構高くなる可能性があることでしょうか。

(6万円台で出て欲しいところだが、噂では8万円台になるという話もある)


N95とN95 8GBの比較は多いと思いますが、ディスプレイのサイズ差が0.2インチ、バッテリー容量の若干の違い、外部メモリ対応か否か、レンズカバーがあるか否か、外装交換が出来るか否か、これらが大きな違いかなと思います。

現在1shopmobileではN95が5万円台後半、N95 8GBが7万円台前半となっており、金額的にも迷うところです。


個人的には、せっかくのカメラレンズを傷つけたくないのでレンズカバーは必須、外装交換はともかく、外部メモリは結構重要です。

私はカメラで撮影した画像などのデータをPCに移す際、ストレージモードで直接データを抜き出すという方法を良く採ります。

705NKはこれでよいのですが、E90の場合日本語フォントをメモリーカードに入れなければいけないので、ストレージモードが使えなくなります。

日本語化した後にファイル構成をいじくろうとする場合、メモリーカードを抜いてカードリーダーで読んだ方が早いんですよね。

N95であればこれが出来るんですが、外部メモリのないN95 8GBではこれが出来ないわけです。

また、ファームウェア次第ではあるものの外部メモリが使えるのであれば8GB以上のSDカードを使える可能性があるわけで、容量上は8GB超えは可能かと思われます。

そんなわけでN95 8GBには正直あまり食指が動かないんですが(黒のボディには惹かれるけど)、N95のSIMフリー版に突撃するか、X02NKを大人しく待つかではかなり迷っているというのが真実です。


ドコモの端末開発はグローバルにシフト?

NTTドコモの決算発表の席上、中村社長プラットフォーム戦略について発言をされたようです。


これまでキャリア主導で行ってきた端末開発について、「世界に通用するものがベースにあって、その上にiモードが載るという形のプラットフォームに変えていくことが必要」、「少し時間はかかるが、設計思想を変えていかなければならない」との発言をされたそうです。


即座に変わるものではなくこれから数年を要する話ではあるでしょうが、期待は出来る話です。

すでにGoogleのAndroidやACCESSのALPの採用検討を行っているわけですが、どうせならついでにS60の積極採用もお願いします。


ドコモ新販売方式は一年未満も機種変できる

以前から疑問に感じていたドコモ新販売方式についてのポイントがありました。
前回機種変後12ヶ月未満の販売金額が載っているが、実際は買えるのかと。

今日確認してみたところ、機種変後12ヶ月未満でも新方式での端末購入ができるとのこと。
ただし頭金がかなり割高になります。
また、新方式で購入後、割賦満了前に機種変すると前回の割賦と新しい割賦の二重返済になるとのこと。

これでNM705iの購入に障害はなくなりました。


そういえば、M1000の販売がそろそろ終了する模様です。
近いうちに流通在庫のみになると思われます。

画面広いなぁ

今日から当面の間、空き時間のWebチェックをE90で行うことにしました。
先日Opera miniでテストを行った際、テンキー側のディスプレイで起動した後に開いてメインディスプレイに切り替えるとレイアウトが崩れる事象を発見。
しかし最初からメインディスプレイ側で起動したらちゃんと表示されました。

日本語フォントはE61のものを使ってますが、思った以上に見やすい。
またE90の大画面は一度体験したら戻れませんね。

E90スクリーンショット




昨日のソフトバンク発表会での孫社長のコメントが掲載されていましたが、相変わらず自社の優位性を語るときには先に他社をこき下ろしますね。
そういう物の言い方が反感を買ってるって気付くべきじゃないんかな。

それはそれとして、922SHを語る上でQWERTYキーボードは慣れたらテンキーより圧倒的に速いという点には同意するけど、あの端末を褒めちぎる様を見ると、どうしてもE90と比較したくなります。
実物を見ないと断言はできないけど、明らかに質感の低そうなあの写真を見るたび、E90を出した方がより目的に合致しているのではないかと思わざるを得ないのですが。
あの端末に例えば8万払うとしたら、E90を9万円程度で買ってる私としては、例え10万でもE90を選びます。
日本語MMSの受信に問題がなくなるなら1万くらいの価格差は許容します。
ノキアの端末は高いには高いなりの納得できる理由がありますから。


Softbank X02NK/Nokia N95キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

ついにこの日が……キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


今回のソフトバンクの春商戦向け端末発表で、ついにノキアの新機種が発表になりました。

X02NKことNokia N95、1年越しでようやく日本に登場です。

XシリーズということでY!ケータイには対応しませんが、この機種の登場を待ちかまえていた人は少なくないでしょう。

もちろん私も手ぐすね引いて待ってましたよ。


X02NK

しかし今回、思いがけないサプライズが。

どうせN95を出すなら海外で登場済みのディーププラム、ライトサンド、レッドというカラーリングになるだろうと踏んでいましたが、日本で設定されるのはなんとレッド、ホワイト、ストームブルー!!


X02NKレッド   X02NKホワイト

X02NKストームブルー



ストームブルーはうちの705NK(2号機)で見ていますが、なかなかオトナのカラーリングです。

これは705NKの後継機はX02NKのストームブルーにせよという啓示でしょうか。

てかこのカラーリング展開だけでも物欲が臨界点突破ですよ!!


X02NK


嬉しいのはテンキーパッド。

Y!ケータイに対応していないからというのもあるでしょうが、0キーにY!マークの刻印はなく、ノキアおなじみの水色のネットワークマークになってます。


GPSは国内ではNAVITIME、国外ではNokia Mapsでナビ機能を提供。

撮った写真をFlickerやVOXにワンクリックアップする機能はN73でも提供されてましたが、X02NKにもmixiやブログにワンクリックアップできるシェアオンラインという機能が搭載されます。


かなり(・∀・)ニヤニヤしながら発売予定を見ると……4月下旬……おいおい、実質連休突入じゃねえか orz

この膨らみきった物欲の始末をどう付けてくれるんだ!!

てか実質5月となると、うちのSBM第1回線のスパボ返済完了が8月に控えてるんで、そこまで物欲を抑え込んで我慢するか、数ヶ月の過出費を我慢して突撃してしまうか迷うところです。


いや、それ以前にこんなに「おあずけ」されると、SIMフリーのN95に突撃しそうなんですけど……



しかし今回は敢えて言おう。

グッジョブ、ノキアジャパン!! グッジョブ、ソフトバンクモバイル!!



「まるごとX02NK」の刊行も期待。
あ、来週モバイルプレスEXの最新号買わなきゃ。……てかブリグリと木山裕策の新曲も買わなきゃなのに。


ソフトバンク、春商戦向け端末を発表!

auだけではなく、ソフトバンクも春商戦向け端末を発表しました。

今回の発表では我々が注目の発表もありましたが、それは別記事にさせてもらいます。


今回はXシリーズとして、X02NKとX03HTが発表。

X03HTはHTC S730のようですが、このレッドはなかなかいい感じです。


X03HT


一般端末で注目なのはインターネットマシン 922SH。

実はこの形状の端末が登場するらしいという話は不確定情報が多いながら掴んでいました。

しかしここまで思い切った設計になるとは予想外です。

テンキーを廃してQWERTYキーボードのみにするとは。まさにインターネットマシンですね。

何となくE90の劣化コピーっぽくも感じてしまいますけど……


922SH   922SH


また以前ニュースとして流れていた株ケータイが920SHベースで登場(920SH YK)するとか、今回発表された823SH(しかし中身は冬モデルの820/821SHと同一)をベースに1000万円するティファニーケータイを出すとか……

てかティファニーケータイ限定10台のうち1台は上戸彩への譲渡が決まっているそうな。

あんなちんちくりんに1000万!?

ドコモP905iクローンの920Pも発表されています。

しかし相変わらずソフトバンクの一般機種は既存機の使い回しが多いですね。


新機種発表の他、ケータイからPOP/SMTPメールを読める「PCメール」サービスを対応端末の発表に合わせ3月から開始します。

ノキア端末を使っている我々からすると目新しいサービスではないしある意味「今更」なんですが、多分定額通信でできるんだろうなぁ。


まぁなかなか面白いラインナップです。


au、春商戦向け端末を発表

かねてからの予告通り、auの春商戦向け端末を発表しました。

また、冬端末で投入が遅れていたハイエンド端末3種の発売が2月1日に決まったようです。


正直なところ、興味を引く端末は少ないですが、背面ディスプレイに電子ペーパーを採用したW61Hと初のGSM対応端末W62Sあたりは注目してもいいかな?

W62Sはフロントパネルにジュラルミンを使ってるってのはちょっといいですね。


auはこれでようやく「反攻」のためのタマが手に入ったわけですが、どうなるかは今後の動向次第ですね。

今回新規発表したKCP+端末がコケなきゃいいんですけど。


M-FEPって……

先日気がついたんですが、6120 classicでOpera miniを使っているとM-FEPが有効になりません。
以前どっかで使えると読んだ気がするのですが、ネイティブアプリでは使えるけどMIDPでは使えないのではなかったかと記憶がかなり曖昧になってます。

ついでなんで一度アンインストールして現在の最新版に入れ替えることにしました。

Symbian signedがリニューアルして開発者認証の有効期限が半年から三年に大幅に延長されました。
しかし取得プロセスは変わらないみたいです。
取得したら有効期限は2011年になっていました。

早速sisファイルに付与してインストール。
しかしやはりOpera miniでは使えない模様。

まぁ緊急を要することじゃないからほっといても問題ではないかな。

こりゃ+J FOR S60は半ば必須になってきました。

705NK 1号機の謎

705NKの1号機(現在T-Mobileロゴ入りのモカ外装になっている)ですが、以前にも書いたと思いますが、ガワを換えて以来一部のSIMしか認識しなくなってしまいました。


昨晩母親に持たせている911SHからSIMを抜いて1号機に入れてみたところ、やはり認識しませんでした。


そこで認識するSIMとしないSIMの違いを比べることにしました。


SIM比べ


写真は下から私が所有するSBM第1、第2、第3回線のUSIMカードです(第1と第2は逆かも)

ちなみに昨晩借用した母親のSIMは銀SIM(オペレータ表示はSoftbank)ですが、私の第1、第2回線と同じ形状の端子でした。

この4枚のSIMの中で認識するのは第3回線のSIMのみ。

つまるところ端子の形状の問題ですね。


第1、第2回線と母親のSIMは比較的近い時期(ボーダフォン→SBMの前後)に購入していますが、第3回線だけはかなり時期が離れているので、カード納入ベンダーが変わったってことなんでしょうか。


今後回線を増やすにせよ、SIMの端子を気にしなくてはならんかなぁ。






全くの余談ですが、E90のBP-4Lの裏面を初めて見ました。

日本語で注意書きが書いてある(笑)


BP-4Lの裏側

自爆!!

今日帰宅したら、FedExからの関税等請求書とソフトバンクの請求書が届いていました。


まずFedExの請求額は3200円。

内訳は消費税と地方消費税あわせて2700円、特別手数料が500円。

手数料たっけぇなぁ!!


ソフトバンクの請求書を見ると、異様に請求額が高い。

値段を跳ね上げているのが第2回線。……パケット高っ!!しかも割引されてねえ!!

原因はわかります。6120 classicでOpera使ってPCサイトばかり見てたから。

よくよく調べてみると、パケットし放題に入ってねぇ。

更に調べると、昨年回線契約を見直したときに外したのをすっかり忘れていました。orz

しかし請求内訳はアクセスINTではなくウェブと記載されていることから、通信自体はパケットし放題の定額対象にはなることが確認できます。

パケットし放題の再加入適用は来月11日からなので、今月分の請求までは高いんだろうなぁ。

まぁとりあえず検証すべきところはできたのでよしとします。高い代償だったけど。


そろそろ次回の告知を

そろそろ2月も迫ってきたので、第4回福岡スマートフォン寄合の告知と参加者募集を開始しようと思っています。

開催日は基本的には三連休の頭に設定することにしてるんで、次回もそれに則って2月9日(土)にする予定。

興味のある方、是非ご検討ください。

E90でのMMS受信で悪あがき

先日MMSの受信が失敗することが判明したE90ですが、その後ゆっくりと検証する時間が取れませんでした。

今日ようやく余裕が出来たので再検証を実施。

まとめると以下の通りとなります。


 SMS  問題なく送受信可能

 MMS(受信通知不要な短文)  問題なく送受信可能

 MMS(受信通知が必要な文章)  受信すると文字化け。送信は問題なし。

 MMS(画像を添付)  画像を開けない


この結果はマシュマロマンさんの報告 とも一致します。

この結果から、MMS受信固有の問題があることが窺われます。

当初は文字化けだけという認識でしたので文字コードのエンコードの問題と考えましたが、添付ファイルが壊されるということで受信の相性が悪いという根元的な問題である可能性に発展してきました。


予備検証として、6120 classicにも同じ文章と添付ファイルを送信したところ、こちらはまったく問題なく受信できているため、私の環境ではE90固有の問題であると切り分けました。

(注:E61は以前MMS試験を実施した時正常に送受できることを確認済みのため今回は検証から除外)

以前聞いたN73のSIMフリー版で文字化けするという問題は今回の事例と近いのかも知れません。


とりあえず文字コードのエンコードという可能性を潰すべく、以前から考えていた方法を試すことにしました。

それは、E61のResourceフォルダ内にあるCharconvフォルダから日本語文字コードのファイルを抜き出し、E90に移植すること。

結論から言うとこの方法で文字化けを回避することは出来ません。

まぁこんなことで回避できるんなら、ソフトウェア開発の猛者である諸氏がCharconvプラグインの開発で苦心することはありませんわな。


さて、いよいよ受信の相性という解決に苦労しそうな原因である可能性大です。

おまけにマシュマロマンさんの報告ではYaPNでこの不具合が解決するとのこと。

なぜYaPNというソフトウェアを噛ますだけでこの不具合が解決するのか、理屈がわからんので原因の調査のしようがありません。


四の五の言わずYaPNに転んでしまえばよさそうなものですが、なんかこう気乗りしないのですよ。

たかだかMMSのためだけに英語のページを読み、Pythonをインストールし、必要なファイルに開発者認証をぶち込み、設定ファイルを書き…………


正直、めんどくせえ!!


前にも書きましたが、重要なメールは705NKやドコモ端末でやりとりするんで、それほどの手間をかけてまで敢えてE90でやる理由もないんですよね(;´Д`)ノ

出来なきゃ出来ないでいいし、とりあえずSMSは問題なくやりとりできますからね。

ぶっちゃけ、ソフトウェアの信頼性に対してもデータが足りないと思うのです。

よっぽどせっぱ詰まるまではとりあえずいいや、ってのが偽らざる感想です。

+J FOR S60が出てから検証しても遅くはないかなと。



ええ。自分でも思います。ひねくれ者だと(笑)


Googleサービスがiモード対応?

ドコモとGoogleは検索サービスの連携強化をはじめとする広範な業務提携を発表しました。

検索機能の強化のほか、今後の端末にGoogle Map専用アプリケーションの搭載、フルブラウザ搭載端末でフルブラウザのスタートページをGoogleに設定、GmailやYouTubeなどのiモード対応が発表されています。

注目なのはAndroidをドコモ向けに商用化することを含めた検討を行うということ。


便利になるぶんには歓迎です。

ソフトバンク、3Gプリペイドサービスを2月4日開始

ソフトバンクの3Gプリペイドサービス「プリモバイル」が2月4日から開始されるそうです。

プリペイドカードは従来の2Gプリペイドと共通、リチャージ方法も従来と共通とのこと。

また月額300円(プリペイド残高から自動引き落とし)でメールし放題になるそうです。


対応端末として、705Pxを用意。
プリペイド用SIMとセットで販売するそうです。
よりにもよって705Pかよ……
恐らく、以前ポストペイド用に発売している705Pxと仕様上の変更はないと思われます。
不人気端末の在庫処分ってバレバレですやん。
多分ポストペイド用の従来端末でプリペイドSIMは使えると思いますが。

端末込みの販売価格によりますが契約してみようかな。


【追記(書き直し版)】

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/38138.html
通話料金が音声通話で6秒ごとに9円ってのは結構高い気がする。

やはりポストペイドの方が得になるようになってるってことでしょうか。

ホワイトプランではないのでSBMの回線にかけても料金がかかるというのはわかりますが、逆にポストペイドのホワイトプラン回線からプリペイドにかけた場合はちゃんと無料になるんでしょうかね?


Yahoo!ケータイや国際ローミング、留守番電話サービスなどの各種オプションサービスは利用不可というのは軽くショックです。

まぁプリペイドだから仕方ないと言えば仕方ないのですが。

ちなみにY!ボタンを押したらメアドの変更や迷惑メール設定の画面に飛ぶそうです。

まぁMMSが使えるだけマシってもんなのかなぁ。

料金体系などを見ると明らかに待ち受けメインのメール端末としての運用を想定してるように見えるし。


プリペイドSIMの単体販売はやるそうです。つまりプリモバイル端末以外でも使えるってことですね。

まぁあんなクソ評判の悪い端末を買う気にはならないので、ありがたい話です。

欲を言えば、SBMプリペイドSIMでローミング出来ないなら海外のプリペイドSIMを使えるようにSIMフリー端末を出して欲しかった(欲張りすぎ)

実はこのサービス、我々のような複数端末所持者にとってうれしいサービスになるのではないかと期待しています。
いかんせん複数回線を持つのは限界がありますし、ポストペイドだと結構無駄なコストがかかってしまいます。
プリペイドSIMを使いたいなら海外のプリペイドSIMを使う手もありますが、これはこれで国内では入手経路が限られることやアクティベーションやチャージというハードルがあったり、国内で使うにはローミング料金がかかるというデメリットがあります。
そのためこれまで起動にSIM必須の端末は解約済みのダミーSIMを入れるかポストペイドの契約をすることが大半でした。
今回のサービスはそこらへんの融通をする手段として有効ではないでしょうか。

最近携行する端末

普段から多数の端末を持ち歩いている私ですが、最近少し整理しました。

以前はカバンにソニエリ端末3つを入れていましたが、最近になってこれをカバンから追い出しました。
今は上着を着ているのでそのポケットとシャツのポケットに端末(D903i、705NK、6120c、E90)を入れていますが、とりあえずカバンのスペースが空いたので、しばらく入れるのをやめていたドコモ端末の予備を入れることにしました。
さしあたり、D903iTVとNM850iGを入れましたが、気が向いたら休眠してるドコモ端末群を日替わりで入れるかもしれません。

来月NM705iへの更新を完了したらまた見直そうと思ってます。
多分そのときは完全にノキアしか持ち歩かなくなるでしょう。
あ、業務用のSO903iがあるか。


NM850iGを再び起こすにあたってバッテリーパックの確認をしたところ、もともと生きているのを確認している2つのほかにもう1つ生きているのを確認しました。
それでも2つ死んでるんだけど。
起動して少しいじっていましたが、S60 3rdの操作に慣れてしまっているので2ndに僅かに戸惑ってしまいました。
(NM850iGはメニュー構成が若干特殊ではあるものの)基本は何も変わらないはずなんですが。

何となく、またドコモ回線を増やしたくなりましたが、欲しい端末ってNM705iの他にはあまりないんだよなぁ。

NM705iの紹介記事

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0801/23/news073.html


ITmediaにNM705iの紹介記事が掲載されているようです。


「ただ、ワンセグやおサイフケータイ、フルブラウザ、2in1、HSDPA、iチャネルなどのサービスに非対応なのは残念なところ。今後の対応に期待したい。」


……フルブラウザとHSDPAはともかく、他の機能はノキア端末には不要ですよ。

全体的に国内端末基準の記事で少し食傷気味ですが。


しかしNM705iってmenu+0で自局番号が出るのですね。

ノキアオリジナルだと一度SIM電話帳に移ってからじゃないと自局番号を参照できないので、国産端末に慣れている人だとこっちの方が便利かも。


それ以外は日本語化されている以外は6120cと大差ない感じです。


ところでITmediaの記事って6120cと6121cの違いをいまいち理解していない感じを受けます。

両者の違いは主に本体色の展開数とW-CDMAの対応帯域です。

どっちもHSDPAには対応してるんですが。

両者とも2100MHz帯には対応していますが、前者が北米バンドの850MHz帯に対応するのに対して後者が豪州/欧州バンドの900MHz帯に対応します。

ドコモの800MHz帯は850MHz帯とは別バンドとみなされてはいますが、実際の帯域は850MHz帯に内包されるものなので、NM705iのベース機種は6120cと見る方が適切だと思うのですけど。

実際6120cがFOMAプラスエリアの電波を拾って通信できるという話も聞いてますので。


さて、2月発売とされていますが、何日に登場するのでしょうか。


日本通信、FOMA端末で「.mac」が使えるサービス

日本通信は、ドコモFOMA端末でiモードメールの代わりにアップルの.macメールサービスを利用できるサービスの提供を2月1日から開始するそうです。

ネットワークの接続先をiモードセンターから日本通信のアクセスポイントに変更することで利用できるそうで、このサービスだけを利用するのであればiモード契約が不要だそうです。

ちなみにこのアクセスポイントに設定している状態でiMenuボタンを押すとモバイルgooに繋がるそうです。

現状ではiモード以外でのパケット接続は定額対象外ですが、定額オプション適用の目途は立っている模様。


年額4800円、月に直すと400円、値段も微妙だし、iモードとのトレードオフというのはちょっと不便ですね。

サービスに関する説明を読んでいると、Gmailの方が便利な気も……


http://www.keitai-pc.com/index.html


ソフトバンクの不感エリア

以前からソフトバンクは都市部でも屋内エリアの一部に不感エリアがあるのが気になっています。
今朝は出張のため博多駅にいますが、博多駅構内にも不感エリアがあるようです。
ノキア端末でさえ電波を拾えないので、完全な空白地帯なのでしょう。
博多駅は現在駅舎の改築工事をやっているのでその影響はあるのかもしれませんが。
ソフトバンクにはもう少し頑張ってもらいたいです。

しかしそう考えるとドコモのIMCSは強いですね。

恐怖のサブプライムショック

E90を買ったとき、サブプライムショック万歳などと不謹慎なことを書いた罰が当たったのでしょうか。

サブプライムショックが猛威を振るいすぎ、世界同時株安の恐怖が駆けめぐっている今日この頃。


E90購入から1週間、あれから更に進んだ円高と1shopmobileの値下げで、E90の値段が日本円換算で8万4千円台にまで下落しています。

……僅か1週間で5,000円の損失 orz ヽ(`Д´)ノウワアアン!!!!!


N82も値段が下がって5万5千円台、E51が3万3千円台、N95 8GBが7万1千円台。


多分今は高価な端末を買うチャンスです。

しかしまだまだ円高の進みそうな感じなので予断を許さない所でもあります。

でも春頃には日本の景気が後退するという観測もあるので、少々の円高リスクを背負ってでも今いってしまうのはある意味正解かもしれない。


最近は株をやっている人の一喜一憂する気持ちがわかりますねぇ……


ディズニー・モバイル、3月1日サービス開始(追記あり)

ウォルトディズニー・ジャパンとソフトバンクモバイルが協業するディズニー・モバイルが3月1日にサービスを開始するそうです。

通信網はソフトバンクのものを利用するMVNOとなります。(ディズニー・モバイル側はSBMとの「協業」を強調していますが)
契約はウォルトディズニー・ジャパンと交わしますが、ソフトバンクのサービス一通り受けられるようです。
ただし公式コンテンツのディズニー関連のものは追加料金不要とのこと。
メールアドレスは「*****@disney.ne.jp」になるそうです。

料金プランはホワイトプランのみ、これにオプションを適宜追加します。

SBM、ディズニー・モバイル間の家族割引の設定ができるため、ホワイト家族24も適用可能。

他社からディズニー・モバイルに乗り換える際はMNPを使いますが、SBMから乗り換える場合もMNPによって乗り換えを行わなくてはならないとのこと。

サービス自体はSBMのものを使うわけですから、何とも境界線のわかりにくいところ。


端末は820SHベースでパネルなどを変更したDM001SHを販売するとのこと。
一機種とは何とも寂しく感じますが、短期間で準備するならこんなもんでしょうか。
販売はソフトバンクショップ、家電量販店のほか、オンラインショップで行われ、端末購入時は新スーパーボーナスが適用されます。

DM001SH


予想以上にソフトバンク色の強いサービス展開になりそうです。
どれだけ契約をのばすのやら。
本国のようにサービス廃止にならないことを期待したいところです。


個人的にはスマートフォン(ノキア製端末を含め)の登場は期待できませんし、ディズニーが好きなわけでもないので、SBMとこれほど「違わない」キャリアに乗り換えようという気持ちは起きません。

強いて言うなら、ディズニー・モバイルのSIMのデザインがどうなるかとか、SIMフリー端末やSBM端末にディズニー・モバイルのSIMを入れたらどうなるかとか、オペレータ表示はどうなるのかなどの興味はありますけど。


ウィルコム、春商戦向け端末を発表

ウィルコムは春商戦向け新モデルを6機種と、新サービス「デコラティブメール」を発表しました。

……てか、またデコメか。HTMLメールはうざいんじゃ!!


新モデルのうち1機種は既存機WX321JにW-VPN機能を追加した法人専用モデルとなるため、一般向けは5機種となります。

うち1機種はデータ通信カード。

9のマイナーバージョンアップ機もあるので、通話端末の新機種は3機種ですね。


強いて注目の端末を上げるとすると、やはりX PLATEでしょう。

中国PHS(小霊通)のPIMカードを利用できるという初の試みがなされています。

間違いなく北京オリンピック対策ですね。

しかし小霊通って、都市ごとに番号が違っていて相互利用が出来ず、いちいち差し替えなきゃいけなかったような。


W-SIM端末で魅力的な音声端末が出たら、ウィルコムを再契約してもよかったのですけど、9+はいまいちピンときません。


イー・モバイルの音声端末は?

寝付いたのが朝方でしたが、昼頃起きたら痛みは引きました。
しかしまだ左手は突っ張って動かしにくいですが。


さて、イー・モバイルの音声サービス開始は3月に迫っていますが、まだ音声端末に関するアナウンスは出されていません。
どのような端末が出てくるのでしょう。

考えられるシナリオとしては海外メーカー製端末で数をそろえる、データ端末で関係のある国内メーカーに開発させるという2つが有力とされています。
海外メーカーについてはHTCがTyTN?で2GHz/1.7GHz/800MHz帯に対応させており、この端末の投入がほぼ確実視されています。(この端末はドコモhTc zの後継機としての投入もいまだに根強く言われています。多分HTCは両方に売り込んでいるのでしょう)
また、基地局装置を供給しているHuaweiが端末も供給する可能性は非常に高いでしょう。
海外メーカーに端末を供給してもらう上でのハードルはやはり1.7GHz帯を使っていること、そして第一世代端末はドコモとのローミングを考慮しなければならないことでしょう。
音声サービス開始当初の自網人口カバー率はおよそ六割、実用的にはドコモ網とのローミングは不可避な状態にあります。
最低でも2GHz帯とのデュアルバンド、場合によっては800MHz帯を含むトライバンド端末が必要でしょう。
まぁ、北米向けの850MHz帯に対応すれば800MHz帯はカバーできるので、その意味ではローミング対応自体は困難ではないと思いますが。

その意味では国内メーカーはある意味有利ではあります。
特にドコモ向けに端末供給を行っているメーカーはトライバンド機の開発実績があるからです。
既にEM・ONEを供給しているシャープの参入は確実と言われていますし、データ端末でグループ企業のNECインフロンティアが端末供給を行っていることからNECも可能性があると思われます。
逆に言うとこの2社以外は未知数です。


個人的に想定している最悪のシナリオとしては、ドコモ端末からiモード関連機能を省いた端末をそのまま出してしまうというもの。
さすがにこれは極めて可能性が低いとは思いますが、短期間でラインナップを充実させるにはある意味理にかなった方法ではあるのかなと思わないではありません。


また、音声端末を出すにあってはイー・モバイルの売りであるデータ通信用途との両立をどうするのかも注目です。

サービス面でも、現在イー・モバイルはキャリアメールアドレスの発行を行っていませんが、まったくメールが使えないのでは一般ユーザーの取り込みに苦労するのではないでしょうか。
現在行っていないSMSについてもどうなるのか、興味は尽きません。

イー・モバイルの音声サービス開始は非常に興味深いイベントです。

やけどしたー!

先週からガンダム00のオープニングが変わってますね。
ブリグリは基本的に嫌いなんですが、今回珍しくまともに聴けるぞ。


さて、夕食の用意をしていて両手に熱湯をひっかけてしまいました。
左手のダメージが大きく、普段左手で携帯電話を使うのでかなりの痛手。
冷やしているのと鎮痛剤のおかげで痛みはだいぶ落ち着いてきてはいますが、軟膏を両手に塗っているので手袋をしつつ、テーブルに携帯電話を置いて比較的使える右手でボタンを押しているのと、まだ冷やしながらでないと痛みはあるためここまで書くのに数十分を要しています。

てかこんな状態ではE90を触ることもできません。
無念。

E90でのMMS受信再検証とYaPN

前のエントリーも追記をしていますが、E90でのMMS受信に不備がありました。

MMS受信通知が不要な短文やSMSの受信は現状でも問題ないのですが、MMS受信通知が必要な長文になると、通知ではちゃんと表示されるのに、本文受信をすると文字化けするという問題が発覚。

今のところ解決手段が見つからないので、当面E90ではSMSのみでの運用にしたいと思っています。


この件も含めて仕事が終わってからマシュマロマンさんにお時間を頂いて情報交換プチオフを実施。

氏のE90はファームウェアを書き換えているとのことだったので興味があったのですが、どうやら現状のものはうちのと同じファームである模様。

(26)と書かれているファームだとSMSも文字化けしていたそうです。


さて、この席である画面を見せていただきました。(詳細は伏せます)

最近ノキアファン界隈で話題のYaPNを利用したものですが、なるほどこれは凄いと思いました。

ただYaPNで注目されているmmspの代替環境としての用途については、個人的にはあまり魅力を感じてはいません。

何故か。それは私が住んでいる地域的事情に起因します。

以前からこの話題になると触れることなのですが、関東方面ではこのブログでも紹介している設定を入れるだけでは正常にMMSを受信することは出来ません。

mmspやYaPNはそういった環境で威力を発揮するのでしょうが、九州の場合は今のところ設定を入れるだけで受信できてしまうので、特段必要とは感じないのです。

強いて言うなら時々送受信でコケるのを抑制する効果は期待できますが。

前述の文字化けを回避できるというのであれば導入しますが、そもそも文字化けの原因は端末そのものにありそうな気配なので、ちょっと問題が別だと思うのです。

もしYaPNを利用するだけで文字化けを回避できるのだとしたら、先行導入している端末でも文字化けを起こしているはずなのですが、今までそのような事例は経験していませんし。

しかしMMS用途ではなく、WAP用途で使うということだと、YaPNは絶大な威力を発揮するでしょう。


そもそも確実に受信できないと困るメールはドコモのiモードメールか705NKなどの純正端末で受けるようにしていて、海外端末ではコケてても別に困らない状況を作っているのですけどね。


とりあえず、しばし情勢を見守ります。


E90での日本語表示およびMMS送受信成功?(追記あり)

大分出張帰りで疲れていましたが、E90をいじりたい欲求は抑えられずやはり作業を実施してしまいました。



まず必要なのはE90で日本語の表示を可能にすること。

あちこちで日本語表示の手段は公開されていますのでこちらで詳細を書くのは端折りますが、hayashiさんのブログ記事
マシュマロマンさんのブログ記事
を参照させていただきました。

フォントはとりあえずE61の平成ゴシック体を使うことに。

フォントファイルをmicroSDに保存し再起動すると、フォントのデザインが変わりました。

英字フォントについてはオリジナルのフォントが好みだったのでちょっと残念ではありますが、日本語表示には代えられません。


早速SMSを送ってみると、全角かな・全角カナ・漢字の表示に成功。

半角カナを混ぜるのを忘れていましたが、まぁ大丈夫でしょう。


その後、以前E61にも設定したとおりMMSの設定を投入。(過去記事参照

早速ドコモからメールを送信……あっけなく成功。返信もコケることなく成功。

続いてソフトバンクでの実験となりますが、以前ソフトバンク同士だと番号宛は成功するがメールアドレス宛だとメールが行方不明になるという事例がありました。

この検証のため、今回わざと705NKからメールアドレス宛に送信。


……あっさり成功。こちらも返信はコケずに成功。

ちなみに日本語表示も問題無しです。


マシュマロマンさんの記事では日本語メールのエンコードがコケているようでそこが大きな懸念材料でしたが、うちの場合は回避できた模様です。(ひょっとしてメールとはE-mailのことですか?)


参考までにファームの情報を載せておきます。


V07.40.1.2

03-10-2007

RA-6

Nokia E90(27)



やばい、こんなにあっさり成功するのは想定外だ。

しかしE90、日本語入力さえ解決したら最強のメール端末になる気がしてなりません。

日本語環境はM-FEP60をとりあえず開発者認証付与でインストールするか、恐らくそろそろ何かしらのアクションがあると思われる+J FOR S60を待つか迷っている最中です。


WAPの設定入力までは終わらせているのですが、検証する時間がないので明日に回すことにします。



【追記】
うまくいったかに見えたMMS受信ですが、問題が発覚しました。
長文メールを受信すると、MMS受信通知ではちゃんと表示されるのですが、本文を受信するとタイトルは大丈夫なんですが、本文が文字化けしてしまいました。
ドコモ、ソフトバンク双方から送ったところ再現、同じ文面をSMSで送ると正常に読めるため、MMS固有の問題と思われます。
とりあえずSMSなら大丈夫というだけでも収穫ですが。


ソフトバンクとJTBがレンタル用携帯電話を開発

ソフトバンクとJTBは、JTBのツアー客への携帯電話レンタルサービス向けに「ルックJTBたびケータイ」を開発、4月1日から提供するそうです。

レンタル自体は無料ですが、通話料やパケット通信料は別途請求され、クレジットカードから引き落とされるそうです。


「ルックJTBたびケータイ」はソフトバンクの812SHをベースに、以下の海外旅行に便利な機能を搭載するそうです。

「べんり電話帳」として滞在地に対応するコールセンターの電話番号が登録されており、現地で旅行会社と簡単に連絡を取ることが可能。

現地コールセンターへの通話料のみ無料。

旅行先のガイド情報、写メールを簡単に送信できる機能、通貨換算機能、世界時計などの機能を搭載。

また災害など万が一の場合に備え、双方向性のメール配信システムで安否確認が行なえるようになっているそうです。


それにしても812SHはかなりカスタムベースにされてますね。

今回の物以前にもソフトバンクホークスケータイ、GENTケータイ、ベースのPANTONEケータイもある意味では実験的な試みだし。


しかしさっさと3Gプリペイドサービスを始めるなり、ノキア端末をそのまま貸し出した方が早い気がするのは私だけ?


ついにNokia E90キター!!!

思いがけないPCトラブルで記事を書くのが遅くなってしまいました。

もうそろそろ限界なのかなぁ……


帰宅してみると、テーブルの上に見慣れない大きな荷物。

このサイズの荷物といえば思い当たるのは一つ、1shopmobileから買ったアレしかありません。

案の定、包装はFedExのものでした。

袋を開けると、お目当ての物が出てきました。

発送は香港の協力会社から行われている模様ですが、1shopmobileというのは各地域の協力会社の注文をとりまとめている存在なのかも知れないですね。

しかし発注から2日、いくら何でも早くないかい? 確かに1営業日で発送するみたいなこと書いてあったが。

Expansysよりも圧倒的に速いですよ。


E90化粧箱


……ついにこれを手にする日が来てしまいました。

ノキアE90をとうとう買ってしまったのです。

円高バンザイ、サブプライムショックバンザイ(かなり不謹慎)

実際のところ10万円を切らなければとても買えませんでした。幸い購入時は9万円を切りましたが。

Palm Treo750は7万円台をウロウロしているのに未だ二の足を踏んでいるのとはエライ違いだと思います。


蓋を開けてみた


蓋を開けると、E90が姿を現しました。

DVD-ROMの下にはイヤホン、右側の箱の中には簡易レザーカバーが入っています。

端末の下にバッテリーパックとmicroSD、箱の下にはマニュアル類とケーブル類が入っていました。


microSDカバーがカッチョイイ


早速動作チェックの準備です。

バッテリーカバーを外すのに若干手間取りましたが、マグネシウム合金製のカバーを外し、下側のSIMスロットにM600iから抜いておいたソフトバンクの銀SIMを差し込みます。

microSDは端末下側のスロットに入れますが、ここの蓋がカッチョイイ。

押し下げるとバネの力で上にカシャッと上がる。本当に小さな事なんですが何故か感動。


BP-4L


バッテリーはBP-4L、これを本体に入れ、バッテリーカバーを閉じてから表面右上の電源ボタンを押します。

(最初電源ボタンを探し回ったのはナイショだ^^;;;;;)

僅かな振動とともに起動、これは6120 classicと一緒ですね。


電源投入   やはり画面がでかい。


無事に起動。その後の通話チェックも問題なくクリア。

ちなみにVoicemail(いわゆる留守番電話)の設定をする際に画面を開いて設定をしたのですが、画面を開いている状態だとハンズフリーになるんですね。これはちょっと便利だ。

ちなみにソフトバンクの留守番電話1416がそのまま使えます。この辺はノキア共通。


プリインストールソフト


起動後自動的にソフトのインストールが走ります。

そのときにいろいろとアプリケーションが導入されてるみたいですね。


本当はガシガシいじりたいところなのですが、残念ながら明日は朝から大分に出張。

ネットワークの設定やソフトウェア導入などは明日の夜以降の楽しみに取っておきましょう。


先日の寄合で実機には一度触れているのですが、やはり他人様の端末ということで気を使うからか、今回自分の端末となったE90は前回とはまた違う印象を与えてくれました。

適度な重さと質感の高さは前回も感じたところですが、画面の広さを改めて感じることが出来ました。

キーボードの質感、感触も思っていたよりかなりいいです。


E90は厳密にはスマートフォンではなく、Communicatorに分類される端末です。

E90は初のS60 Communicatorになるわけですが、S60端末の一つの到達点であると感じます。

金額的なハードルはもちろんありましたが、それ以上にノキア歴ではまだまだビギナーである私が持つには相応しくないかもしれない、そういうある種の畏敬の念を抱く端末でもありました。

先日の寄合以後の衝動に抗うことが出来ず買ってしまいましたが、これほどのハイスペック端末を使いこなせるかという不安はあります。

端末そのものには不満は皆無、あとは習うより慣れろの精神でいじり回していくのみです。

このE90という端末を持っても恥ずかしくないノキアユーザーになりたいものです。


  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。