2007年08月02日

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2007/08/02 おや??
  3. 2007/08/02 ノキアの変わったケータイ
  4. 2007/08/02 これで試験端末もどき
  5. 2007/08/02 eXpansysに里帰り
  6. 2007/08/02 犯人はGmail

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おや??

eXpansys JPを覗いてみると、Sony Ericsson M600iの商品紹介が見られなくなっています。

ひょっとして、P1iの販売が始まったので取り扱いが終わったのだろうか?


まぁ、もともとP1iはM700iとして情報が出てきたあたりからして、M600iの後継機種なわけで、いつかはこうなると思ってましたけどね。

(多分M600iとP1iを並べて売ってると商売にならんのではないかな?)

うーん、底値だったときに買っておくべきだったろうか?ホワイトとか欲しかったなぁ。


M600iはカメラがないということで商品請求力が若干弱いと言われていますが、これはこれで良い商品だと思いますけどね。

シーソー式のキーボードとか、かなりCOOLじゃないかと。(まぁそりゃP1iに継承されてるが)


さて、P990iはどれくらいで帰って来るんだろうか。


スポンサーサイト

ノキアの変わったケータイ

その昔、といっても数年前のことですが、まだ私がカタギで大してデジタルガジェットに興味を持ってなかった頃の話。

ヨドバシカメラが福岡に初出店してまもなくの頃、携帯電話コーナーに珍妙なものが置かれていることに気付きました。


Nokia7600


どうやらノキアの端末らしい。

カタギだった私もノキアの名前や6630という端末のことは知っていました。

だいぶ後になって、この端末がNokia7600という名前だと知りました。

実は6630より先に日本語対応を果たした端末だとか。

珍妙な形なのでさぞ使いにくいのかと思いきや、意外と手に馴染むのだそうです。


こういうぶっ飛んだデザインだけでなく、GSM端末にもなかなかよいデザインの端末が揃っています。

一方でN SeriesやE Seriesのような堅実なデザインも結構いける。

日本の携帯メーカーのデザインが凡庸に見えてしまう瞬間ってやっぱりあります。


そんなノキアから7500というGSM端末が出たようです。


Nokia7500


私はこれを見た瞬間、3Gならばソフトバンクが飛びつきそうなデザインだと思いました。

なんでも同じデザインの7900という3G端末が登場する予定があるようです。

これはちょっと気になる端末です。


これで試験端末もどき

各携帯電話キャリアや基地局建設工事を行っている業者などは、基地局保全などに用いるための特殊な端末を所持しています。

(いろんな名称で呼ばれているが、あんまし書くと私の素性がバレるので程々で)

ガワは市販されている端末と変わりませんし、一般的な機能は市販端末と同じですが、特殊なコマンドを打ち込むことで試験用の画面が開きます。

ここには基地局ごとに割り振られているコードや受信レベルが表示されます。

当然ながら一般には市販されていません。

個人的にこれ凄く欲しいんですが、当然手に入るはずもなく諦めていました。

ところが、面白いソフトウェアを見つけてしまったのです。

何気なく「まるごと702NK?」を読んでいたときのこと。

ソフトウェアの紹介ページにCellTrackというソフトが紹介されていました。

電界強度や基地局の情報が閲覧できるとのこと。

まさしく試験用端末の機能ではないですか。

早速インストールしてみました。


CellTrack   CellTrack


確かに基地局コードらしい文字列と電界強度が表示されます。

他にも端末の情報表示画面なんかもあります。


これでうちの702NK?は試験用端末もどきになりました。


eXpansysに里帰り

不着メール問題も片付き、ようやく対応の準備が整いました。

台風5号の接近で仕事が早く引けたので、先ほどP990iをeXpansys HKに返送してきました。


今回発送にはヤマト運輸の国際宅急便を使うことにしました。

eXpansysからの案内では郵便局のEMSが安価だという案内があったのですが、仕事を半休でも取らないと出しに行けないので、家から近くて営業時間が長いヤマト運輸にしました。

でも今日のように帰宅が早かったら、EMSでもいけたかもしれないな。


国際宅急便


これがInvoiceつきの発送伝票の控えになります(個人情報にかかる部分はモザイクかけてます)

発送先の住所氏名と依頼者の住所氏名を書くのは日本国内の宅急便と変わりませんが、英語で書かないといけません。

関税の支払方法や品名、品物の値段も書かないといけません。

Invoiceには品物の品目と値段を記入。

どう書いていいものかわからなかったので、雑貨・その他の項目にPDAと書いておきました。

税関通す関係でいろいろしちめんどくさいです。


とりあえずこれで香港に旅立ちました。あとはeXpansysに委ねるのみです。


犯人はGmail

先の記事でeXpansysからのメールの不着について触れていますが、その原因が分かりました。

犯人は先日アカウントを取ったばかりのGmail。


外出先でのメール受信手段としてアカウントを取り、プロバイダのアカウントの設定を入れていたのですが、どうやらGmailというやつは勝手にメッセージをダウンロードする機能があったようです。

しかもうちのプロバイダのアカウントはGmailではサーバーにメッセージを残せないらしく、勝手にダウンロードして消えてしまうがために自宅から読めなかった模様です。

単なる高機能のWebメールと思ったのが大きな過ちでした。


くそー……一日無駄にした。

明日慌ただしく発送しようかな。


  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。