2007年07月24日

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2007/07/24 今日はケータイネタはお休み
  3. 2007/07/24 シャープがシェア一位の理由

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はケータイネタはお休み

今日は友人と飯を食いながら、今後展開するかも知れない計画について打ち合わせ。

実行するならば彼にはいろいろとお世話になるので……メシ代は俺持ち。

……てかおまえ、家で食ったんだろ!?オゴりだからってここぞとばかりに食うなや!(注:焼肉でした)


話している途中、現在オークションに出品している端末の話になりましたが、友人は購入価格のン百倍になっていることに驚いていました。

でもね、諸経費(解約手数料や事務手数料)でまだまだ赤字なのよと言ってやったら意気消沈。

そもそもこれって趣味じゃないとやってられんもんね。


帰宅中、ボリュームを絞ったラジオからはFM福岡の「酒トーク」が流れてた。

対談で流れてくる女性の声に聞き覚えが。それにバックで流れている歌声に聞き覚えが。


……これ、松澤由美じゃね??


しばし沈黙して聞き耳を立てる。


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! キター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!


松澤由美だああぁぁぁ!!o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o~♪


実は10年来のファンでして。

てか酒トークで機動戦艦ナデシコというタイトルと「TOU GET TO BURNING」を聞くとは思わなかった。


公式ブログを見に行ったら、どうやら今月の頭に来福していたらしい。


来週も松澤由美がゲストらしい。聴く!ぜったい聴く!!

来週は「Dearest」流れないかな?


てかFM福岡、グッジョブ!!

スポンサーサイト

シャープがシェア一位の理由

これまでシャープがなぜシェア一位を取れたのかについて考えていました。
結論から言うと、やはりブランドイメージなのかなと。

AQUOSケータイをフラグシップブランドとして各キャリアで展開し、ソフトバンクでローエンドからハイエンドまで様々なスタイルの端末を大量展開する。
これによってシャープといえばAQUOSケータイというイメージと幅広い選択肢というイメージを顧客に植え付ける。
これはまさに家電量販店での売り方を意識した戦略、家電製品のノウハウですね。

イメージ戦略といえばソニー・エリクソンもBRAVIAとウォークマンをブランドとして展開しています。
しかしBRAVIAはまだAQUOSに勝てるブランドではないし、ウォークマンもiPodの後塵を拝している状況。
それにケータイで音楽を聴くユーザーというのは意外と少ないように思います。
バッテリー喰われますからね。
むしろプレステ3とかPSPあたりとの連携を考えてみてもよいのではなかろうか?

NECは折りたたみのパイオニアとして長らく市場をリードしていましたが、ユーザーを繋ぎ止めていた独自の操作性が他メーカーからの乗り換えを阻害しているということに気づいたようで、904iでは操作性の変更に打って出たようです。
吉と出るか凶と出るか、今後に注目です。

機能的には横並びで特色が出しにくい市場ですが、その意味ではシャープはうまくやったものだと思います。
他メーカーがどのように追随するかもこれからの注目点かと思います。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。