2007年07月21日

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2007/07/21 SO704i × 押切もえ = 300万円
  3. 2007/07/21 F903i使用感インプレ
  4. 2007/07/21 新規契約と他徒然
  5. 2007/07/21 昔使っていたケータイ
  6. 2007/07/21 ソニエリ P990i 意外に安くね?
  7. 2007/07/21 多分雲を掴むような話になるが
  8. 2007/07/21 ケータイ補償 お届けサービスについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SO704i × 押切もえ = 300万円

19日にソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズがSO704iの特別仕様を公開したそうです。


それは押切もえプロデュースで、着せ替えパネルに宝石(総額300万円相当)をちりばめた「ジュエリーTwinkleパネル」という代物。

しかもこの着せ替えパネルを抽選でプレゼントしてしまう、さらに押切もえ本人から手渡しというのだから驚きです。

SO704iのユーザーじゃなくてもいいらしいですよ。

応募はソニエリのサイト から。


てか、こんなもん貰っても実際に付けたりできねぇよなぁ。


押切もえと300万のSO704i


もう1パターン、「Dreamy パネル」というものが用意されていて、こちらはSO704i購入者を対象に1000枚がプレゼントされるそうです。

こちらの応募はiモードのソニエリ公式サイトから。


ま、興味のある方はどうぞ。


スポンサーサイト

F903i使用感インプレ

アニメ「時をかける少女」が思いの外面白くて、なかなか書き進まないのですが( ̄_ ̄ i)


今日のドコモ第二回線(昨日契約したドコモ回線)はSO902iからF903iに移して運用していました。

今はバッテリー切れたんでSH902iSに移してますが。


前回到着したときの即席インプレでサブディスプレイがない点を指摘していましたが、F904iにはついているあたりからして、やっぱりそういう要望があったのでしょうね。


今日はiモードの使用感とプリインストールiアプリの「A列車で行こうi for F」について。

iモードで画面をスクロールさせる際上下キーを長押しすると高速スクロールするようです。

これはニューロポインターやスピードセレクターのようなものがない端末では便利な機能です。

それにしても、FとDはことごとくUIが共通してますなぁ。


iアプリのA列車で行こうは、待ち受けアプリに設定できます。

この手のゲームは進行に時間がかかるので、待ち受けでゲームを進められるのは嬉しい機能です。

ただ、待ち受けアプリを起動しているとカメラ機能の手ブレ補正がカットされるようです。

何らかの制約があるのでしょうが、これ両立しないのはちょっと不便なのではないかと。


引き続き折に触れ使っていきたいと思います。


新規契約と他徒然

今日は親戚の携帯新規契約に付き合ってきました。

というのも、私の勤務先の紹介制度を使わせてもらってるので、指定されたショップまで連れて行かなきゃならんかったのです。


端末はらくらくホン?(F882iES)、本当は間に合わないはずだったんだけど、昨日ちょっとした裏技を使ってゲットできるようにしたのでした。

しばし待ち、無事に手続きが終わり回線開通。

まぁ何であれ人の喜ぶ顔を見るのは気分の良いものです。

帰り際謝礼を頂いてしまい、かえって恐縮でした。

こういう気っ風のいい人なので、いろいろ手配してやろうと思うわけですけど。


帰宅後、極秘計画に備えて作業開始。

まずSoftbank X01HTのコミュニケーションマネージャーを立ち上げて発信をOFF。

こうすることで携帯電話としての機能は使えなくなります。

電源を切り、USIMカードを抜いて再度電源投入。

この方法を使えばUSIMカードが入っていなくてもロックがかかることなく使うことが出来ます。


抜いたUSIMカードはとりあえずvodafone 904SHに入れて、メールアドレスを変更。

作戦決行日まではこのまま放置です。

そしてPCから作戦決行のボタンをクリック。あとは待つのみ。


一週間程度でこの結果はお知らせできるものと思います。


昔使っていたケータイ

探し物をしていたら、これまで使ってきた携帯電話やPHSが出てきました。


これまで使ってきた端末   歴代FOMA


最初に買った京セラのPHSとドコモのD503iが行方不明ですが。


PHS以外はデジタルツーカー九州とJ-PHONEのPDC端末が中心になります。

てか、ドコモの端末は下の一列(+行方不明のD503i)だけやね。

意外とFOMAは台数が少ないです。先日の機種変で4回目だったのね。


ソニエリ P990i 意外に安くね?

ソニー・エリクソンが海外で販売しているスマートフォンで、「P990i」という機種があります。


http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/26016.html


W-CDMAとGSMに対応し、無線LANやBluetoothにも対応。

OSはドコモ端末と同じSymbianOSですが、ユーザーインターフェースはUIQというものを採用してます。

モトローラのM1000と同じ系列のUIですね。


海外の端末は日本の端末と違いインセンティブというものが存在しませんから、結構お高く付きます。

(日本でもソフトバンクの端末を非スパボ一括で買うと6万とか7万とかしますが)

前々から欲しくてしょうがないPalmのTreo750は今でも8万円オーバー。ヽ(`Д´)ノ


ところがP990i、さっき値段見たら3万8千円だって。Σ(・ω・ノ)ノ!

これって国内の最新鋭高機能端末の値段にちょっと足したくらいじゃないですか。

(ドコモのMUSIC PORTER Xなんて新規でも4万8千円だぜ!!((((((ノ゚?゚)ノ)

ここら辺の機種は日本語化も割と簡単に出来るらしい。

……欲しい、欲しすぎる!!

でも最近カード使いまくってるから、ここで(送料込み)4万強は痛いっちゃかなり痛い。


またしばし悩んでみよう。


多分雲を掴むような話になるが

まず最初にごめんなさい。


この話は機密が絡む関係上あまりおおっぴらにできん話なんで、中身を端折ったりボカしたりしながら書きます。

そんなわけで雲を掴むような内容になっちゃうと思います。


あるマーケティング調査に参加しました。

その開催場所には、ケータイマニア的にかなりテンションの上がる代物が置かれてました。

それらを前にどれが好みかという評価をするのだけど、全体的に見ると我が琴線に触れるものはありませんでした。

個々を見ればオッ!Σ(・ω・ノ)ノ!と思う物はあるのだけどね。


でもこいつを買うために大枚はたくか、という話になると……正直悩むなぁ。

数世代型落ちになって、捨て値で買えるようになったら考えるかもしれんけど、新発売の段階で飛びつく魅力はなかったな。

基本が現行商品の改良型の域を出る物ではなかったし。


毎回のシリーズでメガヒットを飛ばすのは難しいだろうけど、俺的クリティカルヒットが遠くない将来に欲しいのも事実だったり。

今持ってる奴がクリティカルヒットに限りなく近いからなぁ。


ケータイ補償 お届けサービスについて

ドコモプレミアクラブに入り、FOMA購入から14日以内であれば、「ケータイ補償 お届けサービス」に加入することが出来ます。

このサービスは月額500円を払うことで、紛失、盗難、水濡れ、破損、全損、故障した場合、専用コールセンターに電話をすると指定した場所へ1~2日以内に同一機種、同一色の携帯電話が送られてくるというサービスです。


今回第2回線を契約する際にこれに入ったのですが、この話を聞いたときに悪い虫の囁きが。

「このサービスを使えば、買ったケータイを売っ払って、なくしたって言えば新しいケータイ来るんじゃね?

(σ・∀・)σ」


そうは問屋が下ろしません。Σ(゚д゚;)

補償を受けるには1回5,250円の負担が必要で、紛失・盗難時以外は壊れた携帯電話をドコモに返却しないといかんのです。

これはつまり、紛失端末と代替端末の製造番号をしっかり管理してるって事を匂わせます。

多分前出の悪魔の囁きを実行したとして、あとで売っ払った端末がどこかのドコモショップに持ち込まれたら、たちどころに悪事が露見するって仕組みでしょうね。

まぁそれくらいせんことには絶対サギる奴続出するもんね。ヽ(;´Д`)ノ


SH703iの2コゲット計画、早々に頓挫ですΣ(・ω・;|||


  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。