2007年07月18日

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2007/07/18 SH902iSが来た
  3. 2007/07/18 SO902i帰還
  4. 2007/07/18 AthenaとTrinityが出るぞ!!
  5. 2007/07/18 au契約をどうするか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SH902iSが来た

前に書きましたが、ヤフオクでSH902iSを落札しようとして、誤って新品と中古品を1コずつ落札してしまいました。(;^_^A

今日SO902iを手にホクホクしながら帰ってきたら、中古の方が届いていました。

(新品も昨日発送されているとのことで、明日には届くと思われます)


SH902iS   SH902iS


外観はさすが中古品というか、電池カバーを中心に傷が目立ちます。

使用期間から見ると傷が付きすぎのように思いましたが、前の持ち主は女性なので、ひょっとするとバッグの中に入れて持ち歩くことが多かったのかも知れません。

私のW44Kも鞄の中に入れていることが多いですが、ポケットに入れて持ち歩いていた頃よりも傷が入るんですよね。解約する前に外装交換しようかと思うほど。


デザインは、アルミ外装と有機ELディスプレイがCOOLです。

一番興味があったメニュー構成は……独特だと思っていたソニエリよりも更に独特だと感じました。

強いて言うなら、ソフトバンクのSH端末に操作性が似ている気がする。


こちらの端末はヤフオクで処分する予定なので、今回は検証を程々にしておきました。

もう一つが届いたら改めて検証してみたいと考えています。


ただひとつだけ。

ソフトバンクでもそうなんですが、SHとは相性が良くないような気がします。


スポンサーサイト

SO902i帰還

少し前にヤフオクでSO902iを落札しました。

中古ということで多少の使用感は覚悟していたのですが、物が来てビックリ。

それはあまりにも酷い物でした。


到着直後のSO902i(1)   到着直後のSO902i(2)


到着直後のSO902i(3)


あちこちに汚れがこびりつき、深い傷が入り、背面のメッキは無惨にも剥がれ落ちている……

正直これだけなら外装交換して我慢して使おうと思い、オークションの評価も悪くは付けませんでした。


そしてドコモショップに行って外装交換を依頼して、もう一つの事実が判明しました。

それは水濡れ。

リアカバーを取ったところにある端末下側の水濡れパッチは真っ赤。

バッテリー下のパッチも滲んでいました。

当然オークションでは水濡れについては一文字も触れられていませんでした。

通常の外装交換は3,800円+消費税(電池カバーも交換なら400円+税が追加)で済みますが、水濡れのため修理は5,000円かかると言われました。(ドコモプレミアクラブ会員価格)

仕方ないのでそのまま依頼しましたが、元の持ち主には腹が立ってしょうがありませんでした。


今日、その修理が完了した旨の連絡があったのですが、そこで「修理代金は3,800円で結構です」と言われました。

なぜだろうと思いながら、仕事が終わって取りに行きました。

借りていた代替機(F700i)を返し、奥から出てきたSO902iは、まるで別物。

修理伝票にはフロントカバー、リアカバー(電池カバーではなく本体裏側のこと)を取り替えた他、FeliCaチップの不良を確認したため交換したと書かれていました。


帰ってきたSO902i(1)   帰ってきたSO902i(2)


帰宅中、ふと気になって電池カバーを外してみると、なんと水濡れパッチが正常になっているじゃないですか。

バッテリー下のパッチも正常です。

おまけに端子部分がまるで新品のように光り輝いています。

これはひょっとして、メーカーで新品に交換されたのではなかろうか?

以前N901iSの液晶にニードロップを食らわせてしまい修理に出したことがありますが、そのときも帰ってきたら裏側に付いていた結構目立つ傷が消えていたことがありますし。

この手の小さな機器をいちいち分解して必要なパーツだけ交換していたのでは割に合わないというのもわかりますし、以前PC修理の現場にいたとき、Palm端末の修理はメーカーで新品に差し替えられて帰って来るというのも知ってましたので、今回も新品なのかなと考えてます。

まぁ仮に新品でなくても今回の修理結果には満足です。

融通の利かない某キャリアとはエライ違いだこと。


バッテリーが少なかったのであまり触れていませんが、ここまでコンパクトだと持ち歩くのに非常に便利です。

液晶が小さいのは仕方ないですけどね。

かつて初代preminiを買おうとしていただけに、このコンセプトはやはり大好きです。

ただ小さすぎてすぐ落としそうですけど。

操作性についても業務端末のSO903iでソニエリのUIに慣れてきたせいか、違和感なく操作できました。

このサイズにしてはボタンの操作性も悪くないです。

終話ボタンを押そうとして、ついiチャネルボタンを押してしまうのはご愛敬ですけど。


今後も折に触れて使ってみたいと思います。

とりあえず、落とさないようにネックストラップ付けます。



大いに余談ですが、修理前の写真はvodafone 904SHで撮影、修理後(このブログで掲載してる写真全てですが)の写真はD903iで撮影しています。

どちらも3.2メガピクセルで、前者には手ブレ補正も付いているはずなのですが、随分と画質に差が出ますね。

ちなみにどちらも仕事から帰ってきて撮影しているので、撮影条件は似たようなものなのですが。


AthenaとTrinityが出るぞ!!

HTC NipponからHTC X7501(HTC Athena)およびHTC P3600(HTC Trinity)の日本語版が9月以降に発売されるとのことです。


HTC X7501   HTC P3600


今回はキャリアからではなく端末メーカーから直接発売されるため、SIMフリー端末になります。


X7501はWindows Mobile 6.0 Professional 日本語版を搭載、ディスプレイはタッチパネル式の5インチVGAサイズで、8GBのHDDを搭載。

カメラ機能も装備し、miniSDカードスロットも備えるとのこと。

通信はW-CDMAの他、無線LANやBluetoothも装備しています。

大きさは133.1×97.7×16mmで、重さは約350gだそうです。

フルキーボードを採用し、ディスプレイとキーボード側をマグネットでカチッと固定するとノートパソコンのようなスタイルで利用できます。


P3600はWindows Mobile 5.0 日本語版を搭載します。

キーボードは搭載していません。

通信はW-CDMAおよびGSM方式をサポートし、無線LANやBluetoothにも対応しています。

GPSも搭載しているほか、カメラやminiSDカードスロットも備えています。

重さは約150g。


いよいよHTCも日本市場に力を入れてきましたね。



au契約をどうするか?

今、ドコモ、au、ソフトバンク、ウィルコムの計5回線契約しています。
……改めて考えるとアホとしか言いようがありません( ̄□ ̄;)!!

ドコモとソフトバンクはそれぞれ仕事上必要で契約したもので、現在ソフトバンクは仕事では使っていませんが、親の携帯とホワイト家族24を組んでいるので外せません。
(激しく余談だが親の携帯代も私持ちだったりする)
ドコモも勤務先から業務用を支給された今では完全に私用携帯ですが、雇用先(今は雇用先とは別の会社で勤務してます)からの連絡がこれに入りますし、この回線は6年は契約していますから勿体なくて解約できません。
また今度親族とのファミリー割引を組むことになりましたので尚更です。

ウィルコムはもともとノートパソコンの通信用として契約していましたが、W-ZERO3欲しさに機種変して今に至ります。
通信上はあまり使用していないのですが、メールが完全に無料なんでこれはこれで重宝している契約です。
物書き趣味などで頻繁にデータをやりとりする際はいちいち母艦PCに接続するより、メールを使った方が早かったりするのです。

ここで浮いているのがauなんです。
衝動的に契約してしまったのもありますが、元は山間地などの不感地帯用と考えていました。
ところがMNP開始からこっち、各社とも基地局の増強たるや凄まじく、一番活躍するであろうと目されていた郷里でもドコモやソフトバンクで十分まかなえるようになってしまいました(まだ屋内ではauの方が感度はいいですが、窓際に行けば変わらないので)

そうなると、いよいよauの解約が現実味を帯びてきました。
実際のところ、月々の請求が八千円を越えていて、利用頻度に対して大きな負担だったりします。
またauでなければできないサービスも特にありませんし、必要性は皆無に近い状態。
MY割の違約金を取られるのは痛いけど、無駄に料金を払い続けるくらいなら解約した方がいいかなと。

と、思いつつドコモへのMNPも視野に入れています。
実は端末ばかり増えてFOMAカードは1枚しかないのでその都度入れ替えていて割と大変ですし、カード接点の劣化も気になっています。
ここらで試験用の回線がもう一本欲しいという事情もありまして。
ソフトバンクのMNPにしないのは、二年縛りが嫌だからです。
量販店で1円端末を買って契約して、端末はヤフオクで売り払って回線は今持ってるどれかの端末に入れておけばよいかというわけで。
1円端末を売りさばいてもauの違約金とMNPの手数料を差し引いたら黒字にはなりませんけどね。
ただ回線はファミリー割引の副回線に入るので今よりランニングコストが多少落ちることになります。
気になる端末をゲットすればインプレと一石二鳥だし。

もう少し迷ってみますが、これをお読みの方、何か思うところあれば遠慮なくコメントください。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。