_Sony Ericsson W950i

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2007/09/07 偶然見付けた小さな事
  3. 2007/09/06 上手くいかないなぁ ←最後は上手くいきました
  4. 2007/09/02 バッテリーのもち
  5. 2007/09/01 ウォークマン機能を試す!!その2
  6. 2007/09/01 ウォークマン機能を試す!!その1
PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然見付けた小さな事

現在会社にW950iに付属していたACアダプタを置いているのですが、これがふと目に留まり、気が付いたことがありました。


M600iに付属していたACアダプタ(CST-70)は接続端子が右端と右から4番目しかないのですが、W950iに付属のものはフルピンになっていること。

端子の下側には本体の端子とまったく同じ形状の端子が用意されているということ。

これはつまり、ACアダプタを接続した状態でもイヤホンなどを接続できるということです。

ACアダプタの型番を見てみたところ、CST-75とありました。


……ちょっと待てよ?

P990iに付属していたものもCST-75ではなかったか?


帰宅してP990iの箱を開けてみると、やはりCST-75でした。

ただP990iは英国向けなので、BFタイプのプラグです。(W950iはCタイプのプラグです)

見てみると、コネクタは同じ形をしていました。


CST-75端子   CST-75端子


使い道があるかはいまいち微妙なのですが、ちょっとした発見でした。


スポンサーサイト

上手くいかないなぁ ←最後は上手くいきました

今晩からソフトバンクのSIM運用を下記の通り変更しました。


 第1回線 M600i

 第2回線 W950i


それに伴い、W950iにもMMSの設定を入れたのですが、結果から言うと失敗です。

アクセスには行ってるようですが、データのやりとりをしている気配がありません。(接続時表示される地球マークが点滅しない)

試しにSMSで送受信試験をやってみたところ、ちゃんとM600iとやりとりをすることが出来ます。

何度も設定の突き合わせを行っているのですが、何が原因なのやら。

一応メールの通知自体は受信してて、そのメッセージのダウンロードでコケているので、設定が原因だとは思うのですが。

時間を見付けて設定を入れ直してみようと思います。


この試験の過程で判明したのですが、M600iもPCのメールアドレスとやりとりをしようとすると、送信はどうにか成功するのですが受信が完全に失敗します(受信通知も来ない)

ひょっとしたら迷惑メール設定のせいかもしれないので、一度設定を外して試そうと思ってます。

その割には全然そういう設定をしてないはずの第2回線(W950i)も受信通知を受け取らなかったんだよなぁ。



前々から思ってみながらも根拠がないので打ち消してきたのですが、M600iは当たり端末だったのかも知れないと改めて思うようになりました。


【追記】M600iでPCメール受信

一度SIMを702NK?に戻してメールの設定を見たところ、やはり迷惑メール設定がかかってました。

そのため一度設定を解除して再チャレンジしたところ、自動受信に支障があるものの受信に成功しました。

不思議なのは、署名入りのメールは100%受信に失敗する(受信通知すら受け取れない)ということ。

署名を外したら受信できました。


【追記2】W950iでMMS送受信が成功

一度設定を削除して入れ直してみたところ、突然送受信に成功しました。

しかしやはりPCメールの受信では本文中に半角のハイフンやイコールが入っているメールは受信通知すら来ません。

それよりも問題なのは、W950iにはQuickofficeがインストールされていないので、メールアドレスで受信したメールの本文が読めませんでしたΣ(゚д゚;)

データのやりとり自体は成功しているので、とりあえずMMS成功ということで。


バッテリーのもち

昨晩寝ながら音楽を聴いていました(音楽を聴いていたらそのまま寝てしまったとも言う)
結果として一晩中再生しっぱなしになってしまいましたが、バッテリーはあまり減っていませんでした。

使う前に満充電にしていたのですが、使用後に見たら半分以上残っていました。

思っていた以上にバッテリーはもちそうです。

ウォークマン機能を試す!!その2

ウォークマン機能を使ってみて気付いたことを書き並べます。


付属のリモコンHPM-82を接続すると、本体側で自動的に認識します。

再生ボタンを押すと、自動的にウォークマンが立ち上がります。


再生中は背景がブラックに変わり、オレンジの丸がグリグリ動くアニメーションに切り替わります。

ちなみに、再生画面ではレイティングとムードの設定が出来るのですが、このムード設定を変えると、背景の丸の色が設定したムードの色に変わります。これは面白い。

ムードはMore → Setthings → Visualization & moodで設定できますが、ここで背景のアニメーションが5種類、ムードは8色のカラーと5段階のスピードで任意設定が出来るようです。


再生はリピート再生、シャッフル再生に対応、イコライザー機能もついているので音質をいじることもできます。

一通りの音楽再生に関わる機能は実装されていますね。


再生中に受話マイク部分のボタンを押すとウォークマン機能は一時的に終了、もう一度押すと再起動して続きから再生してくれます。

リモコンの操作に対するレスポンスは若干遅いです。

押してから一瞬遅れてその操作が行われる感じですね。

トラックの移動もちょっと遅めです。


なおウォークマン機能が起動しているときはテンキーの上に逆送り、再生/停止、順送りの表示が浮かび上がり、1,2,3の各キーがそれぞれ対応します。


ウォークマン機能はP990iなどのミュージックプレイヤーに比べると、かなりエンターテイメント性が強い物になっています。


ちなみにHPM-82はP990iなどに接続してもちゃんと認識されます。

接続して再生ボタンを押すと自動的にメディアプレイヤーが立ち上がります。

ウォークマン機能を試す!!その1

先日W950iに早速音楽ファイルを転送しようとしたのですが、Disk2Phoneが端末のメモリを認識してくれず中断していました。

先ほどW950i付属のCD-ROMから再度インストールしてみたのですが、たまに認識に失敗します。

USBハブが悪いのかな?


とりあえず認識したので、MP3ファイルとiTunesで作ったAACファイルを投入。

最初ファイルが認識されず焦りましたが、どうやら一度USBケーブルを外さないと認識されないようで、事なきを得ました。

「ウォークマン」ということでATRACだったり特定のフォーマットしか認識しないのではないかと思いましたが、最近のソニーは独自技術に固執するのをやめたようで、ちゃんと上記のフォーマットも認識してくれました。


その時気付いたのですが、どうやらW950iシンガポール版には中文フォントとFEPと一緒に日本語フォントも入っているようです。

M600iも最初から日本語フォントが入っていましたが、これはラッキーです。


あとは日本語入力さえできれば……


  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。