_ソニエリP990i&M600i

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2007/10/09 MMSの取りこぼし
  3. 2007/09/24 M2の交換と再インストール
  4. 2007/09/21 UIQ端末情報のインデックス
  5. 2007/09/19 やっとM-FEPをインストールした
  6. 2007/09/15 M600iからの留守番電話センター利用法
PREV→

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MMSの取りこぼし

昨日からSIMカードを入れ替えて、これまでM600iに入っていたSIMは705NKで運用されていますが、気がついたことがあります。

何気なくMMSのサーバー問い合わせをしてみると、20通以上のメールが残っていました。
M600iで何らかの理由によりメールが不達になる事象は以前にも書きましたが、結構取りこぼしていることがわかりました。
幸い不達メールはすべて迷惑メールとDMだったので、実用上問題にはなりませんでしたが。

MMSの情報を探して来られる方もこのブログをご覧の方の中には多いわけですが、こういうこともあるということはご理解ください。
スポンサーサイト

M2の交換と再インストール

M2もゲットできたので、早速M600iのM2を交換することにしました。

さすがに標準搭載のものでは容量が足りませんでした。


1GBのM2に入れ替えて、早速M2にインストールしていたSwiss ManagerとKKJConvの再インストールを行うことにしました。


しかし何度試行してもアクセスを拒否される。

M-FEPをインストールしてから、USBをPCに繋いだときに出るメニュー表示で下のファンクションが変わらなくなってしまったので、一度FEPの設定をデフォルトに戻してみてもやはりダメ。


ひょっとしてバッテリーが少ないのが原因?と思って今は充電中です。



【追記】

充電が完了して改めてインストールを行ってみると、あっさり成功しました。

やはり、バッテリー残量が少ないと接続を拒否されるのでしょうか?


もしPCとの接続が上手くいかないとお悩みの方、試しにバッテリーを充電してみては?


とりあえず今回、KKJConvがSMS送信に対応したようなのでそちらへの差し替えと、画面のキャプチャソフトを入れてみました。

すいません、どこからダウンロードしてきたか忘れました。The Open Screen Captureというソフトです。


キャプチャ画像  待ち受け画面。


キャプチャ画像  USB接続画面

UIQ端末情報のインデックス

ソニエリP990i、M600i、W950iの情報を探してこのブログに辿り着かれている方が多いようです。

基本的にはカテゴリで見て貰えればよいかとは思いますが、念のため主立った記事のインデックスを作ることにしました。

ただし主立った物だけのリンクですので、すべての記事のインデックスではないことをご了承下さい。



Sony Ericsson P990i

& Sony Ericsson M600i

Sony Ericsson P990iがやってきた(購入編)

Sony Ericsson P990iがやってきた(起動編)

Sony Ericsson M600iがやってきた

M600i(とP990i)はiPhoneの夢を見るか?

VFJP Access Internet接続に成功!!

ソフトバンクMMSの受信に成功!!

おかえり、P990i

P990iの液晶保護シート

MMSで奇妙な結果

Access Internetの設定

M600iからの留守番電話センター利用法



Sony Ericsson W950i

Sony Ericsson W950i 到着……

ウォークマン機能を試す!!その1

ウォークマン機能を試す!!その2

上手くいかないなぁ ←最後は上手くいきました



やっとM-FEPをインストールした

これまでSymbian Signedサイトで開発者証明書が取得できないという理由でM-FEPが導入できずにいました。

(どうもサイトに不具合が生じていたようで新規登録が出来なかった)

さっき見てみたら新規登録が出来るようになっていましたので、早速登録し、M-FEPのSISファイルに付与することが出来ました。

(開発者証明書の取得や付与の方法、M-FEPについてはDIGIらいふ さんを参照して下さい)


今回取得するにあたってM600iのIMEIを使ったので、早速M600iにインストールしました。


これまではKKJ Convを経由して日本語入力を行ってましたが、一部を除いてこれからは直接日本語を入れることが出来ます。

本当はメール作成画面で直接入力したいけど、ケイパビリティの関係で今は無理らしい。

しかしこれで利便性が大幅に増したのは間違いありません。


とりあえず、P990iとW950iにインストールするには開発者証明書をあと2回発行してもらわないといけませんが、使用頻度なども考えて対応しようと思います。


M600iからの留守番電話センター利用法

これまでM600iの留守番電話センター(Voicemail)の番号は普通のソフトバンクの携帯電話からの番号と同じ1416を設定していました。

しかしこれでは留守番電話センターに接続してもキー入力を受け付けてくれないことが判明。


いろいろ調べてみた結果、ソフトバンク携帯電話以外から利用する番号から接続したら利用できることがわかりました。


Voicemailの番号は、Main menu -> Tools -> Control panel -> Call settings -> Voicemailで設定します。

で、肝心の番号は0906651416です。


この番号に接続すると、自分の携帯電話番号とパスワードを要求されます。

入力すると、通常の留守番電話センターと同じメッセージが流れ、今度はキー入力を受け付けてくれます。



いやぁ、思わぬところではまりました。


  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: Sky Ruins, web*citronDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。